乳房とのバランスを重視し
バスト全体を美しく

バストサイズ同様、乳頭や乳輪の大きさ・形に悩む女性は少なくありません。オザキクリニックでは、乳房とのバランスを重視し、バスト全体が美しく見えるよう手術・形成を行います。
「生まれつき大きい」「授乳後に大きくなってしまった」「形が気になる」など、お気軽にご相談ください。

乳頭縮小・乳輪縮小で悩む女性

乳頭縮小・乳輪縮小の
特徴と効果

乳頭縮小

乳頭の大きさ・形を整える『乳頭縮小』

『乳頭縮小』は、乳頭の気になる部分を切除し、小さく形を整える施術です。
術後も授乳可能な「乳管保存法」と、授乳不可能な「乳管非保存法」があります。また、乳首の形は人によって千差万別のため、形に合わせてさまざまな手術法があります。乳頭を縮小するだけでなく、形を整えたり、上向きに形成することも可能なので、バストに合わせた理想の乳首づくりを目指します。

『乳頭縮小』の施術概要

気になる部分を切除し、乳頭を小さく縫い縮めます。
「乳管保存法」は、高さを低くすることはできますが直径は小さくできません。「乳管非保存法」は、高さ・直径ともに小さくすることができます。
施術時間も短く、傷跡もほとんど残らない施術ですが、女性にとって大切でデリケートな場所なので、精密に縫合していきます。

乳輪縮小

乳輪を小さく美しく整える『乳輪縮小』

『乳輪縮小』は、乳輪の余分な部分を切除し、小さく整える施術です。
乳輪の内側を縮小する「内周法」と、外側を縮小する「外周法」があります。授乳への影響なく、コンプレックスを解消へと導きます。

『乳輪縮小』の施術概要

「内周法」は、乳輪の余分な部分を内側から取り除く手術法です。傷跡が乳輪の内側にできるので目立たず、自然に美しく仕上がります。
「外周法」は、乳輪の余分な部分を外側から取り除く手術法です。傷跡が乳輪の外側にできるので、乳輪とバストの境界線がはっきりすることがありますが、切除できる範囲が大きいので、より大きな見た目の改善が期待できます。

症例写真・施術動画

施術の流れ

【施術前】ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当医師がバストのお悩みについて伺います。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
【施術前】ドクター診察、カウンセリング

【施術前】血液検査

『乳頭縮小・乳輪縮小』が決定したら、前検査として血液検査を行います。結果がでるまでに1週間ほどかかりますが、手術に対応できる体調かを事前にしっかりチェックし、手術に向けての体調管理を指導させていただきます。
【施術前】血液検査

撮影

当日改めて体調を確認して問題なければ、手術を進めていきます。施術前に、施術経過を確認できるよう写真撮影をします。
※前日はしっかり睡眠をとり、飲酒やタバコは控えてください。
撮影

【施術当日】麻酔、乳頭縮小・乳輪縮小術

麻酔をしたら手術を行っていきます。
※コンタクトレンズを着用している方は、施術前に外していただきます。
【施術当日】麻酔、乳頭縮小・乳輪縮小術

【施術から7日後】抜糸

再度体調の確認と抜糸のためご来院いただきます。体調に問題がなく、抜糸ができたら施術は終了です。
【施術から7日後】抜糸

価格表

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

乳頭縮小

乳管保存法
授乳可
247,300円
乳管非保存法
授乳不可
247,300円

乳輪縮小

両胸
350,000円
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。