レーザーで肌を入れ替え
あきらめていたニキビ跡を治す

『フラクセル』は肌の深部まで作用して、「クレーター状のニキビ跡」や「赤み・色素沈着のあるニキビ跡」など、ダメージを受けた肌を新しい肌へと“入れ替える「肌再生」レーザー治療です。
塗り薬やケミカルピーリングでは治らなかったクレーター状の凹凸ニキビ跡には肌を入れ替えるレーザー治療が効果的です。

フラクセル画像

POINT5つのポイント

  • クレータ状のニキビ跡が治る!

  • 毛穴の開きや肌のごわつきも改善!

  • 症状に合わせた選べる照射法

  • 小ジワ、くすみなど美肌治療にも最適

  • 術後のホームケアも手厚くサポート

フラクセルの特徴と効果

ニキビ跡は
レーザー治療で治す

なぜ「ニキビ跡」ができるの?

毛穴の内部でニキビ菌が活性化して増殖すると起こる「炎症ニキビ」。「炎症ニキビ」がさらに悪化すると、炎症が皮膚の深部まで及び、周辺組織を破壊していきます。「クレーター」と言われる凹凸ニキビ跡は、「炎症ニキビ」が悪化したことで皮膚の「真皮」部分が破壊され、くぼんでしまった状態です。
肌の一番外側にある「表皮」は肌のターンオーバーによって約28日周期で生まれ変わりますが、「真皮」は一度壊れてしまうと「表皮」のように再生するのは難しくなります。

ニキビ跡は肌表面だけのケアでは治らない

デコボコしたクレーター状のニキビ跡は、肌の深部(真皮層)にまで及ぶ肌トラブルです。
一般的な治療で用いられる「塗り薬」や「ケミカルピーリング」は、肌の表面にのみ作用する治療法です。そのため、ニキビ跡の原因である「真皮層」のケアができず、思うように治らなかったり、非常に長い治療期間を要します。
レーザー治療『フラクセル』は、「真皮層」まで作用するニキビ跡治療です。「真皮層」の瘢痕から、表面の色素沈着までを同時に治療できるため、従来と比べて短い期間でニキビ跡を治すことができます。

肌深部に作用するレーザー治療だから、
ニキビ跡が治る!

レーザー治療の特長は、肌表面を傷つけることなく、深部までの治療が可能な点です。
中でも『フラクセル』は「肌再生レーザー」と言われ、ニキビ跡のように深部までダメージを受けた肌でも効果的・効率的な治療を可能です。術後のダウンタイムはありますが、ピーリングやマイルドな治療で治らなかったニキビ跡を改善へと導きます。

毛穴の開きや肌のごわつきにも!
混合ニキビ跡におすすめ

ニキビ跡で悩まれている多くの方は、「ニキビ跡と肌のごわつき」「ニキビ跡と毛穴の開き」など、複数の症状を治したいと考えています。
『フラクセル』は、3種類の照射方法をコントロールすることで、肌の表面から深部の治療が可能です。そのため、ニキビ跡、毛穴の開き、ハリ不足とさまざまな肌トラブルをトータルで治していくことができます。

ここが違う!
オザキクリニックのニキビ跡治療

治療経験で培ったニキビ跡治療

オザキクリニックは、これまでの症例実績で培ったニキビ跡治療のノウハウで、難しいとされてきた重度のニキビ跡治療を可能にしてきました。
『フラクセル』治療が適した症状かの見極めから、ニキビ跡改善に向けた効果的な治療プランの提案、万が一トラブルが発生した際のフォロー体制など、『フラクセル』治療を行う上での万全な体制がオザキクリニックには整っています。

オリジナル複合治療で
効率的にニキビ跡を治す

オザキクリニックでは、『フラクセル』の施術効果を高めるとともに、より早くニキビ跡を治すために、オリジナル「複合治療」を実践しています。
『フラクセル』を「主治療」として、『フラクセル』のために生まれた「補助治療」を組み合わせることで、『フラクセル』単独治療では得られなかった治療効果を引き出すことができます。多くの実績を積み重ねてきたことによって実現した、オザキ・オリジナルメソッドです。

