ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

Q&A

お客様からいただくご質問やお悩みについて、
オザキクリニックのドクターがお答えいたします。

ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問 ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

『ハムラ法』の傷跡は目立ちますか?
40代・女性

お悩み目元のたるみ 目の下のクマ治療

施術名ハムラ法(目の下のたるみ取り)

下まつげの際を切開しますので、傷跡は目立ちません。

下まつげの際を切開しますので、傷跡は目立ちません。『裏ハムラ法』なら下まぶたの裏側から行うので、表面に傷跡は残りません。『裏ハムラ法』は、まぶたの裏側を切開して、脂肪を移動させる方法です。ただ『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』と違い、皮膚のたるみを解消することは難しいので、症状によっては充分なたるみ改善効果を得られないことがあります。当院では、一人ひとりの症状を見極め、『ハムラ法』『裏ハムラ法』のどちらが最適かをご提案しますので、安心してご相談ください。

小林 医師

小林 医師

関連する施術

ハムラ法(目の下のたるみ取り)

ハムラ法(目の下のたるみ取り)

『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』は、自己の脂肪を移動させることによって目の下のたるみやクマの解消を目指す治療法です。目の下のふくらみの原因となる「眼窩脂肪」を目の下のくぼみに移動させることで、目の下のふくらみとくぼみによって形成されていた目の下のクマやたるみを解消へと導きます。自己の脂肪をつかって目の下の内部構造を整えていくため、アレルギーなどの副作用が少なく、自然な仕上がりを目指します。