ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

Q&A

お客様からいただくご質問やお悩みについて、
オザキクリニックのドクターがお答えいたします。

ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問 ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

ハムラ法(目の下のたるみ取り)のよくある質問

『ハムラ法』のダウンタイムはどのくらいですか?
40代・女性

お悩み目元のたるみ 目の下のクマ治療

施術名ハムラ法(目の下のたるみ取り)

個人差はありますが2~3週間程度とお考えください。

個人差はありますが腫れは1~2週間程度、内出血は2~3週間程度で治まります。施術後から2日間ほどは、目の下のをテープで圧迫保護します。圧迫することで、内出血などを抑えることができ、仕上がりもよりきれいになります。一週間後に抜糸を行います。

小林 医師

小林 医師

関連する施術

ハムラ法(目の下のたるみ取り)

ハムラ法(目の下のたるみ取り)

『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』は、自己の脂肪を移動させることによって目の下のたるみやクマの解消を目指す治療法です。目の下のふくらみの原因となる「眼窩脂肪」を目の下のくぼみに移動させることで、目の下のふくらみとくぼみによって形成されていた目の下のクマやたるみを解消へと導きます。自己の脂肪をつかって目の下の内部構造を整えていくため、アレルギーなどの副作用が少なく、自然な仕上がりを目指します。