再生医療で叶える
美肌治療

『PRP皮膚再生療法』は、自身の血液中に含まれる血小板を使って、目の下のクマ、目元の小ジワなどの改善を叶える再生医療のひとつです。自然治癒力を利用し老化した皮膚細胞を再生させ、さらにコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の生成を促し、美肌へと導きます。また、自身の細胞を使う施術なので、アレルギーや副作用などの心配がありません。

PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法の特徴と効果

PRP皮膚再生療法による若返り・美肌効果

PRP(多血小板血漿)とは?

PRPは、「Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)」の略で、血液中の血小板を多く含んだ成分のことです。
『PRP皮膚再生療法』は、血液中から高濃縮したPRP(多血小板血漿)を抽出し、これを使って皮膚の再生を促すことで若返りを叶える再生医療のひとつです。
自身の血液から抽出したPRP(多血小板血漿)を適切に処置して体内に戻すことで、意図的に皮膚細胞の修復能力を高め、さらにコラーゲン生成も促します。その結果、細胞レベルで肌が若返り、目の下のクマや小ジワを改善することができます。自身のPRP(多血小板血漿)を使うので安全性が高く、施術も採血と注入だけと手軽さが魅力です。

PRP皮膚再生療法の様子

『PRP皮膚再生療法』の効果

『PRP皮膚再生療法』は、極細の針を使って細かく注入するため、目の下のクマや目元の小ジワなど、デリケートな部位の若返りにおすすめです。また、首の横ジワや手の甲のシワ改善にも効果的です。
注入後に「ぼこぼこする」といった心配がないので、さまざまな部位の若返りが期待できます

PRP皮膚再生療法の効果

PRPの働き

PRPの主成分となる血小板には「成長因子」が多く含まれ、止血や組織修復を行う働きがあります。
PRPを肌に注入すると「成長因子」が働き、新しい血管をつくったり、傷ついた組織(老化した組織)を修復したりします。さらに、美肌には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸などの成分も生成されるため、衰えた皮膚組織が再生されることになります。

血小板について

続けることで肌がより若々しく!

『PRP皮膚再生療法』は、自身の血小板を使って肌そのものを若返らせる治療です。『ヒアルロン酸注射』のように1回の施術で肌にハリをもたらすものではなく、続けることで肌の自己再生状態を保つことができます。
そこで当院では、定期的にPRPを受けることをおすすめしています。治療間隔は、肌の再生サイクルを考えて2~3週間ほど。まずは3回ほど続けると、より効果を感じやすいと思います。
持続することで常に細胞が活性化され、コラーゲンなどの生成も促されるので、ハリのある若々しい肌へと導かれます。

コラーゲン増産の様子

相乗効果をもたらす「PRP」複合治療

効果的にニキビ跡を改善

成長因子の働きにより肌の再生を促す『PRP皮膚再生療法』は、ニキビ跡改善にも適した治療ですが、ニキビ跡の状態によっては思うような効果が得られなかったり、治療に長い時間を要したりします。
そこで当院がおすすめするのが、肌再生レーザー『フラクセル』や『アンコア』との複合治療です。
『フラクセル』と『アンコア』は、どちらも皮膚細胞を意図的に傷付けることで、細胞の修復・再生を促すレーザー治療で、ニキビ跡を改善に導きます。

フラクセルの複合治療

『PRP皮膚再生療法』との複合治療では、レーザーを照射後にPRPの注入を行います。注入には、ニキビ跡の凹凸などが気になる部分に直接注入する方法と、皮下に広く注入する方法があります。
レーザー照射で受けたダメージの創傷治癒過程で、PRPに含まれる成長因子が作用し、高いコラーゲン産生作用を生み出します。レーザーの治療効果を高めるだけでなく、『フラクセル』や『アンコア』によって“傷つけられた”細胞の修復能力が高まるので、治療期間を短縮する効果も期待できます。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。症状を診て、注入する部位や量など治療プランを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

撮影

施術経過を確認できるよう、体の状態を記録するため写真撮影をします。
撮影

採血

血液を採取させていただきます。
採血

遠心分離器にかけ、血小板を抽出

採取した血液を遠心分離器にかけて高濃縮した「PRP(多血小板血漿)」を抽出します。
遠心分離器にかけ、血小板を抽出

PRPの注入

通常の注射針よりも細い針を使い、適切にPRPを注入します。
PRPの注入

終了

炎症を抑える薬を塗って、施術は終了です。
終了

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術後の注意事項】

  • 「多血小板血漿」は注入直後から反応しはじめ、熱感や痛み、若干の腫れなどを生じますので施術当日は、保冷剤でしっかりと冷やすようにしてください。痛みや腫れは数日で落ち着きますので、ご安心ください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、施術当日は控えてください。

よくある質問

『PRP皮膚再生療法』を継続的に受けてみたいと考えています。次回も治療を希望する場合、どのくらい期間をあければいいでしょうか?

40代・男性 [お悩み: 再生医療(顔) 施術名: PRP皮膚再生療法]

基本的には1ヶ月以上空けていただければ問題ありません。
再生医療の若返り治療と聞いて、『PRP皮膚再生療法』に興味を持っています。いったいどのような治療法なのでしょうか?

40代・女性 [お悩み: 再生医療(顔) 施術名: PRP皮膚再生療法]

皮膚の再生を促すことで若返りを叶える、再生医療のひとつです。
『PRP皮膚再生療法』でシワを改善したいと思っています。施術後、どのくらいで効果が現れますか?

40代・男性 [お悩み: 再生医療(顔) 施術名: PRP皮膚再生療法]

皮膚細胞が活性化され症状が改善されるまで、2週間程度かかります。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

PRP皮膚再生療法

2cc
1回
90,800円
2回目以降※1
72,300円

PRP皮膚再生療法

4cc
1回
137,100円
2回目以降※1
118,600円
  • PRP皮膚再生療法後から【2ヵ月以内】の再注入の方が対象となります。