痛みや見た目のコンプレックス解消
小陰唇縮小術

小陰唇が大きい、左右で形が違う、衣類に圧迫されて痛い、尿が飛び散るなど、小陰唇に関するトラブルは、デリケートゾーンの中でも特に多いお悩みです。小陰唇のトラブルは先天性のものだけでなく、出産を経験したり、年を重ねていくかなで起こり得るものであり、また、適切な治療を受けることで症状改善が期待できます。
なかなか人には言えないデリケートな悩みですが、当院では一人ひとりの症状に合わせて最適な治療法を提案していますので、安心してご相談ください。

小陰唇の様子

小陰唇縮小術の特徴と効果

小陰唇のトラブルとは?

小陰唇(しょういんしん)は女性器の一部で、膣口の両側にあるヒダ状のものを指します。尿道口や膣にばい菌などが入らないようにする役割を持つ小陰唇ですが、その形や大きさは一人ひとり大きく異なります。
小陰唇の形に個人差があるのは、生まれながらのものもありますが、出産時のダメージによって形が崩れることなどがあります。また加齢によって顔や体の皮膚をたるむように、小陰唇も加齢によって菲薄化し、形が変わったり、たるみによって肥大化したりします。
小陰唇が肥大化すると、下着に擦れて痛みを伴うなどさまざまなトラブルが生じるため、多くの方が悩まれている症状です。

デリケートゾーンイメージ

『小陰唇縮小術』の適応症状

小陰唇のトラブルは、放置すると痛みを伴うなど、日常生活にも影響を生じます。まずは次のチェックリストでお悩み症状を確認してみましょう。該当するものがあれば、『小陰唇縮小術』で症状を改善が期待できます。

  • 衣服に擦れて痛い
  • 小陰唇(ヒダ)が大きく、はみ出しているのが気になる
  • 左右の大きさや形が異なるのが気になる
  • 小陰唇(ヒダ)が黒ずんでいる
  • パートナーに指摘されたことがある
  • 小陰唇に汚れが溜まりやすく、臭いが気になる
  • 尿が小陰唇に引っかかり、排尿しずらい
小陰唇縮小術の適応症状

小陰唇トラブルを解消へ

『小陰唇縮小術』は、小陰唇を部分的に切除して、形を小さくきれいに整える施術です。トラブルの原因となっている、余分なヒダ状の小陰唇そのものを取り除くので、黒ずみなどもきれいに解消することができます。
「切除」と言うと傷跡を心配される方が多いですが、小陰唇は粘膜組織で、血流もよいところなので、回復も早く、傷跡が残ることはほとんどなく安心です。

小陰唇縮小術施術イメージ

オザキクリニックのこだわり

経験豊かな女性医師が一貫して担当

女性器の構造は奥深く、体の中でも特に繊細な部位です。形成外科医としても経験のある医師が知識を活かした的確なアドバイスと治療法により女性特有のお悩みを解決へと導くことができます。産後の傷のつき方やダメージの残り方は人それぞれです。それをしっかりと診察し、一人ひとりに合った治療法を提示し、ご希望に沿った女性器へと整えていきます。当院では、これまでの美容外科で長く行われてきた通り一遍とうなやり方の決まった方法ではなく、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療法を目指しています。また、診察時に子宮頸がんといった疾患を発見したりするほど美容目的以外の目線も持ち合わせており、女性器を総合的に診ることが可能です。女性器の治療において形成外科医としての経験を活かし、また美容外科や美容皮膚科分野と合わせた美容観点を大切にしながら、女性のあらゆるお悩みの総合的なフォローを目指しています。

中島 三恵 医師

抜糸不要の溶ける糸で、傷跡を最小限に

当院の婦人科施術においては、極細の溶ける糸を使って縫合をします。表面に傷跡が残らないよう、小陰唇の粘膜下を緻密に縫い合わせるため、仕上がりがきれいで回復もより早くなります。また溶ける糸を使用することで抜糸が不要となり、通院の負担もなくなります。

切除&縫合技術イメージ

遠方からでも安心!「交通費補助制度」

遠方からのお問い合わせも多いオザキクリニックでは、安心してお越しいただけるよう交通費補助サービスを行っております。条件を満たしている方には、当院にて【最大1万5千円までの交通費】を負担いたしますので、ぜひご利用ください。

交通費補助制度

補助金額

補助金額

施術当日の往復交通費 最大15,000円まで

交通費補助制度の申請方法

交通費補助制度の申請方法

ご予約時に申請をしてください。また施術日当日、以下の2点をご提出ください。

  • 交通費の領収書(往復)
  • 現住所が確認できる身分証

公共交通機関などで往復分チケットをご購入いただき、領収書をご持参ください。 身分証:運転免許証、保険証、住民票の写しなど。(住所確認後、ご返却いたします)

適応条件

適応条件

  • 婦人科メニュー1日の施術総額が20万円以上の方(薬・採血・麻酔代は含まれません)
  • 正規価格で施術を受けられる方(モニターは適応外となります)
  • 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県以外にお住まいの方(国内に限ります)
  • 公共の交通機関(電車・地下鉄、飛行機、バス、船舶など)でご来院された方(高速代・ガソリン代・タクシー代などは対象外となります)
  • ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始などの期間は対象外となります。

そのほか詳細やご不明点については、クリニックまでお問い合わせください。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状についてお伺いします。小陰唇の状態を診察し、カウンセリングを行った上で治療内容を決定します。 当院では、女性の婦人科専門医師の指名ができますので、ご希望の方は予約時にお申し出ください。
ドクター診察、カウンセリング

血液検査

施術前に血液検査を受けていただきます。事前に検査を行うことで施術に対応できる体調かをチェックし、施術に向けて体調管理を行います。 血液検査の結果は約2週間程かかりますので、検査結果を確認してから、施術日を調整します。
※症状やご希望によっては、診察当日に施術を行うことがあります。
血液検査

撮影

施術経過を確認できるよう、施術部位の写真撮影をします。撮影は、女性スタッフが行いますのでご安心ください。
撮影

消毒・麻酔

体調に問題なければ、着替えをしていただき治療をはじめていきます。当院ではお客さまへの負担を最小限にするため「リラックス麻酔(静脈麻酔)」をお付けすることができます。
消毒・麻酔

手術

麻酔がかかったのを確認したら、手術をスタートします。症状や治療内容によって異なりますが、手術は1時間ほどで終わります。
手術

終了

施術後は、麻酔が覚めるまでリカバリー室でお休みいただきます。お帰りになるまで看護師が付き添い、術後の注意事項などの説明をいたします。担当医の確認が取れたら、着替えをしてお帰りいただけます。
※ 施術後数日間は、微量に出血することがあるので、ナプキンかガーゼをあててお過ごしください。
終了

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの塗り薬と保護テープをお出ししますので、必ず使用してください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、施術当日は控えてください。

よくある質問

『小陰唇縮小術』を考えており、パートナーに内緒で治療を検討しているため、どのくらい性交渉を避ければよいのか教えてほしいです。

20代・女性 [お悩み: 婦人科形成 施術名: 小陰唇縮小術]

施術後1ヵ月後以降で性交渉が可能です。
『小陰唇縮小術』の治療を検討していますが、治療後入院する必要はありますか?

50代・女性 [お悩み: 婦人科形成 施術名: 小陰唇縮小術]

すべて日帰りで治療を受けることができます。
『小陰唇縮小術』の痛みが想像できず、もともと痛みに敏感なため、とても心配で治療に踏み切れません。痛みなく治療をうける方法はありませんか?

40代・女性 [お悩み: 婦人科形成 施術名: 小陰唇縮小術]

当院では痛みなく治療をうけていただくためのリラックス麻酔をお付けすることができますので、ご安心ください。

価格表

キャンペーン

OZAKI CLINIC Recommend

痛み・黒ずみを解消し美しく
婦人科女医在籍。デリケートゾーンの痛みや黒ずみなどお悩みをご相談ください。
小陰唇縮小術
モニター価格
90,800
小陰唇縮小術

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

小陰唇縮小術

両側
モニター限定90,800円
両側
276,800円
交通費補助制度
遠方からお越しで、1日の施術総額が20万円以上になる方は、「交通費補助制度」が適応となる場合があります。 ※詳細はクリニックまでお問い合わせください。
施術当日の往復交通費 【最大15,000円まで】 当院で負担いたします。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます。