美容コラム

美容整形
  • エラ・アゴ・小顔
  • たるみ

理想のヘアライン・小顔を手に入れられる「額縮小」とは?

更新日
2022.03.18
監修医師
医療法人社団有恒会 オザキクリニック新宿院 医師 山崎 智徳

理想のヘアライン・小顔を手に入れられる「額縮小」とは?

韓国でも話題の「額縮小」。ヘアラインを2~3cm前進させて、額の幅を狭めて理想のヘアラインを目指せる施術です。

小顔・童顔が目指せたり、ヘアラインやおでこのコンプレックスを解消できたりと、良いことづくしのこの施術。この記事では改善できる症状や施術の詳細、さらにはダウンタイムやリスクについてお伝えしていきます。

Contentsコンテンツ

額縮小は、どんな人におすすめ?

額縮小は、以下のようなお悩みを持っている方におすすめの施術です。

  • 広いおでこがコンプレックス
  • 小さなおでこに憧れている
  • 小顔になりたい
  • 童顔フェイスに憧れている
  • 顔の比率を黄金率に近づけたい

顔には、黄金比がある!

実は顔には、黄金比があります。一番バランスが良いとされているのが、生え際から眉までの上顔面と眉から鼻下までの中顔面、鼻下からアゴまでの下顔面の比率が、1:1:0.8になっている状態。

顔には、黄金比がある!

額縮小でおでこを狭くする場合の、良い指標になるでしょう。

額縮小はどんな施術?

まず、施術の流れをご紹介します。

ヘアラインをデザイン&切開

ヘアラインをデザイン&切開

一人ひとりの状態に合わせ、ヘアラインをデザイン。生え際部分が自然な仕上がりになるように、細かくジグザグに切開していきます。

ヘアラインから眉上までを剥離

ヘアラインから眉上までを剥離
ヘアラインから眉上までの皮膚を剥離。その後、デザインに合わせて余剰皮膚を切除します。

傷口を縫合

傷口を縫合
余剰皮膚を切開したら、ヘアラインを糸で丁寧に縫合します。施術から1~2週間後に抜糸をおこない、施術は完了です。

額縮小のポイント

オザキクリニックがおこなう額縮小には、いくつかのポイントがあります。

額縮小のポイント1:傷跡が目立たない!

当院では傷跡が目立たないよう、「毛包斜切断法」という切開方法を取り入れています。これは、毛根を傷めずに頭皮を切開する方法です。

毛根を温存できるため、傷跡に発毛を促すことが可能。傷跡は生え際の内側になるため、発毛後は傷跡はほとんど目立ちません。

「毛包斜切断法」

額縮小のポイント2:産毛を活かしたナチュラルなヘアライン!

たとえば毛髪移植でおでこを縮小した場合、移植に使用される毛髪は後頭部から採取するため、毛髪が太く不自然になってしまう可能性があります。

その点当院の額縮小は、自身のヘアラインをそのまま前進させるため、産毛などの細い毛も生かすことが可能。生え際部分に違和感や不自然さはほとんどありません。

額縮小のポイント3:おでこのシワも改善!

おでこの余剰皮膚を切除することで、おでこのシワ改善も可能です。余剰皮膚切除によるおでこのリフトアップ効果で目も開きやすくなり、より生き生きとした若々しい印象の目元になります。

額縮小のポイント4:麻酔科医による安心の全身麻酔!

額縮小のポイント4:麻酔科医による安心の全身麻酔!
リラックスして施術を受けられるよう、全身麻酔を無料で提供。全身麻酔は執刀医ではなく、麻酔科専門医が対応しますので、安心して施術を受けられます。

額縮小Q&A

Q. 施術時間やダウンタイムはどれくらい?
施術時間は2~3時間です。腫れ・内出血は1~2週間程度で治まります。術後6ヶ月ほどで傷跡も目立たないくらいに馴染むため、心配する必要はありません。

Q. 額縮小にはどんなリスクがある?
通常傷跡は6ヶ月ほどかけて徐々に薄くなっていきますが、場合によっては傷跡が目立たなくなるまで時間がかかることもあります。
毛髪が生え揃えばほとんど気にならない程度になりますが、少し辛抱する必要があるでしょう。

また、極稀に出血してしまったり、感染症にかかってしまったりするケースも。その場合は早急に対処しますので、クリニックまでご連絡ください。

ほかにも、後戻りしてしまうリスクが考えられますが、当院では骨膜固定をおこない後戻りのリスク軽減に努めています。

Q. ヘアラインを3cm以上縮小したい場合、複数回施術を受けることは可能?
1年以上間隔をあければ、2回目以降の施術が可能です。

Q. 術後気を付けることは?
施術後2週間は激しい運動は控えてください。また3週間は飲酒、喫煙、頭皮に刺激を与えるパーマやカラーリングなどをお控えください。

シャワーや洗髪は、創部を濡らさないよう保護すれば施術の翌日から可能です。入浴は抜糸後から可能となります。

額縮小の症例写真

額縮小の症例写真をご紹介します。

額縮小の症例写真1

額縮小の症例写真2

額縮小の症例写真3

額がかなり短くなった印象です。おでこが広めの印象でしたが、すっきりと短くなり美しいおでこになりましたね。

施術から3ヶ月経過していますが、既に傷跡もほとんど目立たない状態です。

まとめ:額縮小で、理想のヘアラインを手に入れよう!

column_puchi-face10_contents04.jpg

額縮小は、理想のヘアラインやおでこを手に入れられる施術。切開を伴いますが、決して大がかりな施術ではなく、リスクも少ないのが特長です。

もしおでこや顔の大きさに悩みを抱えていたら、ぜひ当院の無料カウンセリングにお越しください。理想の顔に近づくために何ができるのか、一緒に考えていきましょう!

額縮小の詳細を見る

無料カウンセリングはこちらから

ご予約はこちらから

この記事を監修した医師

山崎 智徳

医療法人社団有恒会
オザキクリニック新宿院 医師 山崎 智徳

  • 美容医療に携わって20年のベテラン医師。
    豊富な知識と経験からお客様の美をサポートします。

  • 1998年
    独協医科大学病院 皮膚科
    2001年
    独協医科大学病院 形成外科
    2003年
    品川美容外科
    2007年
    自由が丘皮膚科クリニック
    2012年
    ノエル銀座クリニック
    2017年
    東京中央美容外科
    2020年
    東京中央美容外科 町田院院長就任
    2024年
    オザキクリニック 入職

関連タグ

Relation Treatment & Products関連施術&商品一覧

Pick Upピックアップ

  • 理想のヘアライン・小顔を手に入れられる「額縮小」とは?美容整形美容整形

    理想のヘアライン・小顔を手に入れられる「額縮小」とは?

  • ヒアルロン酸注射は、高い技術が求められる。より自然で美しい仕上がりになる「マルチレイヤーテクニック」とは?美容整形

    ヒアルロン酸注射は、高い技術が求められる。より自然で美しい仕上がりになる「マルチレイヤーテクニック」とは?

  • 肌は”再生”できる?シワやたるみなどの加齢による肌トラブルを、再生医療で改善しようスキン

    肌は”再生”できる?シワやたるみなどの加齢による肌トラブルを、再生医療で改善しよう

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持ったオザキクリニックの医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師一覧はこちらをご覧ください。

カウンセリングをご希望の方

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。

Categoryカテゴリー

スキン
美容整形
ボディメイク
コンプレックス
デリケートゾーン
メンズ

Popular Posts人気の記事

Contents関連コンテンツ

  • モニター募集