毛孔性苔癬・角化症

Lichen-Pilaris

症例実績に基づくレーザー治療

二の腕や背中のぶつぶつを改善
自信がもてるすべすべ素肌へ

毛孔性苔癬・角化症 毛孔性苔癬・角化症

毛孔性苔癬・角化症でお悩みの方

ざらざら・ぶつぶつ肌を解消!
触りたくなる滑らか肌へ

二の腕や背中などにできているぶつぶつ...いろいろ試したけれど一向に治らない。そんな症状でお困りではありませんか?もしかしたらその症状は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)・角化症(かくかしょう)」とよばれる皮膚疾患かもしれません!ニキビと勘違いをされることが多いですが、ニキビとは症状が全く異なります。適切な治療を受けることで、二の腕や背中などのぶつぶつは改善することができます。

毛孔性苔癬とは?

毛孔性苔癬イメージ

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とも言われており、二の腕や背中、太ももやふくらはぎ、おしりなどの肌表面にぶつぶつができる皮膚疾患のことです。 本来であれば肌表面にある角質は、皮膚のターンオーバーとともに剥がれ落ちていきますが、その過程でなにかしらの異常が生じ、毛穴周囲に古い角質層が溜まって毛穴をふさぐことで、ざらざらやぶつぶつとした肌状態をつくります。遺伝要素が強いと言われていますが、いまだ原因は解明されていません。 年齢とともに治る傾向がありますが、30代以降になっても消えない方もいます。痛みなどはなく健康面において影響するものではありませんが、 肌を露出すると目立つため悩まれている方が多い症状です。

毛孔性苔癬があらわれる
代表的な部位とは?

毛孔性苔癬の代表的な部位

毛孔性苔癬の好発部位は、主に二の腕や背中、太もも、おしりや腰などがあげられますが、人によっては顔や全身に発症することがあります。 毛孔性苔癬は、毛穴が硬く盛り上がったような症状が一般的ですが、さまざまな刺激によって隆起した部分がニキビのように赤くなったり、色素沈着のように黒ずんで見えることがあります。 次の代表的な部位にぶつぶつが見られる場合は、毛孔性苔癬である可能性があるので、治療を受ける際の参考にしてください。

二の腕

二の腕は、症状が最も現れやすい代表的な部位です。毛孔性苔癬の症状をお持ちの方はほとんど二の腕に発症している傾向にあります。場合によってはひじ下まで症状が発症していることがあります。

二の腕イメージ
背中

背中は、二の腕の次に発症しやすい部位です。ニキビの好発部位でもあるため、ニキビと間違われることがあります。目の届かない範囲のため気づきにくく、広範囲に渡り症状が発症していることが多い傾向にあります。

背中イメージ

おしり・腰

おしりや腰はたいへん刺激を受けやすい部位のため、毛孔性苔癬だけでなくニキビや色素沈着などの症状と混在している場合があります。治療は可能ですが、術後のケアが難しい部位でもあります。

おしり・腰イメージ

太もも・ふくらはぎ

脚の中でも太ももの内側などに好発します。太ももやふくらはぎはムダ毛処理などで皮膚を傷めていることが多いため、毛孔性苔癬の症状と間違われることがあります。肌へのダメージは極力避ける必要があります。

太もも・ふくらはぎイメージ

毛孔性苔癬の
セルフチェック

毛孔性苔癬はそのほかの肌トラブルと混在している場合があるため、毛孔性苔癬とは気づかずに間違ったケアや治療をしていることがあります。自分が毛孔性苔癬であるかどうかを知るため、まずはセルフチェックをしてみてください。

毛孔性苔癬のセルフチェック

  • 両親のどちらかが「毛孔性苔癬」である
  • 何をしてもあまり改善されない
  • 左右対称にぶつぶつができている
  • 10~30代でぶつぶつが発症した
  • かゆみや痛みがほとんどない

3個以上該当するなら毛孔性苔癬の可能性あり

毛孔性苔癬フラクセルのイメージ

3個以上の項目に該当した方は、「毛孔性苔癬」の可能性があります。毛孔性苔癬の発症時期は思春期が多く、発症率は約50%と非常に高くなっています。また、毛孔性苔癬は遺伝や体質、ホルモンバランスなどが関係していると言われており、両親が毛孔性苔癬であったり、肌質が敏感でアトピー体質の方などは、毛孔性苔癬になりやすい傾向があります。 そんなお肌のぶつぶつ症状を効果的に改善するならレーザー治療『毛孔性苔癬フラクセル』がおすすめです。肌深層から新しい皮膚を生まれ変わらせるので肌本来のなめらかな肌へ改善できます。

