顔のバランスをきれいに
鼻下を短縮して印象アップ

「間延びした顔に見える」「加齢で鼻下がたるんできた」、そんな方におすすめなのが『人中短縮(リップリフト)』。鼻下を短く見せることでバランスの良い整った顔立ちになります。また、鼻下全体を引き上げることで、唇も上向きになり立体的な美しい唇になることも期待できます。

鼻下と顎の長さの比率

人中短縮(リップリフト)の
特徴と効果

人中短縮(リップリフト)

『人中短縮(リップリフト)』とは、鼻下のラインに沿って切開をして余分な鼻下の皮膚を切除する施術です。お客様の顔立ちや希望に応じて、顔を長く見せる鼻下の人中を適正の長さに短縮します。 生まれつき鼻の下が長い方や、口周りの口輪筋のたるみにより鼻下の皮膚が伸びてきた方などにおすすめです。ただし、笑った際に歯茎が見えるガミースマイルの方は、施術をすることでより歯茎が見えやすくなる可能性が高いため『人中短縮(リップリフト)』は適応外となります。

人中短縮(リップリフト)の治療イメージ

顔のバランスを整える

顔のバランスをよく見せるには、鼻下とアゴの長さの比率が1:2だと美しく見えると言われています。鼻下の皮膚を切除することで、鼻下のコンプレックスやたるみが解消されることはもちろん、 鼻下全体が上向きに引き上がるので、横から見ても立体感のあるバランスの良い顔立ちに近づけることができます。

鼻下と顎の長さの比率イメージ

リップリフト効果にも

鼻下がたるんでいる方の多くは、上唇も下垂しやすいため、上唇のボリュームがなくなったり、上唇の厚みが薄くなっている傾向にあります。 鼻下全体を引き上げることにより唇も上向きになり厚みがでるので、リップリフト効果も期待できます。

リップリフト効果のイメージ

オザキクリニックのこだわり

傷跡を目立たなくさせる「きれいな仕上り」

鼻下や鼻孔付近は元々縫合創が目立ちやすい部位でもある為、傷跡が目立ちにくくなるよう切除ラインを繊細にデザインしていく必要があります。
オザキクリニックでは、お客さま一人ひとりの顔立ちに合わせ、鼻下の目立ちにくい部分に沿って切開をしていき、傷跡が目立ちにくくなるよう丁寧に縫合していきます。
また、人中は短くしすぎてしまってもバランスが崩れてしまうので、事前にお客さまの理想の仕上がりやデザインイメージを共有しながら、適した量を取り、バランスの良い美しい顔立ちに仕上げます。

人中短縮(リップリフト)の仕上がりイメージ

『口角挙上(スマイルリップ)』と
セットで魅力的な微笑む唇に

『人中短縮(リップリフト)』は、上唇の引き上げ効果が得られるため、唇のボリュームアップにも大変効果的な治療ですが、口角までは引き上げることができません。よりバランスの良い美しい唇を叶えるには、『口角拳上(スマイルリップ)』も一緒に受けられることをおすすめしています。 そうすることで、上唇全体が上に引き上げられ、かつ自然と微笑む唇に改善されるため、納得のいくリップリフト効果が得られます。

口角拳上(スマイルリップ)のイメージ

さらに『切除組織鼻先移植』
で横顔も美しく

切除した皮膚を移植し美しい鼻先に

『切除組織鼻先移植』は、『人中短縮(リップリフト)』で切除した皮膚を使用し、鼻先を高くしたり、「だんご鼻」とよばれる丸い鼻先を美しく整える施術方法です。
ご自身の皮下組織を使うため、体内に異物を入れることに抵抗がある方でも安心して鼻先を高くすることができます。

切除組織鼻先移植のイメージ

唇の印象を変えたいなら、
『口唇リフト(外側人中短縮)』もおすすめ

唇の形を整えたい方に

鼻の下を短く、かつ上唇をふっくらと整えたい方には、『口唇リフト(外側人中短縮)』がおすすめです。

『口唇リフト(外側人中短縮)』は、上唇の境目の皮膚を左右切り取り、再度縫い合わせることで上唇を厚くする施術です。より印象的なぽってりとした唇になることができます。

