理想の仕上がりを目指す
全切開二重まぶた法

上まぶたを切開することで、パッチリとした理想の二重まぶたになれる『全切開二重まぶた法』。糸で留める『二重埋没法』のように効果がきれたり、施術を繰り返す必要がなく、持続性が高い二重形成術です。上まぶたがはれぼったく、『二重埋没法』では効果が出にくい方や何度も『二重埋没法』の糸がはずれてしまう方にはおすすめの治療法です。

二重まぶたの状態

全切開二重まぶた法の
特徴と効果

『全切開二重まぶた法』の効果

繰り返さない二重まぶた整形

『全切開二重まぶた法』は、上まぶたを数センチ切開して、くっきりとした二重まぶたにする方法です。切開して二重まぶたをつくるため、仕上げた二重まぶたをずっとキープすることができます。糸で留めて二重をつくる『二重埋没法』のように、時間とともに効果がきれたり、定期的に施術を繰り返す必要がないのが特長です。

繰り返さない二重まぶた整形のイメージ

高い持続性が魅力

人は、1日に15,000~20,000回「まばたき」をすると言われています。
糸で留めて二重まぶたをつくる埋没法の場合、「まばたき」をするたびに糸に負荷がかかるため、普通に生活しているだけでも糸の“ゆるみ”が生じてしまいます。そのため、時間とともに埋没法の効果がなくなり、繰り返し施術を受ける必要がでてきます。
『全切開二重まぶた法』は、切開することで二重まぶたをつくる方法なので、埋没法のように効果がきれることがなく、持続性の高い二重まぶたをつくることができます。

全切開二重まぶた法のイメージ

「埋没法」よりくっきり二重になれる

「埋没をしても、すぐ元に戻る」「埋没をしたのに、くっきり二重にならない」とお悩みの方は、上まぶたの皮膚や脂肪が多いのかもしれません。糸で留めるだけの埋没法では、重い皮膚や脂肪を支えるのに限界があるため、効果が長く続かなかったり、埋没をしても奥二重のようになってしまいます。
埋没をしても思うような効果が得られないとお悩みの方には、『全切開二重まぶた法』による二重整形をおすすめしています。
上まぶたの皮膚が多い場合は、余分な皮膚を切除しながら二重のラインをつくります。またご希望の方には、腫れぼったさの原因である脂肪を取り除くこともできます。このように、二重ラインをつくりながら上まぶたのバランスをとることができます。
効果はもちろん、デザイン性の高い二重整形を望まれる方にも、『全切開二重まぶた法』はおすすめです。

全切開二重まぶた法のイメージ

上まぶたのたるみ解消にもおすすめ

「上まぶたが重い感じがする」「二重の幅が狭くなった」など、上まぶたのたるみを感じる方にも『全切開二重まぶた法』はおすすめです。
『全切開二重まぶた法』は、二重ラインをつくる際に、上まぶたの皮膚を一部切除します。皮膚のたるみによって二重の幅が狭くなっている場合は、皮膚の引き上げ効果で若いころのくっきり二重がよみがえります。

全切開二重まぶた法のイメージ

二重まぶたの種類とデザイン

二重まぶたには2種類のタイプがある

二重まぶたには、次の2種類があります。二重整形をする前に、まずどちらの二重を希望するかを決めてデザインをしていきます。二重まぶたのタイプによって施術後の印象が異なるので、仕上りのイメージを医師としっかり相談しながら、デザインを決めていきます。

  • 平行タイプ
    目頭から目尻まで、二重の幅がほぼ一定のタイプです。欧米人の方に多く、華やかで目が大きく見えます。
  • 末広タイプ
    目尻に向かって、二重の幅が広くなっているタイプです。日本人に多いタイプの二重です。また奥二重の方も、末広タイプが多いです。
二重まぶたの種類とデザインのイメージ

「目頭切開」と合わせてより大きな目に

一重まぶたや末広タイプの二重まぶたの方は、目頭の部分が蒙古ひだ(もうこひだ)と呼ばれる皮膚で覆われていることがあります。
蒙古ひだがあっても、末広タイプ、平行タイプどちらの二重まぶたにもなれますが、「目頭切開」で蒙古ひだを取り除くと、より大きく華やかな目元になります。蒙古ひだで隠れていた白目・黒目が露出するので、目が大きく見えるようになり、また“離れ目”の解消にるからです。
また、その人の目の形質によっては、蒙古ひだを取り除いたほうが、二重ラインのデザイン性が高くなることもあります。

ただ二重まぶたになるだけでなく、「大きな目」「パッチリした目」になりたい方は、「目頭切開」とのセット施術がおすすめです。

目頭切開のイメージ

シミュレーションで二重ラインを確認

埋没と切開どちらの方法が良いか、自分にあった二重ラインはどれか…。顔の印象を左右する「目」の施術なので、迷いや不安のある方は多いはずです。
当院では、施術前に入念なカウンセリングを行い、一人ひとりのご希望を伺います。その上でシミュレーションを行い、二重まぶたのデザインしていきますので、安心しておまかせください。

中 徳太郎 医師

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 専用のスティックを使って二重ラインができた状態をシュミレーションしながら、仕上がりのイメージを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
ドクター診察、カウンセリング

洗顔

アイメイクや肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。 コンタクトを着用している方は、ここでコンタクトを外していただきます。
洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、目元の状態を記録するため写真撮影をします。
撮影

デザイン・マーキング

医師が仕上がりをイメージしながら、二重ラインのデザインを行なうとともに、切除する範囲にマーキングをします。
デザイン・マーキング

麻酔・施術

デザインが決まったら目の周りを丁寧に消毒・麻酔をし、施術を行っていきます。
麻酔・施術

終了

施術が終わり消毒などの処理をしたら、そのままお帰りいただけます。
終了

【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。
【施術1週間後】抜糸

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬と点眼薬をお出ししますので、必ず服用・点眼してください。(別途、薬代5,250円が必要となります)
  • 施術後1~2日は、柔らかい保冷剤などで小まめに施術部位を冷やすようにしてください。その際、強く押さないようご注意ください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、2~3週間は控えてください。
  • 施術部位を強く押したりこすったりしないでください。またマッサージは2週間ほど控えてください。
  • アイメイクや洗顔は抜糸の翌日から可能ですが、強く顔をこすらないようにご注意ください。

よくある質問

全切開二重まぶた法で、二重まぶたになりたいのですが、目立つ傷跡が残りますか?

30代・女性 [お悩み: 二重・目元の整形 施術名: 全切開二重まぶた法]

術後1ヶ月ほどで傷跡はほとんど分からなくなります。
アートメイクでアイラインをひいています。二重まぶたにしたいのですが、施術は受けられますか?埋没と切開なら、どちらがいいでしょうか?

30代・女性 [お悩み: 二重・目元の整形 施術名: 全切開二重まぶた法]

アートメイクをしていても、二重まぶたはつくれます。
二重埋没法で何度か二重まぶたにしているのですが、時間が経つと元に戻ってしまいます。元に戻らず、二重まぶたにする方法はありますか?

30代・女性 [お悩み: 二重・目元の整形 施術名: 二重埋没法全切開二重まぶた法]

持続性の高さを求めるなら、『全切開二重まぶた法』がおすすめです。

価格表

キャンペーン

OZAKI CLINIC Recommend

全切開二重まぶた法+目頭切開
まぶたと目頭の処置を組み合わせることで、バランスのよい理想の目へ。
パッチリ二重整形
モニター価格
183,400
新宿院のみのモニター募集となります。
パッチリ二重整形

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

全切開二重まぶた法

両目
モニター限定新宿院限定146,300円
両目
174,100円

パッチリ二重整形

全切開二重まぶた法+目頭切開
両目
モニター限定新宿院限定183,400円
両目
276,000円
オプション / メンテナンスメニュー
全切開二重まぶた法を受けられる方は、以下メニューがオプション価格で受けられます。
全切開二重まぶた法の脱脂
46,300円
眼瞼下垂
92,600円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 別途、麻酔費がかかります。