筋肉・脂肪・皮膚による
たるみを同時に解消

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』は、加齢による「筋肉のたるみ」「脂肪のたるみ」「皮膚のたるみ」を同時に解消するリフトアップ治療で、肌の土台からキュッと顔を引き上げ、たるみ解消を目指します。加齢によって生じた余分な脂肪や皮膚を取り除き、土台からリフトアップさせます。

ミニリフト・フェイスリフト

こんな⽅におすすめですその特徴と5つのポイント

  • 顔のたるみを解消したい

  • ほうれい線やマリオネットラインなどが気になる

  • 横顔のフェイスラインもシャープにしたい

  • しっかりとリフトアップさせたい

  • 後戻りしにくい方法で治療したい

フェイスリフト・フルフェイスリフトの
特徴と効果

顔のたるみのメカニズム

顔のたるみは、こめかみから下へと進行する

顔のたるみは、こめかみの脂肪が下垂することからスタートします。こめかみの脂肪は目元に向かってたれ下がり、やがて、頬、フェイスラインと各部位でたるみが進行します。
頬の脂肪は口元に向かってたれていき、たれた脂肪はなすび型に溜まり、ほうれい線となって老け顔の原因となります。
さらにたるみが進行すると、脂肪はフェイスラインやアゴ下、首周りにたれ下がってきます。脂肪がフェイスラインに溜まると輪郭が崩れ、いわゆる“ブルドッグ顔”になっていきます。

顔のたるみのメカニズム

皮膚のたるみを感じたら
『フェイスリフト・フルフェイスリフト』

脂肪が下垂することで起こる顔のたるみですが、加齢症状がさらに進むと、筋肉(表情筋)のゆるみが起こります。
肌の土台である筋肉がゆるむと、脂肪のたるみはさらに強くなり、脂肪を支えられなくなった皮膚は伸びてしまいます。これが皮膚のたるみで、「ブルドック顔」と言われるような輪郭の崩れが生じます。
若いうちは脂肪を取り除いても伸びた皮膚は引き締まりますが、年を重ねた皮膚は収縮性が悪いため、脂肪を取り除くだけでは、たるみの解決にはなりません。

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』は、1回で「筋肉のたるみ」「脂肪のたるみ」「皮膚のたるみ」をすべて取り除くリフトアップ施術です。たるみの原因をダイレクトにまとめて解消するのでリフトアップ効果が高く、さらにリフトアップした状態を長期的にキープすることができます。

オザキクリニックのこだわり

頬・アゴ下の脂肪吸引付き

まずはたるみの原因となっている下垂してきた脂肪をしっかりと除去し、フェイスラインを整えることが重要です。当院のフェイスリフトでは、頬・アゴ下の脂肪吸引をセットでお付けしています。

お悩み・症状によってプランをご提案

切開箇所は『フェイスリフト』の場合、こめかみ~耳の裏、『フルフェイスリフト』の場合、こめかみ~耳の裏~首筋になります。

ほうれい線やマリオネットラインなど、主に顔のたるみが気になる場合は『フェイスリフト』、顔のたるみに加えて横顔のフェイスラインをシャープにしたい場合や首のたるみも改善したい場合には『フルフェイスリフト』がおすすめです。

広範囲の皮膚を剥離し、しっかりと引き上げ

フェイスリフトは、皮膚の剥離箇所を少なくすることで腫れやダウンタイムを少なく抑えることができますが、それではしっかりとしたリフトアップ効果が得られず、すぐに後戻りしてしまう可能性があります。

当院では広範囲の皮膚を剥離し引き上げ、適切な処理と縫合を行うことで、後戻りが少なく、効果的なリフトアップを行っています。

適切なリガメント(靭帯)処置

当院のフェイスリフトは、「リガメント(靭帯)」の処置をしっかりと行います。
リガメントとは細い紐状の靭帯で、皮膚と骨を固定する役割をしています。ただ皮膚の一部を引き上げて縫合するだけではこのリガメントが引き上げの阻害となり、後戻りしやすい状態となります。

このリガメントを一度剥離し、引き上げた部位に再度糸でしっかりと固定することで後戻りしにくい仕上がりとなります。

首のたるみ・シワのイメージ

カウンセリングからアフターケアまで
院長が担当

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』は、カウンセリングから施術、アフターケアまで、新宿院院長である中 徳太郎ドクターが担当します。一人ひとりの状態や希望に合った美しい仕上がりを叶えるため、カウンセリングを十分に行い、治療まで一貫して行います。
お客さまのお悩みや施術内容への理解が深いドクターが最後まで責任を持って担当するので、安心しておまかせください。

