ナチュラルな“たるみ改善法”で
「上まぶた」をキュッと引き上げ

『眉下切開法』は、ナチュラルに「上まぶた」のたるみ・腫れぼったさを改善へ導く治療法です。たるみや腫れぼったさの原因となっている余剰皮膚を眉毛の生え際に沿って一部切除し、また必要に応じて眉下あたりに存在するROOFという皮下脂肪を除去することで、重たい目元の印象を改善させることができます。
切開するのは眉毛の下だけなので、眉毛やメイクによって傷跡はほとんど分かりません。またほかの施術のように、たるみ改善とあわせて二重ラインが形成されることもないので、一重のまま目元の開きを改善させたい方や、二重のラインを変えずに上まぶたをリフトアップさせたい方におすすめの治療法です。

眉下切開法

POINT5つのポイント

  • 重たいまぶたをナチュラルに改善

  • 目をパッチリとした印象に

  • 視野を広げることが可能

  • 一重のままでも、目の開きを大きく

  • 傷跡が目立たない

眉下切開法の特徴と効果

自然にしっかり
「上まぶた」をリフトアップ

重く感じる「上まぶた」を引き上げる

鏡を見たときに、「上まぶた」が重く感じたり、若いときより二重の幅が狭くなったと感じることはないでしょうか?もともと「上まぶた」の皮膚が多い(厚い)、目の上付近の脂肪が多くまぶた付近が腫れぼったい方は、目が開きにくかったり、眠そうな印象になってしまったり、加齢により二重の幅や形が変わるなどの症状を引き起こすことがあります。
『眉下切開法』は眉下から余剰皮膚を切り取る施術で、皮膚による「上まぶた」のたるみを自然にしっかりと引き上げることが可能です。また、眉下のあたりに存在するROOFと呼ばれる皮下脂肪をあわせて除去することが可能なため、目の上付近の脂肪が多い場合にも同時に取り除くことができます。

眉下切開法の施術前と施術後

『眉下切開法』の適応症状

『眉下切開法』は、次のようなタイプの方におすすめの治療です。

  • 上まぶたが厚く、腫れぼったい
  • 目尻側の皮膚・皮下脂肪が多い
  • 目の中心部の皮膚が多い
  • 一重のままで「上まぶた」のたるみを改善したい

『眉下切開法』は、目尻側の皮膚を切除し、目の開きを改善します。そのため、目頭側の皮膚や脂肪が多い方の場合、望むような効果が得られないことがあります。上記のタイプ以外の方は、『上まぶたのたるみ取り』がおすすめです。

20代、30代の方にもおすすめ

『眉下切開法』は、主に加齢とともに垂れてきたまぶたへの解消法として行われてきた施術ですが、20代や30代の方の、生まれつきまぶたが厚い、眠そうな印象を受ける、といったお悩みに対しても有効です。
目をパッチリと見せたい、一重のまま目を大きく見せたい、二重の幅を変えずに目元の印象をはっきりとさせたいといった方にもおすすめしています。

オザキクリニックのこだわり
『額のボトックス注射』

オザキクリニックでは、『眉下切開法』の施術を希望される方に、『額のボトックス注射』をあわせておすすめしております。
『眉下切開』が適応の方には、ご自身に自覚がなくても、目を大きく見せようと額の筋肉をつかって目を見開くようなクセがあったり、額の筋肉の使い方に左右差がある方が多く見られます。そのクセを取らずに施術を行うと、術後、無意識に目を見開いてしまい、せっかく施術したにもかかわらず徐々に左右差が生まれてしまったり、傷口に負担がかかってしまうおそれがあります。
それを事前に防ぐため『額のボトックス注射』を注入することで、筋肉の動きを抑制し、額についた目の開きのクセを一旦リセットします。その後に本来の目の開き・形にあわせたデザインを施すことで、より理想に近い仕上がりを実現。さらに傷口への負担を極力減らすことで傷跡を目立たなくすることができます。

『眉下切開法』の施術の流れ

皮膚のたるみ・脂肪を解消する

まぶたの状態を見極め

眉下切開法が適応かどうか、診察によって判断します。目尻側の皮膚が厚い、たるみが強い、ROOFと呼ばれる眉下付近の皮下脂肪が多い場合や目元の眼窩脂肪が多い場合などが眉下切開法の適応となります。

眉のラインに沿って斜めに切開(毛包斜切断法)

まず皮膚を斜めに切り、余剰皮膚を切り取ります。斜めに切り取ることで、眉毛の毛根を完全に切り取らず、術後に再度発毛するよう促すことで、傷口が眉毛の中に隠れていくため次第に目立たなくなっていきます。ここで皮膚を切り取ると同時に眼輪筋も切り取ります。

必要に応じてまぶたの皮下脂肪(ROOF、眼窩脂肪)を除去、まぶたを引き上げながら丁寧に縫合

必要な方にはROOFや眼窩脂肪の除去をおこない、縫合していきます。
縫合時にはまず目の周りの眼輪筋を眉毛の下の骨に癒着した皮下組織に固定するように縫合し、そのあと真皮縫合をおこないます。眼輪筋と真皮の二層にわたって中縫いで寄せ、極力皮膚にすきまがないように処理をしてから最後に三層目の表皮(表面に見えている皮膚)を縫合します。このとき皮膚にすきまが生じてしまうと、傷口の仕上がりに支障があるため、慎重かつ丁寧に縫合します。

一層 眼輪筋固定
二層 真皮縫合(中縫い・抜糸不要)
三層 表皮縫合(1週間後に抜糸)

1週間で表皮の抜糸は行いますがそれ以後も二層にわたった中縫いの力がいきるので、それにより後戻りを減らし、術後の効果を保ちつつ傷跡を綺麗にすることが出来ます。

1週間後に抜糸、施術完了

術後1週間後に表皮の抜糸をおこない、施術は完了です。目の開きが改善され、目元の印象がぱっちりと仕上がります。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 たるみの状態を診せていただき、お客さまの仕上がりイメージと合わせて、切除する部位や皮膚の量などを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

アイメイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。コンタクトを着用している方は、ここでコンタクトを外していただきます。
洗顔

デザイン・マーキング

「上まぶた」のたるみ状況を改めて確認し、医師が仕上がりをイメージしながら切除する場所を決めて、マーキングを行います。
デザイン・マーキング

麻酔・施術

丁寧に消毒と麻酔を施したら、施術を行っていきます。 当院では、複数種類の麻酔や痛み緩和点滴などを用意していますので、痛みに弱い方は気軽にご相談ください。
麻酔・施術

終了

施術が終わり消毒などの処理をしたら、そのままお帰りいただけます。
終了

【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。
【施術1週間後】抜糸

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬と点眼薬をお出ししますので、必ず服用・点眼してください。
  • 施術後1~2日は、柔らかい保冷剤などで小まめに施術部位を冷やすようにしてください。その際、強く押さないようご注意ください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、2~3週間は控えてください。
  • 施術部位を強く押したりこすったりしないでください。またマッサージは2週間ほど控えてください。
  • アイメイクや洗顔は抜糸の翌日から可能ですが、強く顔をこすらないようにご注意ください。

よくある質問

『眉下切開法』を受けたいと考えているのですが、脂肪のたるみもあるようで気になっています。『眉下切開法』では、脂肪のたるみは解消できませんか?

50代・女性 [お悩み: 目元のたるみ 施術名: 眉下切開法]

脂肪のたるみも解消することができます。
上まぶたのたるみが気になるですが、治療すると一重は二重になりますか? 一重のままでたるみを解消することはできますか?

40代・女性 [お悩み: 目元のたるみ 施術名: 眉下切開法]

『眉下切開法』なら一重のままでたるみを解消できます。
『眉下切開法』を受けた後は、すぐにメイクできますか?

40代・女性 [お悩み: 目元のたるみ 施術名: 眉下切開法]

メイクは抜糸後から可能となります。

価格表

おすすめ施術

OZAKI CLINIC Recommend

自然なぱっちりした目元へ
「眉下切開法」+「上まぶたの脱脂」+「額のボトックス注射」がセットになった目元ぱっちりプラン!
眉下切開クアンクアイズ
モニター価格
298,000

施術を行っている院

  • 新宿院
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

眉下切開法

1回
モニター限定229,700円
1回
324,100円
オプション / メンテナンスメニュー
眉下切開法を受けられる方は、以下メニューがオプション価格で受けられます。
眉下切開法の脱脂
90,800円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 症状によって価格が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。