他院修正も可能 豊胸バッグ除去

豊胸バッグ(インプラント、シリコンバッグ)を入れたものの、「数年~数十年入れ替えていない」「形に不満がある」「乳房が硬くなっている」「痛みや腫れがある」などのお悩みに対し、オザキクリニックでは豊胸バックの除去(取り出し)を行っています。
豊胸バッグの中でも、10年以上前に入れたという古いタイプのものだと、皮膜が拘縮しているものでも、除去や入れ替えは可能です。

豊胸バッグで悩む女性

POINT5つのポイント

  • 診察から術後フォローまで一貫対応

  • 傷跡がきれいに治る真皮縫合

  • 他院で入れた豊胸バッグでも除去可能

  • バッグ除去後の入れ替え可能

  • 全身麻酔の場合は医師2名体制

豊胸バッグ除去の特徴と効果

豊胸バッグでお悩みの方に

豊胸バッグのトラブルについて

豊胸バックを入れた方の中には「形が悪い」などのお悩みのほかに、「皮膜拘縮を起こしている」「痛みや腫れがある」などのトラブルが生じていることがあるようです。特に10年以上も前に豊胸バッグ(インプラント、シリコンバッグ)を入れた方は、入れ替えたほうが良いこともあります。次のような理由でお悩みの方は、豊胸バッグの除去・入れ替えをおすすめします。

  • 豊胸バッグを入れてから10年以上経っている
  • 豊胸バッグを入れたけれど、形(大きさ)を治したい
  • 胸の見た目・形が不自然なので、自然なシルエットにしたい
  • 豊胸バッグ(インプラント)をやめたいけれど、豊かな胸は維持したい
通常の豊胸バッグ(右)と劣化した豊胸バッグ(左)の違い

オザキクリニックのこだわり

診察・執刀・術後フォローまで
担当医が一貫対応

当院では、診察から手術、アフターケアまでを新宿院中徳太郎院長が一貫して対応いたします。お客さまのお悩みやバストの状態を一番理解している医師が、術後まで徹底して管理させていただきます。お客さまの不安が少しでも軽減されるよう、丁寧にカウンセリングを行い、安心して手術をうけていただけるようサポートいたします。

中 徳太郎 医師:治療風景

縫合技術「真皮縫合」で傷跡をきれいに

豊胸バッグの除去で気になるのが、術後の傷跡です。当院では、縫合技術である「真皮縫合」を行うことで、傷跡をきれいに治すことに努めています。
一般的な縫合方法は「表皮縫合」という皮膚の表面を縫い合わせる方法ですが、「真皮縫合」は皮膚の内側を縫い合わせます。皮膚の生着がスムーズになり、また皮膚表面への負担が減るので見た目もきれいに仕上がります。

オザキクリニックの真皮縫合のイメージ

他院で入れた豊胸バッグでも除去可能

オザキクリニックでは、他院で受けた豊胸バッグの除去についても対応しています。形や大きさにお悩みがあって除去を考えている方はもちろん、拘縮や痛みなどのトラブルでお悩みの方もぜひご相談ください。
当院では、ただ豊胸バッグを取り出すだけでなく、取り出した後の組織の治癒・回復も考慮して、身体への負担を十分配慮した処置を提供いたします。

豊胸イメージ

豊胸バッグ除去の流れ

豊胸バッグの除去においては、乳房下(アンダーバスト)、乳輪周囲などからバッグを取り出すのが一般的ですが、当院では「バストを傷付けない」よう脇(ワキ)下から除去します。
脇下からだとバッグまでの距離が遠く、また取り出す途中でバッグが破損するリスクがありますが、これまでの経験によって培った技術により、新宿院中徳太郎院長がしますので、ご安心ください。

血液検査

手術前には必ず血液検査を受けていただきます。豊胸バッグの除去は、出血を伴う手術です。健康状態を確認し、手術および麻酔に耐えられる状態かを見極めて、手術日程を調整していきます。

脇下を切開

手術当日は改めて健康状態を確認した上で、除去を行います。麻酔をしたら、脇下を切開します。

豊胸バッグを取り出す

豊胸バッグが拘縮していると、皮膜の一部がバッグに癒着していることがあります。また古い豊胸バッグの場合はシリコンに破損や漏れが生じていることなどあります。こうしたさまざまな状態を想定しながら、周辺組織を気づ付けず、バッグを壊さないよう慎重に取り除いていきます。