中 徳太郎 医師

安心安全なドクター2名体制

手術時には、お客さまの安心・安全を考慮し、麻酔科の専門医師と施術担当医との2名体制で、お客さまの状態管理を行いますのでリラックスして施術をお受けいただけます。

術後も安心の無料再診

当院では、施術後の再診は無料で承っております。『フェイスリフト・フルフェイスリフト』を受けた後にもし気になることがあれば、気軽に診察にお越しください。執刀した医師がアフターフォローまでしっかり行いますので、ご安心ください。

術後も安心の無料再診

施術の流れ

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』は、脂肪吸引から皮膚や筋肉の引き上げ処理、縫合までを丁寧に行い、しっかりと効果的なリフトアップを行います。

STEP1 脂肪を除去する

フェイスラインやアゴ下に溜まった脂肪を取り除きます。脂肪はアゴの先や耳たぶの後ろなどから、専用の細い管(カニューレ)を使って取り除きます。

STEP2 皮膚を切開し、リガメントを処理、SMASを引き上げ

皮膚切開し、皮膚とSMAS(スマス)の間を剥離させ、リガメントを処理します。SMASとは皮下組織(脂肪の層)と表情筋(筋層)の間にある筋膜のこと。リガメントを処理した後、SMASも切開をしてしっかりと引き上げることで、より高いリフトアップ効果を得ることができます。

STEP3 縫合

皮膚を丁寧に縫合し、余った皮膚をトリミングして施術は終了です。

こちらもおすすめ

二重アゴ筋肉縛り

アゴ下のたるみが気になる、二重アゴが目立つ、横から見たときにアゴと首のラインがぼんやりしてしまう場合には、『二重アゴ筋肉縛り』がおすすめです。

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』でお顔、首筋を引き上げ、『二重アゴ筋肉縛り』をあわせて行うことで、お顔、首筋、アゴ下のもたつきを同時に解消することができます。

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』の失敗例・副作用・リスク

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです。

『フェイスリフト・フルフェイスリフト』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです。

内出血・腫れ・赤みが生じる
施術後、患部や目元付近等に内出血・腫れ・赤みが生じる場合があります。個人差がありますが、内出血・腫れ・赤みは2週間程度は続くものとお考え下さい。こちらは通常の経過であり、自然におさまっていきますのでご安心ください。

傷が残ることがある
傷は基本的に目立たなくなりますが、まれに硬い傷として残る場合もあります。また長期間赤みが残ってしまうこともあります。

耳たぶが伸びてしまうことがある
耳たぶ周囲の皮膚も切開し剥離するため、耳たぶが伸びてしまうことがあります。これは皮膚のみを引き上げようとして適切な皮膚下の内部処理を行わないために生じるリスクです。当院ではしっかりとSMASから引き上げを行い、適切に処理を行うため耳たぶが伸びてしまうことは基本的にはありません。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿院
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

フェイスリフト・フルフェイスリフト

フェイスリフト
1回
モニター限定 980,000円(税込 1,078,000円)
1回
1,680,000円(税込 1,848,000円)
フルフェイスリフト
1回
モニター限定 1,980,000円(税込 2,178,000円)
1回
2,980,000円(税込 3,278,000円)
  • モニターは審査が必要です。
  • 別途、血液検査代「11,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます。
施術特典
効果を高める『顔(頬とアゴ下)の脂肪吸引』を無料でお付けいたします(モニターも含む)。
頬とアゴ下の脂肪吸引

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師がお悩みや症状についてお伺いします。たるみの状態を見極めて、施術の詳細を決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。
洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、記録するため写真撮影をします。
撮影

施術

消毒や麻酔をしたら、施術を行っていきます。 当院では、複数種類の麻酔や痛み緩和点滴などを用意していますので、痛みに弱い方は気軽にご相談ください。
施術

休養してから、施術終了

施術直後は、内出血や腫れを抑えるため、しばらく施術部位を圧迫・固定してお休みいただきます。麻酔がきれて落ち着いてから、お帰りいただきます。
休養してから、施術終了

【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。
【施術1週間後】抜糸

【術後~1ヶ月】アフターケア

術後から1ヶ月間は、術後の腫れや内出血を少なくするため、フェイスバンドで固定していただくことをおすすめしています。ダウンタイム軽減にもなるほか、フェイスラインをきれいに整える効果もあります。
【術後~1ヶ月】アフターケア

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。
  • ノーメイクでご来院ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬をお出ししますので、必ず服用してください。
  • 内服中の飲酒は控えてください。
  • サポーターによる固定は1ヶ月ほど継続してくただくことをおすすめしています。
  • 腫れや炎症を強めるおそれがありますので、激しい運動、強いマッサージは2~3週間ほど控えてください。
  • 施術後2週間ほどすると皮膚が突っ張った感じがしますが、傷が治る過程で起こるものなのでご安心ください。軽くマッサージすることで痛みが和らぎます。