美容コラム

美容整形
  • たるみ

フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて

更新日
2022.03.21
監修医師
医療法人社団有恒会 オザキクリニック総院長・新宿院 院長 中 徳太郎

フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて

「皮膚のもたつきやたるみが気になる」「切開せずに、皮膚を引き締めたい」

そんな人たちにとって、ぴったりの美容医療が「フェイスタイト」と呼ばれる治療。ラジオ波の照射によって真皮や皮下組織、皮下脂肪にアプローチが可能なマシンでの照射治療です。

サーマクールやハイフなど、他の機械では効果を感じられなかった方にもピッタリのこの施術。メリットはもちろんデメリットや、想定されるダウンタイムについて詳しくお伝えします。

Contentsコンテンツ

フェイスタイトとは?

フェイスタイトとは?

フェイスタイトとは、マシンのハンドピースについているカニューレ(針のようなもの)を皮膚内部に直接挿入して、皮膚の内側と外側からラジオ波を照射することで、効率的にスキンタイトニング効果が得られる治療法。

真皮・皮下組織・皮下脂肪にアプローチすることによって、スキンタイトニング効果を最大限まで引き出すことができます。

従来の治療では、熱が強すぎて火傷してしまうリスクがあったり、熱が弱く効果が感じられなかったりといった問題がありました。その点フェイスタイトは精密な温度センサーにより、正確な温度設定が可能。そのため、照射部位の確実なスキンタイトニング効果が期待できます。

フェイスタイトの詳細を見る

オザキクリニックのフェイスタイトのこだわり

オザキクリニックのフェイスタイトのこだわり

当院では、フェイスタイト顔の脂肪吸引をセットで提供。同時におこなうことで、さまざまな相乗効果が得られるからです。

ひとつは、ダウンタイムの軽減。フェイスタイトのラジオ波の高周波熱で脂肪を液化させると、それに加え脂肪層の血管と繊維組織もやわらかくなる効果が得られます。すると脂肪を吸引するカニューレの挿入がスムーズになり、脂肪吸引の時間短縮に。また、カニューレによる血管や神経などの損傷も少なくなり、痛みや腫れ、内出血などのダウンタイムを軽減できます。身体への負担を、大きく減らすことができるのです。

さらに、脂肪を液化させることにより脂肪の取り残しを防止。凹凸のない滑らかなフェイスラインをつくれます。

ほかにも、従来の脂肪吸引では、吸引後の皮膚のたるみが悩みとなってしまう方がいました。その点フェイスタイトで皮膚の収縮をおこないながら施術をすれば、皮膚のたるみ防止に。顔の脂肪吸引後も皮膚のもたつきやたるみのない、ワンランク上の美しい仕上がりが期待できます。

フェイスタイトのメリット

フェイスタイトのメリット

フェイスタイトには、以下のようなメリットがあります。

・頬・フェイスライン・首のたるみが改善される
・小顔効果がある
・皮膚の引き締め効果がある
・二重アゴが改善される
・切開をともなわないため傷跡が最小限
・切開をともなう施術に比べダウンタイムが少なく済む

フェイスタイトのデメリット

フェイスタイトのデメリット

フェイスタイトのデメリットは、以下の通りです。

・腫れや内出血などのダウンタイムが1〜2週間発生する
・紅斑、火傷、感染症、左右差などのリスクがある
・術後患部に痛みや違和感を感じる可能性がある

フェイスタイトのダウンタイム

フェイスタイトのダウンタイム

フェイスタイトの施術を受けた後は、内出血が起こる可能性があります。ほとんどの場合、1~2週間ほどで症状は収まるため心配いりません。また、腫れや赤みの症状が出ることもありますが、同じく1~2週間で消失する場合がほとんどです。

また、術後表情をつくった際に違和感や痛みを感じることも。個人差はありますが、約2週間程度で改善することが多いでしょう。

術後は以下の点に注意することで、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

・施術当日は洗顔を控える
・施術から3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴を避ける
・施術から3日間は、患部へのメイクを避ける
・腫れ予防のためのサポーターを3~7日間使用して、しっかり圧迫する

フェイスタイトで、理想のフェイスラインを手に入れよう

フェイスタイトで、理想のフェイスラインを手に入れよう

フェイスタイトは、切開せずにスキンタイトニング効果が得られる、いわば「切らないフェイスリフト」。皮膚のたるみやもたつき、二重アゴなどさまざまなフェイスラインの悩みを解決します。

まずは無料カウンセリングで、疑問や悩みをぶつけてください。担当医が症状などを踏まえて、一番似合うフェイスラインをデザインします。あなたがより理想の自分に近づくお手伝いを、ぜひ私たちにさせてください。

この記事を監修した医師

中 徳太郎

医療法人社団有恒会
オザキクリニック総院長・新宿院 院長 中 徳太郎

オザキクリニック総院長兼、LUXE新宿院院長。日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本美容外科学会(JSAS)正会員。人中短縮、目元治療、鼻整形、豊胸といった美容外科治療から美容皮膚科治療まで、総合的な美容医療の知識・技術を駆使して、一人ひとりのリクエストに対して、ベストな解消法を提案しています。 どんなお悩みでも、気軽にご相談ください。

関連タグ

Relation Treatment & Products関連施術&商品一覧

The Other Columnそのほか関連コラム

Pick Upピックアップ

  • インティマレーザー(膣レーザー治療)は他の機械とどう違う?特徴やメリットについて徹底比較!デリケートゾーン

    インティマレーザー(膣レーザー治療)は他の機械とどう違う?特徴やメリットについて徹底比較!

  • 骨切り手術後の顔のたるみを解消したい!おすすめの方法は?美容整形

    骨切り手術後の顔のたるみを解消したい!おすすめの方法は?

  • フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて美容整形

    フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持ったオザキクリニックの医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師一覧はこちらをご覧ください。

カウンセリングをご希望の方

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。

Categoryカテゴリー

スキン
美容整形
ボディメイク
コンプレックス
デリケートゾーン
メンズ
特集

Popular Posts人気の記事

Contents関連コンテンツ

  • モニター募集