オザキクリニック特典

『フラクセルⅡ』を初めて受けられる方には、「DXイオントフォレーシス」と施術後の火照りを鎮静する「エピダーマルマスク」をプレゼント!
オザキクリニックがオススメする「複合治療」をぜひご体感ください。
※フラクセル1927、コンビネーションの初回特典は「エピダーマルマスク」となります。

「ダーマローラ」では
改善できなかったニキビ跡にも

ニキビ跡治療では、ケミカルピーリングなどのほかに「ダーマローラ」による施術も広く行われています。
「ダーマローラ」は、ローラーに200本程度の極細の針が付いた装置で、「ローリングメソセラピー」とも呼ばれています。皮膚の活性薬剤とともにローラーを皮膚上に転がすことで、微小の穴をあけます。傷つけられた皮膚が治癒する過程で、傷の回復や細胞が活性化され、コラーゲンなどの成長因子が分泌されます。コラーゲンが増殖することで、“新しい肌”へと生まれ変わる効果が期待できる治療法です。
「ダーマローラ」の基本原理は、『フラクセル』と同じです。ですが、針を皮膚に刺す「ダーマローラ」は、やや強い痛みや出血を伴います。また人の手によってローラーを転がすので、施術者によって治療差が出やすいという難点があります。
そこでオザキクリニックでは、いち早く『フラクセル』の治療効果に着目。「ダーマローラ」よりも』画一的な治療が可能で、より安全な『フラクセル』でのニキビ跡治療を実践しています。

無料サポート:
ホームケアもしっかりサポート!

オザキクリニックでは、ホームケアもニキビ跡治療の一環と考えています。適切なホームケアを行えば、『フラクセル』の治療の効果を最大限に引き出し、ニキビ跡をより早く治すことができるからです。ホームケアを併用することで、レーザー治療後の肌を守るだけでなく、体の内側からも「肌再生」をサポートし、期待以上の治療効果を発揮することができます。『フラクセル』の治療を受けた方へ下記のホームケアをお渡ししております。

コウジ酸ローション
美白有効成分として注目を集める「コウジ酸」を配合したオリジナルの高濃度美容液です。
「コウジ酸」にはメラニンの生成を抑制する作用があり、美白だけでなく「シミのできにくい肌」へと導きます。また『フラクセル』照射後の色素沈着を防ぐ効果もあり、安心して治療を進めていくことができます。
トラネキサム酸&シナール(ビタミンC)セット
シミ・肝斑治療に有効な「トラネキサム酸」と「シナール(ビタミンC)」の内服薬セットです。
「トラネキサム酸」はメラノサイトの活性化を阻害して、メラニンを作らせない働きをします。シミの原因であるメラニン生成を抑制することで、シミ発生リスクを回避します。
「シナール(ビタミンC)」はシミ抑制のほかに、コラーゲン生成を助けるビタミンB5が配合されており、『フラクセル』の肌再生作用を内側からアシストします。

※施術内容によってお渡しするホームケアが異なりますので詳しくはお問い合わせください。

凹凸ニキビ跡も改善!
フラクセルの効果

新しい肌へと「入れ替える」フラクセル

クレーター状のニキビ跡も治す『フラクセル』は、肌のターンオーバーを急速に促して、「肌の再生」を叶えるレーザー治療です。
肉眼では確認できない微細なレーザーが肌深部の細胞に作用し、意図的に肌にダメージを与えることで、皮膚細胞の再生能力を高めます。1回の施術で皮膚の5~15%程度が“入れ替わる”とされ、皮下組織にまでよおよぶクレーター状のニキビ跡でも健やかな肌へと治していくことが可能です。
レーザー照射後は、肌が赤くなったり、「かさぶた」になったりとダウンタイムを伴いますが、その分治療効果は高く、ケミカルピーリングなどの治療より短期間でニキビ跡が治るのを実感できます。

