仕上がりの美しさにこだわる
眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、上まぶたが垂れ下がり、目が開きにくくなる眼筋疾患です。視野が狭くなることで物が見にくくなるだけでなく、頭痛や肩こり、眉間・額のシワなどさまざまなトラブルを引き起こします。オザキクリニックでは、「美的観点」を持った医師による眼瞼下垂の治療を行っています。症状を改善するのはもちろん、自然できれいな仕上がりを目指しています。

眼瞼下垂:症例写真

眼瞼下垂の特徴と効果

眼瞼下垂とは?

上まぶたが重い、目が開きにくい…
その症状、眼瞼下垂かもしれません

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、上まぶたが垂れ下がり、目が開きにくくなる症状のことを言います。上まぶたを引き上げる筋肉が伸びて緩んでしまうことで起こる眼筋疾患で、上まぶたが視野をふさいでしまうので、物が見えにくくなったりします。症状には個人差があり、片方の目だけに起こることもあります。

  • 正常な上まぶた
    黒目には上まぶたがほとんどかかっていない状態
  • 軽~中度の眼瞼下垂
    上まぶたが1/3~半分ほどの瞳孔にかかっている状態
  • 重度の眼瞼下垂
    上まぶたが瞳孔をほとんどふさいでしまっている状態
眼瞼下垂の症状のイメージ

眼瞼下垂の原因は
上まぶたを引き上げる「筋肉」

眼瞼下垂の症状を理解するため、まずは上まぶたが開く仕組みをチェックしてみましょう。
上まぶたを持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と言います。眼瞼挙筋が収縮・弛緩することで、上まぶたは開いたり閉じたりします。

眼瞼下垂の正常な状態のイメージ

加齢などによって筋力が弱まったり、筋肉そのものがゆるむと、上まぶたを引き上げる力が弱まります。また眼瞼挙筋と上まぶたを「つなげる」役割を持つ挙筋腱膜がゆるんだり、何かしらの要因で外れてしまうと、眼瞼挙筋の収縮・弛緩が正常に作用しなくなります。
このように、眼瞼挙筋に異常が生じると上まぶたが開きにくくなり、垂れ下がったままの状態となるため、「眼瞼下垂」になります。

眼瞼下垂の症状のイメージ

どうして眼瞼下垂になるの?

眼瞼下垂になる要因はさまざまありますが、次に挙げる要因が多いとされます。

  • 老人性・加齢性眼瞼下垂
    加齢によって筋肉の力が弱まり、上まぶたを引き上げる作用が弱くなることで起こります。
  • コンタクトレンズ眼瞼下垂
    ハードコンタクトレンズを長年使用している人に多く生じます。
  • 内眼術後眼瞼下垂
    緑内障や白内障の手術の後に生じる場合で、術後の炎症が強かったり、まぶたの動きが滞ったりすることで、下垂症状が進行することがあります。
  • 先天性眼瞼下垂
    生まれつき上まぶたが垂れ下がった状態です。眼瞼挙筋の形成が不完全だったり、発達異常によるものと考えられます。

眼瞼下垂が引き起こすさまざまなトラブル

眼瞼下垂の方は視野が狭くなることで、無意識に眉を吊り上げて目を開こうとしたり、顎を上げながら物を見るようになります。慢性的に筋肉が緊張するため、頭痛や肩こりの原因となり、悪化すると吐き気や目まいを引き起こすこともあります。
また額にシワができやすいので、「老け顔」印象を強めることにもなります。

眼瞼下垂が引き起こすさまざまなトラブルのイメージ

眼瞼下垂は適切な治療で治ります!

手術で改善!『眼瞼下垂』

眼瞼下垂は、上まぶたを引き上げる役割を持つ挙筋腱膜の「ゆるみ」や「はずれ」が原因です。「ゆるみ」や「はずれ」てしまった腱膜は自然に治ることはありませんが、腱膜を修復する手術をすることで眼瞼下垂を治すことができます。

眼瞼下垂が手術で改善するイメージ

挙筋腱膜前転法で眼瞼下垂を解消

眼瞼下垂の手術には、主に「眼瞼挙筋前転法」と「筋膜移植法」の2種類の手法がありますが、オザキクリニックでは「眼瞼挙筋前転法」にて治療を行っています。「眼瞼挙筋前転法」は、簡単に説明すると、眼瞼挙筋を「瞼板(けんばん)」と呼ばれる硬い板に固定することで、挙筋の引き上げる力を確実にまぶたに伝えるようにする手術です。比較的負担の少ない手術ですが、具体的にどのような手術なのか、事前にチェックしておきましょう。

「眼瞼挙筋前転法」の手術手順

目が開く仕組み

上まぶたは、眼瞼挙筋という筋肉が収縮し、挙筋腱膜にその力が伝わり、その先にある瞼板をを持ち上げることで目が開きます(上まぶたが引き上がる)。
眼瞼下垂は、眼瞼挙筋の力が瞼板に伝わりにくくなった状態なので、これを修復する手術を行います。

目が開く仕組みのイメージ

デザイン

皮膚を切開するラインをデザインします。皮膚のたるみが強い方は、皮膚を一部切除することで、よりぱっちりとした若々しい目元になります。切開ラインは、目を開いたときの二重のラインとなるめ、慎重にデザインします。

眼瞼下垂のデザインのイメージ

皮膚の切開・切除

デザインに合わせて皮膚を切開・切除をし、眼瞼挙筋を露出させます。

眼瞼下垂の皮膚の切開・切除イメージ

挙筋腱膜を引き出す(前転)

ゆるんだり瞼板から外れてしまった挙筋腱膜を、眼窩隔膜やミュラー筋から剥離して、丁寧に引き出します。

眼瞼下垂の挙筋腱膜を引き出す(前転)イメージ

挙筋腱膜を瞼板に縫合固定

引き出した(前転した)挙筋腱膜は余剰な部分を切除し、張りを回復させた状態で、瞼板に縫い付けて固定します。
どれだけ切除して固定するかが、まぶたの上がり方や二重のデザインに大きく関係してきます。そのため場合によっては、手術中に目の開き具体を一緒に確認しながら、固定する位置を決めます。

眼瞼下垂の挙筋腱膜を瞼板に縫合固定するイメージ

皮膚を縫合

挙筋腱膜が固定できたら、切開した皮膚を縫合します。1週間後に抜糸をしたら、手術は終了です。

眼瞼下垂の皮膚を縫合するイメージ

症状改善だけではない
『眼瞼下垂』ならおまかせください

美的観点を持って手術をします

上まぶたは見た目の印象を大きく左右する大切な部位です。眼瞼下垂の手術においては、挙筋の修復をするだけでなく、たるみを改善したり、見た目を美しく自然な二重に仕上げることが重要です。
オザキクリニックでは、『眼瞼下垂』をただの症状改善ととらえるのではなく、一人ひとりの理想の仕上がりを叶えるために、カウンセリングから施術まで一貫して同じ医師が対応いたします。保険診療でうけた『眼瞼下垂』の仕上がりに納得がいかず悩んでいる方の再手術も可能です。お気軽にご相談ください。

中 徳太郎 医師

症例写真・施術動画

施術の流れ

【施術前】ドクター診察、カウンセリング

眼瞼下垂の症状を診て、最適な治療法はなにか説明いたします。手術の内容や術後のアフターケアについても説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
【施術前】ドクター診察、カウンセリング

【施術前】血液検査

事前検査として血液検査を受けていただきます。ドクターが検査結果を確認してから、施術日を調整します。
【施術前】血液検査

【施術当日】当日診察

当日改めて体調を確認して問題なければ、施術を進めていきます。
【施術当日】当日診察

【施術当日】洗顔

アイメイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。コンタクトを着用している方は、ここでコンタクトを外していただきます。
【施術当日】洗顔

【施術当日】撮影

施術経過を確認できるよう、目元の状態を記録するため写真撮影をします。
【施術当日】撮影

【施術当日】デザイン・手術

皮膚を切開したり、切除する箇所について確認します。仕上がりについて相談しながら、丁寧に行っていきます。手術は局所麻酔をしながら行っていきます。
【施術当日】デザイン・手術

【施術当日】施術終了

アフターケアについて、入浴など手術後の注意事項について説明させていただきます。
【施術当日】施術終了

【1ヶ月後】アフターフォロー

当院では1ヶ月後の再診をお願いしています。ダウンタイムが落ち着いた状態で、手術後の状態を担当医師が確認し、症状は改善されているか、希望通りの仕上がりになっているかなどのフォローをさせていただきます。
【1ヶ月後】アフターフォロー

よくある質問

『二重埋没法』は誰でも受けられるのでしょうか。まぶたの状態によって、二重ができないこともあるのですか?

50代・女性 [お悩み: 二重・目元の整形 目元のたるみ 施術名: 二重埋没法切らない眼瞼下垂眼瞼下垂]

眼瞼下垂のある方は、その程度によって『二重埋没法』では二重ができません。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

眼瞼下垂

挙筋前転術(きょきんぜんてんほう)
両目
413,000円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 症状によって価格が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。