肌再生医療肌再生医療

細胞から若返る、肌老化の根本治療「肌の再生医療」

近年の研究で皮膚の老化は「真皮線維芽細胞」の減少によって起こることが明らかになっていきました。真皮線維芽細胞が減少すると、シワや目の下のクマ、毛穴の肥大などの老化現象が顕著になります。今回ご紹介する「真皮線維芽細胞療法(肌の再生医療)」は、減少した細胞を培養して増やして戻すという、老化に対する根本治療になります。最近ではセレブや美容家が治療を受けてSNSで発信するなどして話題になっております。

こんな方におすすめ

  • 皮膚の若返りがしたい
  • シワなどの老化のサインを根本から改善したい
  • 大がかりな手術はしたくない
  • ダウンタイムが少ない治療がしたい
  • リスクが少ない治療が良い
  • 製剤ではなく自己の細胞で治療したい
  • バレない自然な仕上がりが希望

ここが違う!オザキクリニックの肌の再生医療

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-01.jpg

肌の再生医療「真皮線維芽細胞療法」とは

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-01.jpg

真皮線維芽細胞療法は、「肌の再生医療」や「幹細胞治療」とも言われることがあり、年齢共に減少していく真皮線維芽細胞を培養して増やして肌へ戻すという、老化の根本治療です。

真皮線維芽細胞は、肌を構成する三大要素「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出す元となる細胞です。コラーゲンは皮膚を支えるたんぱく質の繊維であり、肌のハリ感となる要素で、真皮の70%はコラーゲンが占めているとも言われています。エラスチンは肌の弾力感となる要素で、肌の5%を占めています。ヒアルロン酸は、肌の潤いに影響を及ぼす要素となります。真皮線維芽細胞が減少すると、肌の三大要素も減少して、シミやシワ、毛穴、目の下のクマなどの老化のサインが顕著に出始めます。

老化のサインを感じた場合、従来であれば、薬剤の注入やレーザー照射、糸リフトなどを行うことが多いかと思います。これらは対処療法と呼ばれ、一時的には大きな効果が得られても真皮線維芽細胞の減少という原因に対しての根本治療は出来ず、老化自体は進行していきます。真皮線維芽細胞療法は老化の根本治療が可能で、バックエイジング治療、つまり若返り治療と言える革新的な治療です。

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-02.jpg

肌の再生医療「真皮線維芽細胞療法」の効果

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-02.jpg

肌の再生医療のメリットとしては、「変化が自然で周囲にバレにくい」というものがあります。数カ月かけてゆっくりと若々しく変化が現れるため、周囲に気づかれることがほとんどありません。時が経つうちに周囲と差がつき、「いつまでもキレイでうらやましい」と褒められる機会が増えるようになることも。

また、効果の持続期間としては、肌の再生医療は半永久的と表現されることが多いです。理由としては、対処療法では一時的な効果が得られても、老化自体は進んでいきます。しかし、肌の再生医療は、時計の針を少し戻すことが出来るバックエイジング治療なので、老化の歩み自体を遅らせることが出来るため、効果は半永久的とも言われています。

さらに、治療の安全性の面でも、採取した自分の細胞のみを使用するため、副作用やアレルギーの心配がほとんどありません。大がかりな手術をすることなく、注入のみで治療することが可能です。

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-03.jpg

肌の再生医療を受けてみたいけど
費用が心配・・・

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-03.jpg

肌の再生医療は、1回の治療が高額に感じる方も多いかと思います。そうなると、ついつい手がつけやすい安価な治療に手を出してしまいがちですが、安価な治療も繰り返し行えばトータルコストはかさみ、気づいたときにはびっくりするほどの金額になってしまうこともあります。

肌の再生医療は、治療後は加齢のスピードが緩やかになるため、対処療法を行う機会が減ったと答える方が多いです。そのため、人生を通して考えた場合、実は対処療法を繰り返すより、肌の再生医療を行った方が、美容のトータルコストが安くなることも。

また、費用が気になる方に朗報があります。ただ今、オザキクリニックでは、肌の再生医療のバンク60プランの料金が50%OFFになるモニターを募集しております。ぜひこの機会にご利用ください。

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-10.jpg

オザキクリニックは厚労省が認可した正式な第二種再生医療機関です

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-10.jpg

いざ肌の再生医療をやりたいと思っても、クリニック選びはどうしたらいいか迷いますよね。そんな方はまず、厚生労働省の認可を受けているクリニックで探すのが安心かと思います。

再生医療は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(平成25年法律第85号)により、国の正しい管理のもとで安全な再生医療の提供や治療ができるようになりました。

再生医療はリスクに応じて第一種、第二種、第三種の3つに分けられており、再生医療を提供するためには、厚生労働省の認定を受けた「認定再生医療等委員会」で高度な審査を受ける必要があります。

第一種再生医療は、ヒトに未実施であるなど安全性が不明で高リスクが懸念される、iPS細胞やES細胞などを使用した再生医療等技術です。第一種を行っている施設は、大学院や研究機関に相当します。

