自己血で出来るACRS療法による

最先端の若返り治療

自身の血液から成長因子と抗炎症性サイトカインを抽出し、患部に注入することで、肌細胞を活性化して、肌の若返りや炎症の鎮静、ターンオーバーの正常化を図る肌再生治療です。同じ成長因子治療のPRP療法との比較でもさらに効果が高いと評判で、次世代PRP療法として注目されています。

こんな⽅におすすめですその特徴と5つのポイン ト

  • 肌の若返り治療がしたい

  • PRP療法の上位治療を探している

  • 肌のハリ・潤いがなくなってきた

  • シワが気になる

  • 毛穴が目立つようになってきた

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)の効果と施術内容

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)とは

自己血から抽出した
抗炎症性サイトカイン注入治療

ACRS=Autologous Cytokine Rich Serum(自己血サイトカインリッチ血清)は、自己の血液から「抗炎症性サイトカイン」と「成長因子」が含まれた血清を抽出して増殖させ、肌の真皮層に注入することで肌細胞の活性化、肌の若返り、炎症の鎮静化などを図る肌再生治療です。

自身の血液を使用するため、血液抗凝固剤や血液分離剤、血小板活性製剤など血液以外の添加物を一切使用しません。また、他のサイトカイン製剤では、炎症性サイトカインが多く含まれた製剤がほとんどですが、ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)は、抗炎症性サイトカインのみ増殖させることが可能です。デメリットが少ない安全性の高い治療と言えます。

サイトカインとは

主に免疫系細胞から
分泌されるタンパク質

細胞から分泌されるタンパク質であり、生理活性物質の総称です。細胞間に情報を伝達し、細胞の増殖、分化、細胞死、機能発現など多様な細胞応答を引き起こします。

体内には炎症を引き起こす「炎症性サイトカイン」と、炎症を抑える「抗炎症性サイトカイン」が存在します。2つのサイトカインがバランスよく働いていれば細胞が若々しく保たれますが、「炎症性サイトカイン」が優位に働いている状態が継続されると、細胞が傷ついたままとなり、身体は老化へと向かっていきます。これを「慢性炎症」と言います。

「慢性炎症」で起こる肌の変化

肌のエイジングサインが現れます

炎症性サイトカイン」が優位に働いている状態が継続され、細胞が傷ついたままとなり老化に向かう「慢性炎症」。その状態のままであると、肌の乾燥や小ジワの増加、シミ、くすみ、たるみ、ほうれい線の深まり、キメの乱れ、毛穴の目立ちなど、様々な老化のサインが現れ始めます。

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)治療の考え方

体内バランスを正常化させて
成長因子の効果を最大化する

肌再生効果があると人気の「成長因子」ですが、身体のバランスが炎症に傾いているときに「成長因子」を投与してもブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなもので、プラスマイナスゼロとなり、「成長因子」の効果が期待できない可能性があります。

そこで、炎症に傾いた体内バランスを「抗炎症性サイトカイン」によって正常化させて、炎症状態を緩和させます。その後、高濃度の「成長因子」によって細胞の再生・活性化を促します。これが「抗炎症性サイトカイン」と「成長因子」を注入する、ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)治療の考え方です。

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)に含まれる成長因子

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)に含まれる成長因子

FGF ・・・ 組織を修復、コラーゲン・ヒアルロン酸生成

EGF ・・・ 上皮細胞の成長を促進、血管新生、創傷治癒を促進

PDGF ・・・ 細胞増殖、血管の新生・修復、コラーゲン生成

TGF-β ・・・ 上皮細胞・血管内皮膚細胞の増殖・新生、創傷治癒を促進

VEGF ・・・ 血管内皮細胞の増殖・生成

PRPなどの他の成長因子製剤との違いとは

安全性と効果が倍増した最先端施術

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)は、血液の成分抽出の際に、自己の血液以外の添加物を使用しないため、他の成長因子治療よりも安全性の高い治療と言われております。

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)では、「抗炎症性サイトカイン」のみを増殖することが出来るため、効果的の高い治療が可能です。具体的な効果としては、PRP に比べてEGFやFGFなどの成長因子、IL-1Ra、IL-4 などの抗炎症性サイトカインが、インキュベーションにより数十倍で増殖することも確認されております。

『ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)』の失敗例・副作用・リスク

『ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスク

『ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスク

腫れ
出現した場合は当日~翌日程度で消失いたします。

内出血
個人差はありますが、内出血を伴うことがあります。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿院
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)
1回
198,000円(税込 217,800円)
3回コース
534,000円(税込 587,400円)

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前に、医師が気になる症状や部位についてお伺いします。あなたの肌状態を診断し、相談しながらメニュー内容を決めていきます。考えられるトラブルや注意点、アフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明点や不安なことがありましたら何でもご相談ください。

ドクター診察、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。※スケジュールや治療部位によっては洗顔はございません。カウンセリング時にご確認ください。

洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、肌の状態を記録するため写真撮影をします。

撮影

採決

10cc程度採決いたします。

採決

インキュベーション・血清の抽出

採血した血液を特殊な容器に入れ、3時間ほど37度程度の保温機に入れます。その後サイトリッチになった血清だけを抽出します。サイトリッチになった血液を遠心分離器にかけます。その後、フィルターを通し、血球と血清に分けて血清のみ抽出します。※作成に3時間ほどお時間いただきます。

インキュベーション・血清の抽出

注入

治療したい部位に注入していきます。 (※採血と注入日は別日になる場合もございます。スケジュールはカウンセリング時にご相談ください。)

注入

終了

終了後はそのままお帰りいただけます。

終了

よくある質問

『ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)』は効果はどれぐらいで感じられますか?

40代・女性 [お悩み: 目元のたるみ 目の下のクマ治療 美肌治療 再生医療(顔) 施術名: ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)]

『ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)』は、施術後1週間ほどで効果が現れ始めます。