通常の人中短縮は鼻の下の皮膚を引き上げる施術のため、唇のM字の山なりが強調される場合があります。人中を短くしたいけれどリップラインを強調したくない場合、上唇が薄い場合などには『口唇リフト(外側人中短縮)』が適しています。

『人中短縮』の失敗例・副作用・リスク

『人中短縮』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです

『人中短縮』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです

傷跡が残ってしまう
通常傷跡は数か月かけて徐々に薄くなっていきますが、場合によっては傷跡が目立たなくなるまで時間がかかることもあります。

唇の形が不自然になる
鼻の下を切開し縫合するため、「上唇の見え方が変わる」「上唇が厚くなる」と感じる可能性があります。不自然だと感じる場合であってもダウンタイム期間のむくみによるものであることもありますので、少なくとも数か月程度は様子を見てください。

鼻の形が不自然になる(アップノーズになる)
人中短縮を行うと、鼻の下を切開し、鼻柱基部(鼻の両穴の間、唇に近い部分)を下げるため、鼻の穴が目立つ、アップノーズになる恐れがあります。当院では鼻の形のバランスをとるために、鼻先への耳介軟骨移植をおすすめしています。

※通常経過の中でも上記の副作用が起こる場合があります。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

ドクター診察、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。

洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、患部の状態を記録するため写真撮影をします。

撮影

施術

丁寧に消毒・麻酔を行なったら、デザインに沿って施術を行っていきます。

施術

終了

施術が終わりテープなどで圧迫したら、施術は終了です。腫れやガーゼが気になる方にはマスクをお渡ししています。
終了

【術後3日間】テープで圧迫

施術内容によって異なりますが、術後3日間ほどは出血しやすく、鼻の形も不安定な状態です。きれいに仕上げるためにも、数日間はテープで固定していただきます。
【術後3日間】テープで圧迫

【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。
【施術1週間後】抜糸

よくある質問

『人中短縮(リップリフト)』を受けた後、いつからお風呂に入れますか?髪はいつから洗えますか?

20代・女性 [お悩み: 鼻の整形 唇・口元の整形 施術名: 人中短縮(リップリフト)]

シャワー、洗髪は術後2日目から、入浴は抜糸後翌日から可能です。
『人中短縮(リップリフト)』を受けた後、日常生活を過ごす上で術後に気をつけることはありますか?

30代・女性 [お悩み: 鼻の整形 唇・口元の整形 施術名: 人中短縮(リップリフト)]

術後3日間はテープ固定をお願いします。強い刺激は避けてください。
『人中短縮(リップリフト)』の傷跡が目立たないか心配です。傷跡はどのようになりますか?

20代・女性 [お悩み: 鼻の整形 唇・口元の整形 施術名: 人中短縮(リップリフト)]

鼻下の付け根のラインに沿って切開をするので目立ちません。

価格表

おすすめ施術

OZAKI CLINIC Recommend

理想の口元でかわいいに差をつける
「人中短縮」で鼻下の皮膚を引き上げることで立体的な唇を実現!顔のバランスも整います。さらに「口角挙上」で口角を引き上げることで口を閉じても自然と微笑む美しい口元を叶えます。
人中短縮&口角挙上
モニター価格
324,100
人中短縮&口角拳上

施術を行っている院

  • 新宿院
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

人中短縮(リップリフト)

1回
277,800円

人中短縮(リップリフト)+口角挙上(スマイルリップ)

1回
モニター限定324,100円
1回
463,000円

口唇リフト(外側人中短縮)

1回
モニター限定300,000円
1回
400,000円
オプション / メンテナンスメニュー
『人中短縮』とあわせて切除組織鼻先移植で鼻先を高くすることで美しい横顔に。
切除組織鼻先移植
92,600円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。