2個以下該当しなければ「ニキビ」「色素沈着」の可能性あり

「ニキビ」「色素沈着」のイメージ

該当項目が2個以下であれば、その症状は毛孔性苔癬ではなく「ニキビ」もしくは「色素沈着」かもしれません。ニキビとの大きな相違点として、毛孔性苔癬はニキビ特有のかゆみや痛みなどはほとんどなく、左右対称にできる点です。そのため、痛みを伴う赤いぶつぶつが片腕や片脚などにまばらに点在しているようであれば、それは「ニキビ」の可能性が高いといえます。また、ムダ毛処理で肌へ過度な刺激を与えている方も多く、無意識に「色素沈着」など肌の黒ずみをつくっている場合があります。 これらの症状は、それぞれ適した治療法により解決ができます。

オザキクリニックの
こだわりポイント

どんな毛孔性苔癬・角化症でも
お気軽にご相談ください

積み重ねてみた治療経験を
基にしたレーザー治療

これまで毛孔性苔癬の治療では、塗り薬やピーリング治療が主流でしたが、肌表面だけの治療ではなかなか改善が難しいのが現状でした。肥厚して硬くなったぶつぶつ毛穴を解決するには、肌深層からの治療が必要だからです。 オザキクリニックは、毛孔性苔癬を解決するためレーザー治療の有効性に着目し、数多くの毛孔性苔癬のお悩みを解決に導いてきました。これまで積み重ねてきた治療経験によって培ったノウハウで、これからも毛孔性苔癬で悩む方々をサポートし続けます。

オザキクリニックのこだわり1

照射方法を使い分けた
オーダーメイド治療

毛孔性苔癬の治療では、「フラクセル」というレーザー機器を使用しています。この「フラクセル」には、肌深層に作用するレーザーと、肌表層に作用するレーザーがあり、症状に合わせて照射方法を使い分けて治療を行います。 オザキクリニックでは、これまでの治療経験と実績で培った知識や技術を活かし、一人ひとりの肌質や症状を的確に見極め、レーザーの出力の強さや照射方法を調整し、効果を引き出すオーダーメイド治療を実践しています。

オザキクリニックのこだわり2

施術後のホームケアも
トータルサポート

オザキクリニックの毛孔性苔癬治療では、ご自宅でのホームケアも大切な治療の一環と考えています。なぜなら、適切なホームケアを行うことで、患部の肌回復を早めるだけでなく、治療の効果をより引き出すことができるからです。 そのためオザキクリニックでは、より高い効果を実感いただけるよう『毛孔性苔癬フラクセル』を受けられる方には、オリジナル美容液や処方薬を無料でプレゼントしています。 ご自宅でのホームケアや過ごし方について丁寧にご説明しますので、なにかご不明な点や気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

オザキクリニックのこだわり3

毛孔性苔癬・角化症の
治療法や注意点

毛孔性苔癬・角化症の
治療法について

オザキクリニックでは、「毛孔性苔癬」をレーザーで治療いたします。これまでの治療経験に基づく照射法により、一人ひとりの症状に合わせた治療を提供いたします。

肌の再生を促すレーザー治療毛孔性苔癬フラクセル

セルフチェック後の治療選びポイントイメージ

『毛孔性苔癬フラクセル』は、肉眼では確認できない微細なレーザーを肌深層へ照射することで、ざらざら・ぶつぶつ肌を新しい肌へと生まれ変わらせるレーザー治療です。レーザーによってダメージを受けた細胞をもとに戻そうと皮膚治癒機能が働くため、ターンオーバーが活性化して新しい皮膚が生成されることで、毛孔性苔癬のぶつぶつ症状が改善されます。ダウンタイムを伴う治療ですが、少ない回数で確かな治療効果を実感いただけます。お悩みに合わせて2種類のレーザータイプから治療をお選びいただけます。

深層からぶつぶつ肌を改善
「フラクセルⅡ」

「フラクセルⅡ」は、皮膚の深層まで届くレーザーで、1回の施術で約5~15%程度の皮膚を入れ替えることができます。レーザーによる刺激によって肌内部でコラーゲンが大量に増産させるため、ハリや弾力を高めるなどの美肌効果も得られます。高い出力で照射をしますが、肌表面を傷つけないのが大きな魅力のひとつです。