フラクセル照射イメージ

混合ニキビ跡を治す
3種類の照射方法

「ニキビ跡」と言っても、症状のタイプはさまざまです。
『フラクセル』は次の3種類の照射方法があり、ニキビ跡のタイプによって照射方法をコントロールします。より効果的な治療を行うには、自分のニキビ跡タイプを知ることが大切です。まずは自分の症状をチェックして、『フラクセル』の最適な照射方法をチェックしてみましょう。

  • フラクセル192
  • フラクセル
  • フラクセル コンビネーション

フラクセル1927

軽度のニキビ跡に!小ジワ・ハリ不足も解消する美肌効果も

軽度のニキビ跡に!小ジワ・ハリ不足も解消する美肌効果も

「フラクセル1927」は、肌表面のトラブルを解決する美肌治療に特化した照射方法です。
シミやくすみ、小ジワ、肌のごわつきといった肌表面の肌トラブルを総合的にケアすることが可能です。また軽度のニキビ跡や毛穴の開きにも有効です。
照射後は肌に微細な「かさぶた」ができますが、メイクで隠すことができる程度です。「肌のさまざまな悩みを治したい!」という方におすすめです。

フラクセル1927の概要
  • 波長/1,927nm(ナノメートル)
  • 適応症状/軽度のニキビ跡、肌のごわつき、シミ・くすみ、小ジワ
  • 痛み/★★★★☆
  • ダウンタイム/1週間~10日

肌表層の治療に特化し美肌治療
毛穴の開き、小ジワなどトータルケアが可能
シミやくすみにも効果的

フラクセルⅡ

クレーター状のニキビ跡や毛穴の開きに効果的!

クレーター状のニキビ跡や毛穴の開きに効果的!

「フラクセルⅡ」で用いる1,550nmレーザーは、皮膚の真皮層まで作用してクレーター状のニキビ跡を治すことができます。
「フラクセルⅡ」では肉眼では見えない微細な点状のレーザーを肌に照射して、意図的に皮膚細胞にダメージを与えていきます。ダメージを受けた細胞は、人が本来持つ創傷治癒機能によって、新しい細胞へと生まれ変わります。同時に、長期的にコラーゲン生成が促されるので、肌の基礎からの「再生・入れ替え」が可能となります。

フラクセルⅡの概要
  • 波長/1,550nm(ナノメートル)
  • 適応症状/凹凸ニキビ跡、毛穴の開き
  • 痛み/★★★☆☆
  • ダウンタイム/3~5日

「真皮層」まで及ぶ瘢痕の治療が可能
1回で皮膚の5~15%を「入れ替える」
コラーゲン増産効果で肌がよみがえる
高いエネルギーでも肌表面を傷つけない

フラクセル コンビネーション

「フラクセルⅡ」と「フラクセル1927」の効果を一度で実感!

「フラクセルⅡ」と「フラクセル1927」の効果を一度で実感!

「フラクセル1927」と「フラクセルⅡ」、2つの波長をコンビネーション(複合)させた照射方法で、一度の治療でより多くの肌トラブルを解消し、ニキビ跡を治していきます。
2種類の治療効果を同時に得ることができるので、クレーター状のニキビ跡だけでなく、毛穴の開きや肌のごわつき、シミ・くすみなど複数のお悩みが混在した肌におすすめです。

フラクセル1927の概要
  • 波長/1,927nm [フラクセル1927]+1,550nm [フラクセルⅡ]
  • 適応症状/凹凸ニキビ跡、毛穴の開き、シミ・くすみ
  • 痛み/★★★★☆
  • ダウンタイム/1週間~10日

「真皮層」まで及ぶ凹凸ニキビ跡の治療が可能
毛穴の開き、シミや顔全体のくすみ改善も実現
コラーゲン生成を促し、ハリ不足、小ジワを改善
短期間でのニキビ跡改善が期待できる

