フォトRF(オーロラ)のよくある質問

Q&A

お客様からいただくご質問やお悩みについて、
オザキクリニックのドクターがお答えいたします。

フォトRF(オーロラ)のよくある質問 フォトRF(オーロラ)のよくある質問

フォトRF(オーロラ)のよくある質問

だいぶ前から、シミ・そばかすが気になっています。以前に近所の皮膚科で肝斑だと言われました。『フォトRF(オーロラ)』を受けたいのですが、どのような治療かよくわからないので教えてください。
30代・女性

お悩みシミ・そばかす 美肌治療 肝斑

施術名フォトRF(オーロラ)レーザートーニング

肝斑には、『レーザートーニング』をおすすめします。

肝斑を消退させるには、どうしても時間がかかる治療になります。肝斑とシミ・そばかすが混在している場合、それぞれに有効な治療を段階的に行う治療プランがおすすめです。 まず、シミ・そばかすを『フォトRF(オーロラ)』で治療していきますが、肝斑に光のエネルギーを多く照射しすぎるのはよくありません。このため、『フォトRF(オーロラ)』は3回程度を目安とし、顔全体のくすみやそばかす、肝斑の上に浮いている日光性色素斑を治療します。 その後、肝斑が残りますので、複合治療を行います。当院では、肝斑への治療に効果の高い『レーザートーニング』をおすすめしています。

朽木 医師

朽木 医師

関連する施術

フォトRF(オーロラ)

フォトRF(オーロラ)

『フォトRF(オーロラ)』は光エネルギー(IPL)と高周波エネルギー(RF:ラジオ波)を組み合わせた「シミ」「くすみ」を改善目的とした美容機器です。
色素に反応する光エネルギーの効果でシミやくすみを解消し、さらに高周波熱が真皮層を活性化することでコラーゲン産生を促し、肌の内側からハリや弾力をもたらします。

レーザートーニング

レーザートーニング

発生原因がはっきりと解明されていないため、レーザーなどの強い刺激を与えると悪化させてしまう可能性がある「肝斑(かんぱん)」。
そんな難しい肝斑治療を可能にしたのが、肝斑専用のレーザー治療『レーザートーニング』です。レーザーなので、痛みやダウンタイムがほぼなく、肝斑・シミを効果的に改善しながら、肌のキメも整えてくれます。オザキクリニックでは、肝斑専用レーザーに引き締め・鎮静効果の高い美肌マスクをセットにしております。レーザー後の肌の炎症をすばやく鎮静させることで、肌の負担を軽減させながら、肝斑やシミの改善を目指します。