フラクセルⅡ機器画像
トータルケアでぶつぶつも色味も改善
「フラクセルコンビネーション」

毛孔性苔癬の隆起部分が刺激を受けて赤みや色素沈着になっている場合には、肌表面の皮膚もまとめて皮膚を入れ替えられる「フラクセルコンビネーション」がおすすめです。肌表面と肌深層に作用するレーザーを組み合わせて照射するため、ぶつぶつだけでなく色素沈着や毛穴などの肌トラブルもまとめて改善してくれます。

フラクセルコンビネーション機器画像

毛孔性苔癬・角化症
施術後の注意点

本来、肌は外敵から身を守る重要な役割を担っていますが、施術をした後の肌は皮膚自体がダメージを受けている状態のため、本来の役割を十分に果たすことができなくなります。一時的に通常よりも肌ダメージを受けやすく無防備な状態となるので、術後の過ごし方についてご注意いただきたいことがあります。

紫外線対策
施術後は、肌のバリア機能が低下しています。紫外線を浴びると色素沈着・シミの原因をつくるため、日焼け止めクリームを塗るなど、しっかりと日焼け対策を行い、お肌を守るようにしてください。
紫外線対策イメージ
十分な保湿ケア
術後のお肌は大変乾燥しやすいため、十分な保湿を心がけましょう。乾燥は皮膚のターンオーバーを妨げるので、肌回復を遅らせるだけでなく、さまざまな肌トラブルを招く要因となります。
十分な保湿ケアイメージ
刺激を与えない
かさぶたができるとかゆみを伴うため、擦ったり無理に剥がしてしまいがちですが、色素沈着など新たな肌トラブルを引き起こす要因となるため、極力刺激を与えないように注意しましょう。
刺激を与えないイメージ

毛孔性苔癬・角化症の
治療経過の様子

毛孔性苔癬治療は、皮膚のターンオーバーを利用して徐々に皮膚再生を促す治療のため、1回で完治できるものではなく継続的な治療が必要です。症状や体質にもよりますが、約4~8回の治療で改善効果を実感いただく方がほとんどです。 治療を受けた後、どのように皮膚がもとに戻るのかイメージがわかない方もいらっしゃるかと思います。照射後の肌の治療経過についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

照射初日

照射部位は他の部位に比べて赤くなっている状態です。術直後からヒリヒリ感を伴います。痛みが強い方は、ご自宅でも保冷剤などで患部を冷やすと良いでしょう。

照射初日イメージ
照射3日後

徐々に赤みがひいてきて、黒いぷつぷつとした点状のかさぶたが現れます。徐々に痛みも緩和されてきますが、術後のケアを怠らないように保湿や紫外線対策はしっかりと継続してください。

シミ・くすみイメージ

照射1週間後

個人差がありますが、赤みがなくなりかさぶたが目立つようになります。かゆみを伴いますが、擦ったり無理に剥がそうとしないでください。かさぶたが自然に剥がれるのを待ちましょう。

肝斑イメージ

照射2週間後

かさぶたが徐々に剥がれ落ちて通常のお肌へ戻ります。新しい皮膚が肌表面に現れた状態なので、かさぶたがとれた皮膚を触るとすべすべした肌触りを実感いただけます。

色素沈着<イメージ

照射1ヶ月後~

次回治療の目安は、約1ヶ月後となります。1回での完治は難しいため、数回に渡り同様の治療を繰り返し行います。治療を重ねると徐々に肌のぶつぶつ感がなくなってきます。

照射1ヶ月後~イメージ

治療終了

数回治療を受け続けると、ほとんどの皮膚が新しい皮膚に生まれ変わります。ぶつぶつの原因となっていた肥厚した角質がすべて除去され、本来の滑らかな柔らかい肌へと改善されます。

治療終了イメージ

治療過程で注意すべきポイント

  • 処方された薬は必ず使用しましょう
  • 乾燥させないように十分な保湿をしましょう
  • 術後のピーリング治療などは控えましょう
  • ボディタオルなどの使用は避けましょう
  • 外出時は日傘などで紫外線を避けましょう
  • 必ず日焼け止めを塗りましょう
  • かいたり擦ったり刺激を与えないでください
  • かさぶたは自然に剥がれるのを待ちましょう

毛孔性苔癬・角化症の改善ならお任せください

小﨑

小﨑理事長

あらゆる肌トラブルを解決するために、多様な医療機器を導入し、長年にわたりお客さまの美容をサポートしつづけます。

朽木

朽木医師

皮膚科医として長年の実績と経験を持ち、的確なカウンセリング力と技術力で、一人ひとりの個性に適した治療を実践しています。

小林

小林医師

皮膚科医として肌の悩みはもちろんのこと、美容外科で培った高く繊細な技術力で、さまざまな悩みを解消へと導きます。