「下まぶた」のたるみを取り除き
若々しい目元へ

目の下のクマの原因であり、「疲れ顔」「老け顔」などの印象を与えてしまう、目の下のぷっくりとした膨らみ。『下まぶたのたるみ取り』は、目の下のふくらみや皮膚のたるみを同時に除去することで、目の下のたるみ・クマを解消へと導く治療法です。

下まぶたのたるみ取りの症例写真

下まぶたのたるみ取りの
特徴と効果

年齢とともに現れる目の下の膨らみ

年齢を重ねるごとに、目の下にぷっくりとした膨らみができることがあります。涙袋とは違うこの膨らみの原因は、目の下のにある「眼窩脂肪(がんかしぼう)」と呼ばれる脂肪が突出したもので、加齢症状が進行するとともに脂肪の膨らみも大きくなってきます。
膨らみが大きくなってくるとメイクで隠すことが難しくなり、「疲れ顔」「老け顔」といった印象を与えてしまいます。

年齢とともに現れる目の下の膨らみのイメージ

レベルに合わせて、目の下のたるみを解消

あなたの「たるみレベル」はどれ?

目の下のぷっくりとした膨らみは、たるみの進行度によって症状が異なり、また解消法も異なります。まずは自分の「たるみレベル」を知ってベストな解消法を選ぶことで、きれいに目の下のクマ・たるみを解消することができます。

たるみレベル1

涙袋より下、目頭から頬にかけて広がるように青黒っぽくなっており、目の下がくぼんでいるようにも見えるタイプです。
年齢を重ねると眼球は徐々に下垂するため、それに伴って目の下の眼窩脂肪が押し出され、手前に飛び出してきます。また同時に頬は下へ下へと下垂してきます。この2つの加齢症状が同時に生じることで、目の下と頬との境界に「溝」ができ、その「溝」によってできる陰影がクマとなります。
【たるみレベル1】のタイプは「溝」がまだ浅いので、ヒアルロン酸などを注入して「溝」を埋めることで目の下のクマを解消することができます。

たるみ進行度レベル1のイメージ

たるみレベル2

【たるみレベル2】まで症状が進行すると、手前に飛び出す眼窩脂肪の量が増えて「溝」がより深くなってきます。クマがより黒っぽく濃くなり、ふっくらとした膨らみが分かるようになります。脂肪による凹凸が大きいと、ヒアルロン酸などの注入治療では、目の下が大きく膨れ上がってしまったり、デコボコするなどのリスクが高まります。
そのため【レベル2】のタイプは、物理的に脂肪を取り除く『目の下の脱脂』がおすすめです。1回の治療でたるみの原因を取り除くことができ、すっきりとした目元がよみがえります。

たるみ進行度レベル2のイメージ

たるみレベル3

たるみ症状がさらに進行して【レベル3】まで達すると、目の下の脂肪を支えている「眼輪筋(がんりんきん)」がゆるみ、皮膚を押し出すように脂肪が飛び出してきます。目の下に半円の大きな膨らみがある方は、【レベル3】のタイプです。
このタイプは眼輪筋とともに皮膚も伸びているので、脂肪を取り除くだけの治療では、皮膚のたるみが残ってしまいます。そこで、脂肪、眼輪筋、皮膚の3つにアプローチする『下まぶたのたるみ取り』が適応となります。

たるみ進行度レベル3のイメージ

重度なたるみの原因を同時に取り除く

【レベル3】のたるみ症状は、3つの加齢症状が絡み合って引き起こっています。
『下まぶたのたるみ取り』は、次の3つのたるみ症状を同時に解消することで、目の下のたるみを解消へと導きます。

  • 脂肪のたるみ
  • 筋肉のゆるみ
  • 皮膚のたるみ

3STEPで目の下のたるみを解消へ!

『下まぶたのたるみ取り』施術の流れ

『下まぶたのたるみ取り』は、3つのたるみ症状を同時に解消へと導く、目元のたるみ治療です。

STEP1  脂肪を除去する

下まつげの際を丁寧に切開し、膨らみの原因となっている脂肪を取り除きます。取りすぎや取りこぼしがないよう、脂肪の状態を見極めながら適量を除去します。

STEP1 脂肪を除去するのイメージ

STEP2  皮膚と眼輪筋を切り取る

ゆるんだ皮膚と眼輪筋を切り取ります。脂肪と同じく、取りすぎなどがないよう丁寧に余剰範囲を図り切除します。

STEP2 皮膚と眼輪筋を切り取るのイメージ

STEP3  引き上げて縫合する

皮膚と眼輪筋をしっかりと引き上げて縫合します。

STEP3 引き上げて縫合するのイメージ

たるみをしっかり改善して、傷跡目立たない

目の下を切開しますが、適切に処置することで傷跡が目立たないような仕上がりを目指します。

下まぶたのたるみ取りのイメージ

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 せり出した「眼窩脂肪」や皮膚の状態を確認して、どの部位の脂肪や皮膚をどのくらい取り除くかを診ていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。 コンタクトを着用している方は、ここでコンタクトを外していただきます。
洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、目元の状態を記録するため写真撮影をします。
撮影

デザイン・マーキング

目の下のたるみ状況を改めて確認し、医師が仕上がりをイメージしながら脂肪・皮膚を取り除く場所を決めて、マーキングを行います。
デザイン・マーキング

下まぶたのたるみを除去

デザインが決まったら目の周りを丁寧に消毒し、施術を行っていきます。 当院では、複数種類の麻酔や痛み緩和点滴などを用意していますので、痛みに弱い方は気軽にご相談ください。
下まぶたのたるみを除去

終了

施術が終わり消毒などの処理をしてテープで圧迫したら、施術は終了です。
終了

【術後2日間】テープで圧迫

施術後から2日間ほどは、目の下のをテープで圧迫保護します。圧迫することで、内出血などを抑えることができ、仕上がりもよりきれいになります。気になるかもしれませんが、しっかり圧迫するようにしましょう。
【術後2日間】テープで圧迫

【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。
【施術1週間後】抜糸

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬と点眼薬をお出ししますので、必ず服用・点眼してください。
  • 施術後1~2日は、柔らかい保冷剤などで小まめに施術部位を冷やすようにしてください。その際、強く押さないようご注意ください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、2~3週間は控えてください。
  • 施術部位を強く押したりこすったりしないでください。また顔のマッサージは2週間ほど控えてください。
  • アイメイクや洗顔は抜糸の翌日から可能ですが、強く顔をこすらないようにご注意ください。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

下まぶたのたるみ取り

1回
351,000円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 症状によって価格が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。