新宿院と目黒祐天寺院とでは使用する機器が異なりますが、同様のレーザー波長による治療となるため、いずれも同様の効果が得られます。

新宿院の照射方法
新宿院では、「フラクセルⅡ」と「フラクセル1927」の2つのレーザー機器を用いて照射を行います。
目黒祐天寺院の照射方法
目黒祐天寺院では、1,550nmと1,927nmの2つの異なるレーザー波長が搭載された機器「フラクセルⅢ デュアル』」用いて照射を行います。
「フラクセルⅡ」もしくは「フラクセル1927」のみ治療を受けたい方も「フラクセルⅢ デュアル」で照射ができます。

複合治療でもっと効果的に
ニキビ跡を治す

相乗効果でさらに効果アップ!
充実のアシストメニュー

オザキクリニックでは、『フラクセル』を「主治療」として、「補助治療」を組み合わせた「複合的治療」が可能です。
ニキビ跡の症状は人によってさまざまです。一人ひとりに適した治療を複合的に行うことで、『フラクセル』の効果をさらに高め、ニキビ跡を改善していきます。これはこれまでの治療経験・技術を培ってきた当院ならではのニキビ跡治療です。

肌再生力をサポートする
『DXイオントフォレーシス』

皮脂分泌を抑制し、角質細胞のイオンバランスを整える効果をもつ「グリシルグリシン」をはじめ、ビタミンC誘導体などを配合した贅沢な美容成分を、医療用イオン導入で肌にたっぷり浸透させるのが『DXイオントフォレーシス』です。
『フラクセル』の肌再生力をサポートし、施術後のダウンタイムや赤みの発症を軽減する効果が得られます。

『フラクセルⅡ』以外の照射方法の場合、同日施術ができませんのでご了承ください。

オザキクリニック特典

『フラクセルⅡ』を初めて受けられる方には、「DXイオントフォレーシス」と施術後の火照りを鎮静する「エピダーマルマスク」をプレゼント!

優しく肌をクールダウンする
『エピダーマルマスク』

キシリトールを配合した完全密封型のマスクです。キシリトールの働きで肌に清涼感を与え、全体を引き締めながらクールダウンできます。刺激もなく、『フラクセル』で火照った肌を優しく鎮静します。
また肌に塗布した有効成分の浸透を高める効果もあるので、『DXイオントフォレーシス』と一緒に受けるのがおすすめです。肌を再生する有効成分を効率的に浸透することができるので、『フラクセル』の治療効果をぐっと高めることが期待できます。

エピダーマルマスク治療画像

オザキクリニック特典

『フラクセルⅡ』を初めて受けられる方には、「エピダーマルマスク」と高濃度の美容成分を肌に届ける「DXイオントフォレーシス」をプレゼント!

コラーゲン増産を強化
『PRP皮膚再生療法』

再生医療のひとつである『PRP皮膚再生療法』は、自身の血液中に含まれる血小板を使って、肌の若返りを叶える最先端治療です。
血液から抽出する多血小板血漿(PRP)には、けがを修復する能力があり、抽出した多血小板血漿(PRP)を適切に処理して体内に戻すことで、意図的に皮膚の修復能力を高め、さらにコラーゲン増産が叶います。その結果、細胞レベルで肌がよみがえり、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。
オザキクリニックは、『PRP皮膚再生療法』の効果が『フラクセル』で受けたダメージの創傷治癒過程に作用し、高いコラーゲン産生作用を生み出すこができることに着目。複合治療によって『フラクセル』の治療効果が高まるだけでなく、細胞の修復能力も上がるので、治療期間を短縮する効果も期待できます。

フラクセルによる
ニキビ跡治療の注意点

フラクセルによるニキビ跡治療は
アフターケアが大切です

『フラクセル』はニキビ跡治療において高い効果を発揮しますが、レーザーを肌に照射するため、肌への負担が少なからずあります。レーザー照射直後やニキビ跡が治る過程で、肌に変化が生じます。
また正しいケアを怠ると、色素沈着やシミなど別の肌トラブルを引き起こす可能性もあります。『フラクセル』の注意点をチェックして、ライフスタイルに適した治療プランを立てていきましょう。

