目の下のふくらみを除去する
目の下の脱脂

「疲れ顔」や「老け顔」の原因となる、目の下のクマやたるみ。加齢とともに現れる目の下のクマ・たるみは、下まぶたのぷっくりと膨らんだ脂肪によって起こります。
『目の下の脱脂』は、この下まぶたの余分な脂肪を取り除くことで、目の下のクマやたるみを解消し、明るい目元へと導いてくれる治療法です。目周りはデリケートな部位ですが、下まぶたの裏側から脂肪を取り除く施術なので、肌表面に傷が残ることはほぼなく、安心してお受けいただけます。

目の下の脱脂症状

目の下の脱脂の特徴と効果

目の下のクマ、たるみが起こる原因

加齢とともに現われる目の下の膨らみ

老け顔の象徴ともいえる目の下のクマ、目の下のたるみは、下またぶにできる「膨らみ」が原因です。「膨らみ」の正体は、目の周りに存在する脂肪で、次のような加齢現象によって「膨らみ」が生じます。

【1】重力の影響
加齢とともに重力の影響によって眼球が徐々に下がり、下まぶたにある「眼窩脂肪(がんかしぼう)」を圧迫します。

【2】ロックウッド靭帯の衰え
眼球を支える役割を持つロックウッド靭帯が年齢によって弱ってくると、眼球を支えられなくなり、圧迫された「眼窩脂肪」が前に突出してきます。この突き出た「眼窩脂肪」がたるみ(膨らみ)の要因となります。

突出した脂肪によって肌に凹凸ができるため、その溝が影となり、目の下のクマが生じて、疲れた印象や老けた印象を与えることになります。また脂肪の凹凸によってできる目の下のクマはメイクで隠すことが難しいため、原因である脂肪を取り除かないことには、目の下のクマを消すことができません。

加齢とともに現われる目の下の膨らみのイメージ

目の下の脂肪を除去する『目の下の脱脂』

『目の下の脱脂』は、目の下のクマの原因である「眼窩脂肪」を物理的に取り除き、肌をフラットに整えることで、目の下のクマ、たるみを改善させる治療法です。ふくらみによって目立つ目の下のクマなら、眼窩脂肪を除去することで、見た目の症状を改善させることができます。

目の下の脱脂のイメージ

『目の下の脱脂』施術概要

眼窩脂肪の状態を確認

加齢によって突出した「眼窩脂肪」は、目頭・中央・目尻側と大きく3ヶ所に分かれて存在しています。目の下のクマ・たるみの状態を診て、どの部分の脂肪をどのくらい除去するのかを見極めるのが重要です。

眼窩脂肪の状態を確認するイメージ

切開・脂肪を摘出

下まぶたの裏側を1cm(センチ)ほど切開し、余分な「眼窩脂肪」を丁寧に取り除きます。

切開・脂肪を摘出するイメージ

終了

「眼窩脂肪」はまぶたの裏側から除去するので、肌表面に目立つ傷跡が残ることはほとんどありません。切開範囲もわずかなので縫合する必要がなく、抜糸の必要がないのが『目の下の脱脂』の特長です。

目の下の脱脂の施術終了イメージ

一人ひとりに合わせた
『目の下の脱脂』を目指して

オザキクリニックでは、より広くお客さまのご要望にお応えするため、2種類の『目の下の脱脂』を用意しています。
当院をはじめ一般的に行われているは、「隔膜後アプローチ」を呼ばれる手法で、隔膜の後ろから脂肪を除去します。充分な効果を得られる手法ですが、当院ではより高い安全性を求めて「隔膜前アプローチ」による脱脂も行っています。

中 徳太郎 医師

隔膜後アプローチ

下まぶたの裏側を1cm(センチ)ほど切開し、突出した眼窩脂肪を取り出します。切開範囲はかずかなので、縫合する必要はありません。施術時間も短時間ですみ、比較的内出血が少ないなどの特長があります。
たるみ症状が軽度で、より手軽に目の下のクマ・たるみを解消したい方におすすめの手法です。

目の下の脱脂の隔膜後アプローチのイメージ

隔膜前アプローチ

「隔膜前アプローチ」は名前の通り、隔膜の前から脂肪を除去する手法です。目頭・中央・目尻側と、各部位の突出した脂肪の状態を確認しながら除去するので、より正確な場所、脂肪量を調整することができます。また眼筋などのを傷付けるリスクがより低いとされています。

目の下の脱脂の隔膜前アプローチのイメージ

「頬の若返り」をプラスして、
より若々しい目元に

目の下のふくらみを効果的に改善する『目の下の脱脂』ですが、頬のたるみ(ボリューム減少)があると、脱脂をすることで、ゴルゴラインや目の下のくぼみが目立つことになり、目の下のクマがより濃く見えてしまうことがあります。
こうした失敗を防ぐためには、「眼窩脂肪の突出」と「脂肪の減少」を同時に解消することが重要です。
当院オリジナルの『3Dリポアイリフト』は、脱脂とともに頬のボリュームアップを叶える施術です。目の下のクマを消し、頬に若々しい立体感をもたらすことが可能です。

3Dリポアイリフトのイメージ

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 せり出した「眼窩脂肪」の状況を確認して、どの部位の脂肪をどのくらい取り除くかを診ていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

アイメイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。 コンタクトを着用している方は、ここでコンタクトを外していただきます。
洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、目元の状態を記録するため写真撮影をします。
撮影

消毒・麻酔

デザインが決まったら目の周りを丁寧に消毒し、目薬による表面麻酔と局所麻酔を行います。 局所麻酔の際にチクッとした軽い痛みがします。
消毒・麻酔

眼窩脂肪の除去(脱脂)

マーキングしたデザインに沿って、丁寧に脂肪を取り除いていきます。
眼窩脂肪の除去(脱脂)

クーリング・終了

施術部位を消毒をして、腫れを抑えるため施術部分をしっかりと冷却すます。 施術直後は、若干下まぶたが腫れるので最終的な仕上がりではありませんが、その場で“膨らみ”が解消されて状態を確認することができます。
クーリング・終了

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬と点眼薬をお出ししますので、必ず服用・点眼してください。
  • 施術後1~2日は、柔らかい保冷剤などで小まめに施術部位を冷やすようにしてください。その際、強く押さないようご注意ください。
  • 施術後、腫れぼったさや目ヤニを生じることがありますが、数日で落ち着きますのでご安心ください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、2~3週間は控えてください。
  • 施術部位を強く押したりこすったりしないでください。また顔のマッサージは2~3週間ほど控えてください。
  • メイクや洗顔は施術後2日目から可能ですが、強く顔をこすらないようにご注意ください。

よくある質問

目の下に脂肪のふくらみがあり、脱脂が適応を言われました。脱脂をすると、目の下がくぼみそうで不安なのですが、くぼむことはありますか?

30代・女性 [お悩み: 目の下のクマ 施術名: 目の下の脱脂 ]

適量の脂肪のみを取り除けば、目の下がくぼむことはありません。
目の下の脱脂を受けたいのですが、目元なので傷跡を残したくないです。目の下の脱脂をすると、傷跡が残りますか?

40代・女性 [お悩み: 目の下のクマ 施術名: 目の下の脱脂 ]

まぶたの裏から脂肪を取り除くので、傷跡は見えません。

価格表

キャンペーン

OZAKI CLINIC Recommend

切らない目の下のクマ治療
目の下ふくらみのあるクマの原因を除去し、目の下クマを改善。
目の下の脱脂
モニター価格
165,800
目の下の脱脂

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

目の下の脱脂

両目
モニター限定新宿院限定165,800円
両目
221,300円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • モニター適応の可否は医師の診察で診断いたします。モニター条件に関する詳細はクリニックまでお問い合わせください。