アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

Q&A

お客様からいただくご質問やお悩みについて、
オザキクリニックのドクターがお答えいたします。

アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問 アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

ニキビ跡治療にはダウンタイムを伴うものが多いと聞きました。『アンコア(ブリッジセラピー)』はダウンタイムがありますか?
30代・女性

お悩みニキビ跡

施術名アンコア(ブリッジセラピー)

『アンコア(ブリッジセラピー)』は、肌へ意図的にダメージを与えることで肌の再生を促す治療法ですので、ダウンタイムを伴います。

個人差はありますが、「Deep Fx」の場合は、照射後1週間ほど赤みがあります。「Active Fx」、「Total Fx」の場合は、照射後1週間ほどかさぶたができ、赤みは1~3週間ほど継続します。赤みはメイクで隠すことが可能です。かさぶたは無理にはがさないでください。 このように『アンコア(ブリッジセラピー)』は、ダウンタイムを伴う治療となるので、ライフスタイルを考慮してスケジュールを立てた上で、治療を進めていきましょう。

小﨑 医師

小﨑 医師

関連する施術

アンコア(ブリッジセラピー)

アンコア(ブリッジセラピー)

ニキビの後にできるニキビ跡やクレーター肌は、レーザー治療『アンコア(ブリッジセラピー)』で改善することができます。
『アンコア(ブリッジセラピー)』は、CO2(炭酸ガス)レーザーを使用した「肌再生」レーザーです。ほかのレーザーでは届かない深いニキビ跡にアプローチして、クレーター肌と呼ばれる、肌のでこぼこや赤みを治していきます。高い治療効果に比例して、ある程度のダウンタイムを伴いますが、他のレーザーに比べて1回の治療効果が高いため、少ない回数でニキビ跡を治すことができます。あきらめていたニキビ跡も、『アンコア(ブリッジセラピー)』が健やかな肌へと導きます。