肝斑

Melasma

難しい肝斑治療を解決

肝斑に特化した治療法で
憧れの透き通る美白肌へ

肝斑 肝斑

肝斑でお悩みの方

肝斑ができる原因とは?

肝斑が発生する原因イメージ
シミは、メラニン色素が過剰になり、肌内部に蓄積して発生します。肝斑についても、この発生メカニズムはシミと同様ですが、発生する原因が大きく異なります。肝斑の場合は、妊娠や更年期、避妊薬服用時などに発生する傾向があることから、ホルモンバランスが影響すると考えられます。妊娠をすると、妊娠を継続させる働きをする黄体ホルモンの分泌が活発になります。また、避妊薬は、排卵を抑えるために黄体ホルモンが優位な状態をつくり出します。黄体ホルモンにはメラニン色素を増加させる働きがあり、肝斑の発生にも影響すると考えられます。さらに更年期には卵巣機能が低下し、ホルモンバランスが乱れがちになることも原因の一つと考えられます。

肝斑に見られる傾向

肝斑の発生しやすい部位イメージ
肝斑は、輪郭がはっきりしない薄い褐色で、左右対称に現れます。30~40代の女女性に多く見られ、目の下付近から骨上に好発します。三日月のように、もやっと広がり、くすんだように見えるのが特徴です。妊娠後期・更年期に発症・悪化しやすいことから、女性ホルモンの影響が考えられ、ストレスも要因の一つとみられます。また、刺激に弱く、強いダメージを与えると悪化させる可能性があるので注意が必要です。日頃のスキンケアの際にも、顔をこすり過ぎたり、刺激を与えることで悪化させることが考えられます。

肝斑の治療法について

オザキクリニックでは、肝斑に特化したレーザーやピーリング治療を取り揃えています。お客さま一人ひとりの肌状態を見極め、肝斑の症状改善に向けた最適な治療法をご提案いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

肝斑に効く治療法

これまで肝斑は、刺激に弱いためレーザー治療は禁忌とされており、積極的な治療ができない症状とされていました。今では、肝斑専用として刺激の少ないレーザー治療肝斑治療に特化したケミカルピーリングの出現により、これまで難しいとされてきた肝斑の改善が可能になりました。

レーザートーニング

低出力のレーザーが、穏やかに肝斑・シミの原因であるメラニン色素を除去していくことで、肝斑を悪化させずに治療していくことが可能です。さらに、肌のキメを整えて毛穴を引き締める効果もあるため、美肌治療としても有効です。

レーザートーニング施術風景
リバースピール

肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療です。3つの段階に分けて薬液を患部に塗布して浸透させ、真皮の奥から表皮に向かって蓄積した色素にアプローチします。炎症やリバウンドのリスクがなく、あらゆる肌タイプに治療が可能です。

リバースピール施術風景
ラクトピーリング

美白効果が高く、シミやくすみをはじめ、治療が難しいとされる肝斑にも優れた効果を発揮します。 マイルドなピーリング作用で肌への刺激が少なく、繊細な東洋人の肌に適した治療法です。

ラクトピーリング施術風景

肝斑の改善ならお任せください

小﨑

小﨑理事長

あらゆる肌トラブルを解決するために、多様な医療機器を導入し、長年にわたりお客さまの美容をサポートしつづけます。

下坂

下坂医師

皮膚科医としての経験と実績を元にお客さまのお悩みを解消いたします。

朽木

朽木医師

皮膚科医として長年の実績と経験を持ち、的確なカウンセリング力と技術力で、一人ひとりの個性に適した治療を実践しています。