真皮縫合で縫いとめる

「真皮縫合」で切開口をぴったりを縫い合わせます。「真皮縫合」することで、術後のずれを防ぎ、傷の回復がスムーズになります。

入れ替えもおまかせ!選べる豊胸術

選べる豊胸術

豊胸バッグを除去した後も、きれいなバストをキープしたい方のために、当院では入れ替えも可能です。自身の脂肪細胞を使った限りなくナチュラルな『セリューション豊胸』、豊かで自然な大きさを再現する『Motiva エルゴノミックス 豊胸バッグ』など、ご希望に合わせた豊胸を叶えます。
ただ、豊胸バッグ除去後のバストの状態によっては、一定期間おいてから改めて豊胸術を受けたほうが良いこともあります。自身の体のことですから、安全を第一に考えて、理想のバストを叶える治療法を一緒に考えていきましょう。

豊胸イメージ

幹細胞を使用した豊胸術

『セリューション豊胸』は、自身の脂肪から抽出した幹細胞をバストに注入する豊胸術です。自己細胞のみを使用するので、自然で豊かな豊胸が叶います。
当院では、国立病院や大学病院で使用されている「セリューションシステム」を導入し、安全・安心な幹細胞注入豊胸を目指しています。

セリューション機器画像

医療技術が集結した豊胸バッグ

「Motiva エルゴノミックス」は世界の医療技術を集結させることで、従来の豊胸バッグが抱える問題点を克服し、安全性の高い豊胸バッグです。
シリコンジェルが柔らかいのが特長で、体の状態に合わせてバッグの形が自然に流れ、豊胸バッグによくある不自然なハリ感がありません。大きさもほしいけれど、自然な形も重視したい方におすすめの豊胸バッグです。

Motiva(モティバ)豊胸バッグ画像

症例写真・施術動画

施術の流れ

【施術前】ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当医師がバストの状態やバッグの種類、お悩みについて伺います。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
【施術前】ドクター診察、カウンセリング

【施術前】血液検査

豊胸バッグの除去が決定したら、前検査として血液検査を行います。結果がでるまでに2週間ほどかかりますが、手術に対応できる体調かを事前にしっかりチェックし、手術に向けての体調管理を指導させていただきます。
【施術前】血液検査

【施術から2週間以上前】専門クリニックにてバスト検診

除去するバッグの状態によっては、当院提携機関にてレントゲンなどのバスト検診をしていただきます。検査は、施術から2週間以上前に専門クリニックにて受診していただきます。
【施術から2週間以上前】専門クリニックにてバスト検診

【施術当日】当日診察・撮影

当日改めて体調を確認して問題なければ、手術を進めていきます。施術前に、施術経過を確認できるよう写真撮影をします。
※施術の6時間前から飲食を控えていただきます。 ※前日はしっかり睡眠をとり、飲酒やタバコは控えてください。
【施術当日】当日診察・撮影

【施術当日】麻酔・豊胸バッグ除去

麻酔をしたらバッグの除去を行っていきます。ご希望によって全身麻酔で行うこともできます。その際は、担当医と麻酔科医との2名体制で、お客さまの状態管理を行いますのでご安心ください。 施術後はしっかりと消毒をし、専用サポーターで施術部位を固定します。
※コンタクトレンズを着用している方は、施術前に外していただきます。 ※施術部位の治癒を早めるために必要な固定なので、きつく固定しますが、ご自身では外さないようにしてください。
【施術当日】麻酔・豊胸バッグ除去

【施術当日】リカバリー室で休養

麻酔が覚めるまでリカバリー室でお休みいただきます。お帰りになるまで看護師が付き添い、術後の注意事項などの説明をいたします。担当医の確認が取れたら、着替えをしてお帰りいただけます。
【施術当日】リカバリー室で休養

【施術から3日後】術後診察

体調や施術部位に問題がないか、術後診察を行います。気になることは何でもドクターにご相談ください。また施術部位に固定した包帯を外します。

【施術から3日後】術後診察

【施術から7日後】抜糸

再度体調の確認と抜糸のためご来院いただきます。体調に問題がなく、抜糸ができたら施術は終了です
【施術から7日後】抜糸

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 施術予定の6時間前からは飲食を控えてください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。
  • ノーメイクでご来院ください。
  • 施術後は、むくみやすい状態なので、きつい靴やハイヒールの着用は避けてください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬をお出ししますので、必ず服用してください。
  • 内服中の飲酒は控えてください。
  • サポーターによる固定は1ヶ月ほど継続してくただくことをおすすめしています。
  • ワイヤー入りの下着は1ヶ月ほど控えてください。
  • 腫れや炎症を強めるおそれがありますので、激しい運動、ワキや腕の強いマッサージは2~3週間ほど控えてください。
  • 施術後2週間ほどすると皮膚が突っ張った感じがしますが、傷が治る過程で起こるものなのでご安心ください。軽くマッサージすることで痛みが和らぎます。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

豊胸バッグ除去

両胸
416,700円
  • 既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます。