アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

Q&A

お客様からいただくご質問やお悩みについて、
オザキクリニックのドクターがお答えいたします。

アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問 アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

アンコア(ブリッジセラピー)のよくある質問

凸凹のニキビ跡に悩んでいます。『アンコア(ブリッジセラピー)』を受けたいのですが、痛みが心配です。治療はどれくらい痛いですか?また、もっと痛みの少ない治療法はありますか?
20代・男性

お悩みニキビ跡

施術名アンコア(ブリッジセラピー)

個人差はありますが、熱感を伴う強い痛みを生じます。

『アンコア(ブリッジセラピー)』は、強いレーザーエネルギーを皮膚の深部にまで到達させて、クレーター状のニキビ跡を治していく治療法です。効果的にニキビ跡を治せる優れた治療法ですが、積極的な治療だけに、強い痛みを伴います。 オザキクリニックでは、術前にリドカイン(麻酔クリーム)の塗布と、ブロック麻酔を行い、痛みを緩和するよう努めています。ただ、痛みには個人差がありますので、お一人おひとりに合わせて対応いたします。痛みが不安な方は、事前にご相談ください。 また、当院では『アンコア(ブリッジセラピー)』よりいくらか痛みが少ない、『フラクセル』というレーザー治療も行っております。皮膚の凹凸が強いニキビ跡の場合は『アンコア(ブリッジセラピー)』のほうがより効果的ですが、痛みに弱い方は『フラクセル』でニキビ跡を治していくこともできます。症状やご希望に合わせて、最適な治療プランを提案しますのでご安心ください。

小﨑 医師

小﨑 医師

関連する施術

アンコア(ブリッジセラピー)

アンコア(ブリッジセラピー)

ニキビの後にできるニキビ跡やクレーター肌は、レーザー治療『アンコア(ブリッジセラピー)』で改善することができます。
『アンコア(ブリッジセラピー)』は、CO2(炭酸ガス)レーザーを使用した「肌再生」レーザーです。ほかのレーザーでは届かない深いニキビ跡にアプローチして、クレーター肌と呼ばれる、肌のでこぼこや赤みを治していきます。高い治療効果に比例して、ある程度のダウンタイムを伴いますが、他のレーザーに比べて1回の治療効果が高いため、少ない回数でニキビ跡を治すことができます。あきらめていたニキビ跡も、『アンコア(ブリッジセラピー)』が健やかな肌へと導きます。