肝斑(かんぱん)や色素沈着に
レーザートーニング

発生原因がはっきりと解明されていないため、レーザーなどの強い刺激を与えると悪化させてしまう可能性がある「肝斑(かんぱん)」。
そんな難しい肝斑治療を可能にしたのが、肝斑専用のレーザー治療『レーザートーニング』です。レーザーなので、痛みやダウンタイムがほぼなく、肝斑・シミを効果的に改善しながら、肌のキメも整えてくれます。オザキクリニックでは、肝斑専用レーザーに引き締め・鎮静効果の高い美肌マスクをセットにしております。レーザー後の肌の炎症をすばやく鎮静させることで、肌の負担を軽減させながら、肝斑やシミの改善を目指します。

レーザートーニング

レーザートーニングの特徴と効果

『レーザートーニング』のコース概要

『レーザートーニング』は、肝斑治療に特化したレーザーを使った、肝斑・シミ治療です。『レーザートーニング』は、肝斑やシミはもちろんのこと、色素沈着にも有効な美肌治療です。
低出力のレーザーが、穏やかに肝斑・シミの原因であるメラニン色素を除去していくことで、肝斑を悪化させずに治療していくことが可能です。さらに、肌のキメを整えて毛穴を引き締める効果もあるため、美肌治療としても有効です。オザキクリニックでは、潤いを高め、引き締め・鎮静効果の高い美肌パックをセットにすることで、肌への負担を軽減させながら、肝斑、シミの改善を目指します。

肝斑・シミの改善を目指す『レーザートーニング』

肝斑・シミ治療レーザー

シミ・肝斑を除去しながら肌のキメを整える

『レーザートーニング』で使用するのは、「QスイッチYAGレーザー」の一種である肝斑治療専用レーザーです。従来、肝斑にレーザー治療は禁忌とされていましたが、肝斑専用のとても弱いパワーで照射することで、肝斑を悪化させることなく症状改善へと導きます。肌への刺激が少なく、痛み・炎症などダウンタイムもほとんどありません。回数を重ねることで肝斑・シミが薄くなり、さらに肌のキメの整った透明感のある肌へと導きます。

鎮静・引き締め密閉パック

レーザー後の肌の炎症をすばやく鎮静

キシリトール入りのひんやりパックで、レーザー照射によって火照った肌を鎮めます。密閉タイプのマスクで毛穴を引き締め、美白効果を高めます。

肝斑治療の救世主! 肝斑専用レーザー

『レーザートーニング』で用いるレーザーは、肝斑に適した低出力な照射で、肝斑を悪化させることなく改善することができる機種を使用しています。また、肝斑やシミの改善だけでなく、色素沈着の改善にも有効です。

肝斑を悪化させない! 均一に熱を届けるのレーザー照射

シミ治療に用いられるレーザーの多くは、照射するレーザー光が「ガウシアン型」と呼ばれる山の形状をしています。山形なので、レーザーの中心部ほどエネルギーが高くなり、端に向かって徐々にエネルギーが弱くなるという、“ムラ”が発生していました。
それに対し『レーザートーニング』で使用するレーザーは、「トップハット型」と呼ばれるフラットな形状のレーザー光を照射します。肝斑に均一にエネルギーを届け、“ムラ”による刺激を与えないので、悪化させることなく肝斑の治療が可能です。

適切なエネルギーバランスで肝斑を除去

肝斑はとてもデリケートで、刺激(炎症)を与えることでメラノサイトが活性化し、症状が悪化することがあります。
肝斑専用レーザーは、低出力で最適なパワーのレーザーを照射するよう計算されており、しかも広範囲でレーザーを当てることが可能です。「均一照射」「低出力」「広範囲」、この3つの特長を持って、肌の中に滞留している肝斑の原因であるメラニンを少しずつ壊していき、肝斑を除去します。

短期集中ケアで効果的な肝斑治療を

肝斑専用レーザーは、一度に大量のメラニンを完全除去するのではなく、肝斑を刺激しないよう低出力で少しずつ改善させる治療法です。
治療ペースは週1回の施術を6回ほど継続して行うことを推奨しています。また、より早く肝斑を改善させるために、内服薬を処方することも可能です。

肌のキメを整え、美白&美肌を目指す

肝斑専用レーザーの特長は、表皮層に存在するメラニンを効率的に除去しながら、真皮層へ熱エネルギーを浸透させる効果にあります。真皮層に熱を与えることにより、コラーゲンやエラスチンが増産され、肌のハリ・弾力がよみがえるとともに毛穴を引き締め、肌のキメを整えます。肝斑・シミの治療とともに美肌効果も得られる、それが『レーザートーニング』の魅力です。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 お肌の状態を診て、照射範囲や強さなど治療プランを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。
洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、肌状態を記録するため写真撮影をします。
撮影

レーザー照射

適切なパワーかつ均一に照射されるよう細心の注意を払いながら、顔全体にレーザーを照射していきます。 照射後は、顔が火照った状態なので十分に冷やします。

レーザー照射

エピダーマルマスク

キシリトール入りのひんやりパックで、レーザー照射によって火照った肌を鎮めます。

エピダーマルマスク

終了

施術後は、メイクをしてお帰りいただけます。

終了

肝斑治療を行う場合、施術中のホームケアや日焼け対策によって効果が大きく異なってきます。
治療期間中は、症状を悪化させることなく確実に肝斑を改善していくため、日焼け対策をしっかりと行い、肌を強くこすったりしないように心がけましょう。また洗顔後の保湿対策も重要です。
オザキクリニックでは、敏感肌の方でも安心して使えるホームケアアイテムや、“飲む日焼け止め”『ヘリオケア』など豊富なUVケアを取り揃えていますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 極度の日焼けなどでお肌に負担がかかっている場合、施術ができないことがあります。特に夏場など、施術前は日焼け対策を心掛けてください。

【施術後の注意事項】

  • 施術をスムーズに行うため、当日は前開きの洋服を着用してきてください。 (タートルネックなど首周りを覆うような服装は避けてください)

よくある質問

肝斑の治療を受けたいのですが、痛いのが苦手です。『レーザートーニング』の施術時に痛みはありますか?

40代・女性 [お悩み: シミ・そばかす 肝斑 美肌治療 施術名: レーザートーニング]

弾かれたような痛みを感じることがあります。
肝斑の治療は複数回受けると効果的と聞きました。『レーザートーニング』の一般的な治療回数はどれくらいですか?

30代・女性 [お悩み: シミ・そばかす 肝斑 美肌治療 施術名: レーザートーニング]

5~10回、短期集中で受けていただくのがおすすめです。
肝斑を何とかしたくて、『レーザートーニング』を受けようと思っています。施術を受けた後に、何か注意することはありますか?

30代・女性 [お悩み: シミ・そばかす 肝斑 美肌治療 施術名: レーザートーニング]

肝斑治療は、術後のケアも大切です。

価格表

キャンペーン

OZAKI CLINIC Recommend

肝斑専用レーザー使用
治療の難しい肝斑(かんぱん)を専用レーザーで徹底的に解消!オリジナルコースで肌のキメも整えて、ワントーン明るい肌に
レーザートーニング
初回価格
14,700
レーザートーニング

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

レーザートーニング

1回
初回限定14,700円
1回
26,000円
6回コース
1クール
131,500円
6回コース
2クール~
113,000円