3~10日間は赤みや“かさぶた”が生じます

『ニキビ跡』の治療直後は肌に赤みが生じたり、“かさぶた”が生じます。これは“肌を入れ替える”過程で起こる症状で、時間とともに赤みや“かさぶた”はとれ、美肌へと近づいていくので安心してください。ただし肌が回復するまでの期間には個人差があり、治療プランによっても異なります。10日間ほどは通常の肌状態ではないことに注意して、治療スケジュールを立てましょう。

フラクセル1927・コンビネーション照射後の肌の変化、フラクセル2照射後の肌の変化
シミ・色素沈着の原因!日焼け対策は必須

『フラクセル』は、意図的に肌にダメージを与えてニキビ跡を治します。そのため照射直後の肌は、バリア機能が落ちて非常にデリケートな状態です。刺激に弱く、紫外線の影響も受けやすいので、紫外線対策は必須です。また摩擦にも弱いので、洗顔、スキンケアでは強くこすらず、しっかりと肌を保湿します。
こうした日々のケアを怠ると、色素沈着やシミなどの肌トラブルを引き起こします。ニキビ跡や色素沈着のない美しい肌になるため、毎日のスキンケアにも気を付けましょう。
オザキクリニックでは、レーザー治療後の肌でも安心して使えるスキンケアアイテムや“飲む日焼け止め”『ヘリオケア』などのサプリメントを取り揃えています。より美しい肌づくりを目指して、ホームケアのアドバイスも行っています。

ホームケア画像
ピーリングやトレチノインとの併用はできません

ニキビ跡でお悩みの方は、すでにケミカルピーリングやトレチノイン(レチン)による治療をされている場合が多くあります。ケミカルピーリングやトレチノインは、角質をはがす作用があるため、『フラクセル』と同時に行うと火傷のリスクが高まります。
ピーリングなどを併用しなくても、『フラクセル』だけでニキビ跡が治るのを感じてもらえますので、『フラクセル』治療を希望される方は、前後1~2ヶ月は他の治療は避けるようにしてください。

ピーリング治療イメージ
治るまでに複数回の治療を要します

『フラクセル』は、とても効果の高いニキビ跡治療ですが、魔法のように1回の治療でニキビ跡を“完治”させることはできません。ニキビ跡は皮膚の深部にまでおよぶ瘢痕(はんこん)なので、自身の症状を正しく理解し、じっくり治療していくことが重要です。
症状によって異なりますが、当院では少なくとも3~4回は治療を続けることをおすすめしています。続けることで、ニキビ跡が治っていくのがしっかりと実感していただけます。

治療回数イメージ

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診療、カウンセリング

お肌の状態を診て、照射範囲や強さ、複合治療についてなど治療プランを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

ドクター診療、カウンセリング

洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。 当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。

洗顔

撮影

施術経過を確認できるよう、肌状態を記録するため写真撮影をします。

撮影

麻酔

クリーム状の麻酔を塗布し、30分ほどお待ちいただきます。

麻酔

『フラクセル』照射

肌の状態を見ながら、適切なエネルギーでムラなく照射していきます。パワー調整ができるので、痛みに弱い方は気軽にご相談ください。 また『フラクセル』は、日本の厚生労働省にあたるアメリカFDA(食品医薬品管理局)でも承認されている機械なので、安全面でも安心してお受けいただけます。

『フラクセル』照射

クーリング

施術後は顔が火照った状態なので、しっかりと冷やします。

『フラクセル』をお受けいただいた方には、グリシルグリシンやビタミンC誘導体などの美容成分を浸透させる『DXイオントフォレーシス』や『エピダーマルマスク』をオプション価格でお付けいただけます。 ダウンタイム軽減につながるとともに、『フラクセル』との相乗効果でより高い治療効果が期待できます。

