美容コラム

ボディメイク
  • 豊胸

バッグ豊胸の失敗例やトラブルについて。失敗しないために知るべきこととは?

更新日
2020.09.02

バッグ豊胸の失敗例やトラブルについて。失敗しないために知るべきこととは?

憧れのバストが手に入る「バッグ豊胸」。多くの女性たちの願いを叶えてきた施術ですが、皮膚を切開してバッグを挿入する大がかりな施術のため、失敗やトラブルの事例があるのも事実です。この記事では、バッグ豊胸で実際に起きた失敗例について解説。クリニック選びの注意点についてもお伝えします。しっかりリスクや対処法について学び、安心して施術を受けましょう。

バッグ豊胸の失敗例について

バッグ豊胸の失敗例について

当院では、過去にバッグ豊胸を受けたお客様から「形に不満がある」「バストが硬くなっている」「痛みや腫れがある」などのご相談を受け、豊胸バッグの除去を数多くおこなってきました。

なぜ除去するに至ったのか、その原因をいくつかご紹介していきます。

バッグ豊胸の失敗例1:被膜拘縮(カプセル拘縮)

バッグ豊胸の失敗例1:被膜拘縮(カプセル拘縮)
人体は異物が入ると、その周囲に「被膜」という膜をつくる働きがあります。豊胸バッグを挿入した際も周囲に被膜が作られるのですが、人体が過度な拒否反応を起こすと、その膜が硬く縮んでしまうリスクがあるのです。その現象を「被膜拘縮(カプセル拘縮)」といいます。

被膜拘縮を引き起こすとバストが硬くなったり、不自然な形になってしまうリスクがあり、バッグを除去しなくてはなりません。その予防のために、当院ではバストマッサージの指導や、ケロイド・肥厚性瘢痕も予防できる「トラニラスト」の処方を実施しています。

また被膜拘縮はバッグ挿入後に、血液や傷を治すために分泌される浸出液が長く貯留することで、回復過程で炎症が起こり発生するケースも。そこで当院では、細い管を胸部に挿入して、専用パックに血液や浸出液を吸収させる「ドレーン」を無料でご提供しています。たった1晩ドレーンを付けることで、被膜拘縮を予防でき、よりきれいなバストに近づくのです。

バッグ豊胸の失敗例2:リップリング

バッグ豊胸の失敗例2:リップリング

リップリングとは、体内で豊胸バッグにシワや変形が生じてしまうことです。見た目や触り心地が不自然になります。

リップリングが起きる主な原因が、「体型に合っていないバッグを入れてしまった」ということ。たとえば痩せ型の方に無理に大きいサイズのバッグを挿入してしまうと、バッグが折れ曲がったりよれたりして、リップリングが生じやすくなります。また経年劣化も、リップリングが生じてしまう原因のひとつです。

バッグ豊胸の失敗例3:血腫(しこり)ができてしまった

バッグ豊胸の失敗例3:血腫(しこり)ができてしまった
「バッグを入れたらしこりができた」というお悩みも、まれにあります。

感触はしこりですが、実はそれは「血腫」である場合がほとんど。施術時に出血が多かったり、当院のようにドレーンを用いて体外に適切に排出しなかった場合に起こりえます。

バッグ豊胸の失敗例4:左右差が目立ってしまう

バッグ豊胸の失敗例4:左右差が目立ってしまう
人体は左右対称ではありません。胸も左右で大きさが異なることがあり、バッグを挿入することによって、その差がさらに目立ってしまうケースがあります。

ほかにも経年劣化や加齢、出産や授乳といった要因によって引き起こされる場合も少なくありません。

バッグ豊胸の失敗例5:バッグの破損

バッグ豊胸の失敗例5:バッグの破損
経年劣化や、胸に強い衝撃が加わるような不慮の事故により、バッグが破損してしまうトラブルもあります。

近年の豊胸バッグは高品質なため、破損しても人体への悪影響はあまりありませんが、放っておくと炎症などを引き起こすケースも。バッグに違和感を感じたら、すぐにクリニックに相談しましょう。