第二種再生医療は、培養したヒト体性幹細胞(人体内に存在する分化能を保有する幹細胞)などを使用した再生医療等技術。第二種医療を提供できる施設はごくわずかです。

第三種再生医療は、活性化リンパ球などを用いたがん免疫細胞療法等を行う再生医療等技術。第三種は第一種、第二種より取得しやすく提供施設は年々増加しています。

オザキクリニックは、治療に応じて第二種、第三種再生医療の認定を受けております。安心してご相談ください。

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-05.jpg

肌の再生医療の技術指導医は
YouTubeで人気の北條元治先生

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-05.jpg

オザキクリニックでは、技術指導医として北條 元治先生をお迎えしております。

北條 元治(ほうじょう もとはる)

■プロフィール■
医学博士。東海大学医学部非常勤講師。弘前大学医学部卒業。信州大学附属病院勤務を経てペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞の製造・保管や再生医療の技術・導入支援を行う株式会社セルバンクを設立し、「肌の再生医療」専門クリニックを創業。現在は社長業と共に再生医療の普及に従事。

オザキクリニックはライトな肌の再生医療メニューも豊富

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-06.jpg

皮膚の再生能力を高めて潤いのある素肌へ「リジュランHB」

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-06.jpg

有効成分「PN(ポリヌクレオチド)」を高濃度で配合した注入治療。パワーアップした『リジュランHB』はさらにヒアルロン酸も配合され、保湿効果がアップ!加齢によって衰えた皮膚細胞を若々しくよみがえらせて、シワやハリ不足、くすみ、ニキビ跡などさまざまな肌トラブルを解消します。施術を受けるごとに、肌に若さがよみがえり、ピンッと弾むようなハリ肌へと導きます。

詳しくはこちら >>

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-07.jpg

真皮線維芽細胞を刺激し肌再生を促進して自然なシワ改善へ「スネコス」

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-07.jpg

スネコスは、イタリアで誕生した注入剤です。主な成分はヒアルロン酸と6種のアミノ酸で構成されており、注入することで皮膚の線維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成を促進、自らの肌再生を促してシワなどの肌悩みを改善します。自然な仕上がりを求める方におすすめの治療です。

詳しくはこちら >>

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-08.jpg

自身の血液を使って組織を再生「PRP皮膚再生療法」

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-08.jpg

自身の血液中に含まれる血小板を使って、目の下のクマ、目元の小ジワなどの改善を叶える再生医療のひとつです。自然治癒力を利用し老化した皮膚細胞を再生させ、さらにコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の生成を促し、美肌へと導きます。また、自身の細胞を使う施術なので、アレルギーや副作用などの心配がありません。

詳しくはこちら >>

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-09.jpg

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)

img-sp_regenerative-skin-treatment-unique-09.jpg

自身の血液から成長因子と抗炎症性サイトカインを抽出し、患部に注入することで、肌細胞を活性化して、肌の若返りや炎症の鎮静、ターンオーバーの正常化を図る肌再生治療です。

詳しくはこちら >>

施術概要

施術時間
30~60分
痛み
【皮膚採取】麻酔を使用するため痛みはほとんどなし【移植時】針を刺すチクッとした痛み
ダウンタイム
【腫れ】 1、2日程度/【内出血】 3~5日程度(メイクで隠せる程度)
メイク
当日から可能
入浴
当日から可能(長時間の入浴は控える)

よくある質問

肌の再生医療は幹細胞治療と同じものですか?

肌の再生医療は、主に「真皮線維芽細胞療法」や「幹細胞治療」などと言われることが多いです。また、PRPやACRSを含んだ肌の再生医療の総称として使われることもあります。今回ページで肌の再生医療としてご紹介しているのは「真皮線維芽細胞療法」になります。詳細は各クリニックへお尋ねください。

肌の再生医療は真皮線維芽細胞を培養することでガンになることはありますか?

真皮線維芽細胞がガン細胞になることはございません。再生医療で注目されているES細胞やiPS細胞は、ガン細胞と性質が似ているためガン化の問題が話題に上がりますが、一方、真皮線維芽細胞はすでに分化した細胞ですので、肌にしかならない肌細胞となります。ガン細胞の性質とは大きく異なりますので、ご安心ください。

肌の再生医療の治療後は元に戻りやすいですか?

肌の再生医療では、元に戻ることはありません。ヒアルロン酸などの薬品は体内に徐々に吸収されていくため数か月後には元に戻りますが、肌の再生医療では自身の肌に存在する肌細胞そのものを移植するので元に戻ることはありません。

価格表

肌の再生医療バンク60プラン
モニター

60ccの肌細胞を抽出・保管できるプラン

施術対応院
  • LUXE新宿院
価格
  • 300,000 (税込 330,000円)

価格・施術詳細はこちら

お問い合わせ

オザキクリニックLUXE 新宿院
0120-565-449 03-5155-0449