クーリング

終了

施術後は、つばのある帽子、日傘などを使用して、日光にあたらないようにしてください。また、必要な方はマスクをご持参ください。

終了

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 極度の日焼けなどでお肌に負担がかかっている場合、施術ができないことがあります。特に夏場など、施術前は日焼け対策を心掛けてください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術をスムーズに行うため、当日は前開きの洋服を着用してきてください。(タートルネックなど首周りを覆うような服装は避けてください)

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの塗り薬をお出ししますので、必ず使用してください。
  • 施術後は、肌のバリア機能が低下しています。色素沈着・シミの原因にもなりますので、しっかりと日焼け対策をして、肌を紫外線からガードしてください。
  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、施術当日は控えてください。
  • 照射部位はやがて“かさぶた”になります。“かさぶた”は5日~1週間ほどで自然にはがれますので、けして擦ったり自身ではがそうとしないでください。

よくある質問

傷のかさぶたがあっても、サーマクールやフラクセル、MAXレーザーピーリングなどの施術はできますか?

40代・女性 [お悩み: シワ・たるみ ニキビ跡 毛穴・黒ずみ 施術名: サーマクールフラクセルMAXレーザーピーリングⅠ・Ⅱ]

損傷によりできたかさぶたですが、かさぶたの下は治癒過程の新生組織ですので、なるべく刺激を加えない方がよいと考えます。
サーマクールはニキビ跡の改善にも効果的ですか?

30代・女性 [お悩み: シワ・たるみ ニキビ跡 施術名: サーマクールフラクセル]

ニキビ跡治療には『サーマクール』よりも『フラクセル』がおすすめです。
サーマクールとフラクセルの違いを教えてください。

10代・女性 [お悩み: シワ・たるみ ニキビ跡 施術名: サーマクールフラクセル]

大きな分類では、『サーマクール』は高周波治療、『フラクセル』はレーザー治療になります。

価格表

キャンペーン

OZAKI CLINIC Recommend

治療経験で培ったニキビ跡治療
クレーターの凹凸ニキビ跡改善は『フラクセル』で治そう。毛穴引き締め効果の高いイオン導入と照射後の火照った肌を沈静するトリートメントマスク付き。治療効果を高めるホームケア治療薬プレゼント!
フラクセルⅡ
初回価格
26,900
フラクセル

施術を行っている院

  • 新宿
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

フラクセル1927

全顔
1回
初回限定36,200円
1回
54,700円
4回コース
165,800円
部分
1回
初回限定45,400円
4回コース
156,500円

フラクセルⅡ

全顔
1回
初回限定26,900円
1回
36,200円
4回コース
119,500円
部分
1回
26,900円
4回コース
91,700円

フラクセルコンビネーション

全顔
1回
初回限定45,400円
1回
73,200円
4回コース
202,800円
部分
1回
54,700円
4回コース
175,000円
  • 新宿院は「フラクセル2」と「フラクセル1927」を、目黒祐天寺院は「フラクセル3 デュアル」を使用しますが、施術効果は同様の結果が得られます。
  • 麻酔代、薬代込み。
  • 羽村院は、フラクセル2(顔照射)のみ施術可能です。
オプション / メンテナンスメニュー
より施術効果を高める『PRP皮膚再生療法』、『リジュラン』など注入治療との併用治療がおすすめです。
PRP皮膚再生療法(2cc)
1回
90,800円
PRP皮膚再生療法(4cc)
1回
137,100円
リジュラン(2cc)
1回
63,000円
リジュラン(4cc)
1回
109,300円
オプション / メンテナンスメニュー
『フラクセル』と一緒に受けると施術効果を高める『DXイオントフォレーシス』は以下の価格で受けられます。
DXイオントフォレーシス
1回
6,100円
オプション / メンテナンスメニュー
『フラクセル』と一緒に受けると施術効果を高める『エピダーマルマスク』は以下の価格で受けられます。
エピダーマルマスク
1回
9,300円