真性包茎の症状

真性包茎は、亀頭先端部にある絞扼輪(こうやくりん)を呼ばれる包皮口が狭すぎたり、亀頭と包皮が癒着しているなどの理由から、亀頭を露出することができない包茎です。
勃起時だけでなく、普通の状態でも包皮がむけず、常に亀頭が包皮で覆われている状態となります。

真性包茎の症状

真性包茎は早急な治療が必要

真性包茎は、早期治療が必要な症状です。
亀頭が常に包皮で覆われているため、亀頭の成長が妨げられたり、排尿障害が起こることもあります。また真性包茎は、包皮に覆われた亀頭部分が不衛生になりやすく、臭いや炎症を引き起こすリスクが高まります。さらに性行為で強い痛みを伴うことがあり、症状によっては射精しても充分な精子をだすことができず、不妊の原因にもなり得ます。
このように真性包茎は多くの面で生活の障害を引き起こしますが、必ず治る症状なので、すぐに適切な包茎手術を受けるようにしましょう。

真性包茎は早急な治療が必要

真性包茎の治療法

真性包茎の原因は2種類ある

真性包茎の原因には2種類あり、包皮口が狭すぎて亀頭の露出ができないタイプと、亀頭と包皮が“癒着”しているため露出できないタイプです。どちらのタイプかによって治療法が異なるので、自身の症状を確認するようにしましょう。

絞扼輪が狭いタイプ

包皮の出口である絞扼輪は、線維化して硬く、そのため包皮をむくことができません。このタイプの場合、まず絞扼輪を切除して、包皮がむけるようにする必要があります。包皮をむけるようにしてから、余分な包皮を切除します。包皮を切除した後は、亀頭のすぐ下で縫合するので、傷跡が目立たず安心です。

真性包茎 絞扼輪が狭いタイプ

亀頭と包皮が癒着しているタイプ

癒着が原因の真性包茎は、亀頭と包皮を剥がす「剥離」処置処置が必要となります。デリケートな部位での剥離は、裂傷や瘢痕(表面がデコボコになる)などに繋がる可能性があるため、ドクターの技術力と慎重に処置を行うことが大切となります。
当院では実績豊富な院長が手術を行い、また手術を担当した院長が無料で術後の経過観察をし、アフターフォローを行っていくので、安心しておまかせください。

真性包茎 院長による安心施術

真性包茎手術の概要(癒着タイプ)

真性茎手術の概要(癒着タイプ)

1. 患部を消毒したら、 「絞扼輪」に切り口を入れます。
2. 「絞扼輪」を切開して、包皮を広げます。
3. 特殊なハサミを使い、亀頭と包皮の癒着を慎重に剥離します。
4. 仮性包茎・カントン包茎と同様に、余分な包皮を切り取ります
5. 亀頭直下まで包皮を引き上げます。
6. 亀頭直下で縫合します。

真性包茎手術の流れ

ドクター診察
包茎の症状を確認して、症状やライフスタイルに合わせた最適な治療法を提案します。

考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

血液検査
施術前に血液検査を受けていただきます。事前に検査を行うことで施術に対応できる体調かをチェックし、施術に向けて体調管理を行います。

血液検査の結果は約2週間程かかりますので、ドクターが検査結果を確認してから、施術日を調整します。

(症状やご希望によっては、診察当日に施術を行うことがあります)

【施術当日】麻酔
体調に問題なければ、着替えをしていただき治療をはじめていきます。当院では、リラックスして治療を受けていただけるよう『リラックス麻酔』を用意しています。
【施術当日】手術
麻酔がかかったのを確認したら、手術をスタートします。症状や治療内容によって異なりますが、手術は2~3時間で終わります。
【施術当日】包帯で圧迫
手術が終わったら、患部を包帯で圧迫します。圧迫は3日間続けていただきます。また、痛み止めや抗炎症の薬を処方しますので、必ず服用するようにしてください。
【施術3日後】圧迫固定を外す
圧迫固定しているガーゼを外すため、3日後に来院していただきます。

万が一、血液が溜まるなどの問題があれば、その日に適切な処置を行います。またほかにも気になることやトラブルが生じた場合は、適時診察いたしますのでご安心ください。

【施術2週間後】抜糸
縫合した糸を外すため、2週間後に再度来院していただきます。
患部を確認して問題がなければこれで治療は終了です。
【治療後の注意事項】

  • シャワーは、施術3日後から可能です(患部を濡らさなければ当日から可能)。
  • 入浴は、施術2週間後(抜糸後)から可能です。
  • 性行為は、施術後1ヶ月間は控えてください。