バッグ豊胸の失敗例6:バストに段差ができてしまう(ダブルバブル)

バッグ豊胸の失敗例6:バストに段差ができてしまう(ダブルバブル)
豊胸バッグを挿入してから数年が経過した頃、バストのアンダーラインに段差ができてしまうトラブルがあります。これは「ダブルバブル」と呼ばれる現象です。

出産や授乳などを経てバストラインがズレてしまったり、身体に合わないサイズのバッグを挿入してしまったりすることなどが原因。バッグの除去はもちろん、ヒアルロン酸やご自身の脂肪を段差部分に注入することで、修正できます。

バッグ豊胸の失敗例7:石灰化

バッグ豊胸の失敗例7:石灰化
豊胸バッグを包み込む被膜に、カルシウムの結晶が沈着することを「石灰化」といいます。この現象が強くでると、胸が石のように硬くなってしまい、不自然な触り心地に。過度な石灰化はバッグの破損を招くリスクもあります。胸の硬さが気になったら、担当医に相談してください。

バッグ豊胸の失敗例8:胸が痛い

バッグ豊胸の失敗例8:胸が痛い
バッグ挿入後、胸に痛みが生じる場合もあります。原因は被膜拘縮やバッグの破損による炎症、リップリングなどさまざま。バッグを除去する以外に対処法はないため、痛みを感じた場合はすぐにクリニックに行きましょう。

バッグ豊胸が失敗しないために、大切なことは?

バッグ豊胸における失敗やトラブルはさまざまです。中には体質や不慮の事故によるものもありますが、人為的なトラブルは良いクリニックを選ぶことで防げます。クリニックを選ぶ際は、以下の点を覚えておいてください。

その医師の技術は、信頼できますか?

その医師の技術は、信頼できますか?

どんな施術についても言えることですが、一番大切なのは、信頼できるクリニック・医師を選ぶことです。

たとえば豊胸バッグの除去を当院でおこなう場合、診察から施術、アフターケアまで、経験値・技術力ともにトップクラスの中総院長が一貫して対応しています。

なぜかというと、トラブルが発生した豊胸バッグは、さまざまなリスクが想定されるから。豊胸バッグが拘縮していると、皮膜の一部がバッグに癒着している可能性がありますし、古い豊胸バッグなら破損や漏れが生じている場合もあります。こうしたさまざまなリスクを想定しながら、周辺組織を傷付けず、バッグを壊さないよう慎重に取り除く技術が必要なのです。

また、除去で一番気になるのが傷跡。当院ではその傷跡をきれいに治すために、「真皮縫合」と呼ばれる技術を取り入れています。

一般的な縫合は皮膚の表面を縫い合わせる「表皮縫合」という方法ですが、当院では皮膚の内側も縫合。それによって皮膚の生着がスムーズになり、傷跡がきれいに治りやすくなるのです。

ほかにも、他院ではアンダーバストや乳輪周囲などからバッグを取り出すのが一般的ですが、当院ではバストを傷付けないために脇の下から除去。脇の下からだとバッグまでの距離が遠く、また取り出す途中でバッグが破損するリスクがあるため、中総院長のように技術力のある医師にしか執刀できません。

上記のように、豊胸バッグの除去ひとつとっても医師の経験・知識・技術が高い水準で必要となります。当院のようにしっかりと経験を積んだ医師が担当しているかどうか、調べてからクリニックを選びましょう。

その豊胸バッグは、高品質ですか?

バッグ豊胸では、高品質なバッグ選びもとても重要です。バッグにはさまざまな種類があり、選ぶのに迷ってしまうかもしれませんが、そもそも信頼を得ているクリニックは、高品質なバッグしか扱っていません。

当院では安全性や機能性などさまざまな要素において高い水準を誇る「ベラジェル」「Motiva(モティバ)エルゴノミックス」の2つを扱っています。

べラジェル

べラジェル
べラジェル」は、アジア人女性の身体的な特徴を研究して誕生。複数の国際ガイドラインによる厳しい生産工程・品質管理をクリアしました。その安全性の高さから韓国の美容クリニックでも数多く採用されており、韓国国内における保険適用の乳房再建にも使用されています。

5枚重ねのレイヤー膜で構成されており、破損等のリスクは最小限。どんな姿勢になっても自然なバストの形になる、高い弾力性と伸縮性も特徴です。

また、100種類以上のサイズからオーダーできるため、お客様一人ひとりのバストの状態や形状・理想のサイズに合わせ、最適なバッグを選ぶことが可能。「AカップからCカップくらいにサイズアップしたい」「Fカップまでボリュームアップしたい」など、あらゆる要望に対応できます。

豊胸バッグベラジェルの詳細を見る

Motiva(モティバ)エルゴノミックス

Motiva(モティバ)エルゴノミックス
当院で採用しているもうひとつの豊胸バッグ「Motiva(モティバ)エルゴノミックス」は、数々のシリコンバッグを生み出してきたメンター社やアラガン社に属していた技術者が集結し、新たに開発した豊胸バッグです。そのため、高い機能性や安全性を誇ります。

たとえばMotiva(モティバ)エルゴノミックスは従来の豊胸バッグと異なり、バッグ内にジェルが100%充填されている造りです。そのため、体内でバッグにシワや変形が生じる「リップリング」が生じにくくなりました。

また、バッグ内でジェルの量が偏ることがないため、ジェルがバスト下部に流れて垂れている印象を与える心配もありません。美しいバストラインを、長くキープできます。

ほかにもバッグの表面には、「Smooth Silk」と呼ばれる最新のテクスチャー加工を採用。挿入後に炎症を起こすリスクが軽減され、皮膜拘縮などの副作用を防ぐことが可能になりました。6層のレイヤー膜によって構成されているため、伸びが良く衝撃に強い構造にもなっています。

豊胸バッグMotiva(モティバ) エルゴノミックスの詳細を見る

信頼できるクリニックを選んで、安心して施術を受けよう

失敗例を知ると施術を受けるのが怖くなってしまいがちですが、信頼できるクリニックを選べばリスクは最小限です。当院ではどんな施術においてもお客様一人ひとりに真摯に向き合い、一番適しているご提案をさせていただいています。

「施術を受けるかどうか迷っている」という段階でももちろん構いません。ぜひ一度、当院に足を運んでみてください。

この記事を監修した医師

中 徳太郎

医療法人社団有恒会
オザキクリニック総院長・新宿院 院長 中 徳太郎

2009年
長崎大学医学部医学科 卒業
2009年
知多市民病院 入局
2011年
都内美容クリニック 勤務
2012年
都内美容クリニック 院長就任
2016年
オザキクリニック 新宿院院長 就任
2018年
オザキクリニック 総院長 就任

関連タグ

Relation Treatment & Products関連施術&商品一覧

The Other Columnそのほか関連コラム

Pick Upピックアップ

  • 「マスク荒れ」に打ち勝つ!ほうれい線や肌荒れ、ニキビや小ジワを撃退する美肌治療ベスト3スキン

    「マスク荒れ」に打ち勝つ!ほうれい線や肌荒れ、ニキビや小ジワを撃退する美肌治療ベスト3

  • 顔の脂肪吸引のダウンタイムや小顔になるまでの経過は?症例写真とともに1年後まで徹底検証!美容整形

    顔の脂肪吸引のダウンタイムや小顔になるまでの経過は?症例写真とともに1年後まで徹底検証!

  • ピコシュアでシミ・そばかす・肝斑・ニキビ跡を撃退!肌質改善できる最新レーザーの効果や特徴は?スキン

    ピコシュアでシミ・そばかす・肝斑・ニキビ跡を撃退!肌質改善できる最新レーザーの効果や特徴は?

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持ったオザキクリニックの医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師一覧はこちらをご覧ください。

カウンセリングをご希望の方

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。

Categoryカテゴリー

スキン
美容整形
ボディメイク
コンプレックス
デリケートゾーン
特集

Popular Posts人気の記事

Contents関連コンテンツ

  • モニター募集