仮性包茎の症状

日本人に最も多いタイプが仮性包茎です。普段は亀頭が包皮で覆われていますが、勃起すると包皮がむけて亀頭が露出します。また、手でむいて簡単に亀頭を露出させることもできるのが仮性包茎です。
仮性包茎は、亀頭を覆う包皮が多く余っている状態のことで、機能的に問題はなく、また病的なものではありません。なので日常生活に支障はなく、痛みを伴うこともないので性交するのも問題ありません。
しかし常に亀頭が包皮で覆われているため、包皮の内側にカスが溜まるなど不衛生になりやすく、臭いが生じたり、炎症を起こしたりしやすいといったリスクがあります。また見た目の問題で、コンプレックスを持つ方が多くいらっしゃいます。

仮性包茎の症状

仮性包茎の治療法

1回の手術で仮性包茎は治る

仮性包茎 は、包皮が多く余っている状態なので、余分な皮膚を切り取ることで解消することができます。逆に皮膚が自然に縮まることはないので、市販のグッズなどで無理に改善しようとすると、皮膚がただれたり、切れたりすることがあります。
仮性包茎 の治療は、1回の手術できちんと治すことができるので、自身で無理な処置をするのは避けましょう。医師の診断を受け、適切な処置を受けることがお悩み解消への一番の近道です。

仮性包茎は治る

自然できれいな仕上がり

当院の仮性包茎手術では、勃起時の陰茎の長さに合わせて余分な包皮を切り取り、亀頭のすぐ下で縫合をします。「亀頭直下法」「亀頭直下埋没法」などと呼ばれる縫合方法で、亀頭直下で縫合するので傷跡が目立たず、自然にむけたような仕上りになります。
従来の仮性包茎手術や保険適応の治療法の場合、皮膚を切り取った後、亀頭よりも数センチ下の位置で縫合をします。そのため傷跡が目立ったり、包皮を切り取った部分とそうでない部分とで色が異なり、いわゆる「ツートンカラー」と言われる不自然な仕上がりになってしまいます。
そこで当院では、一人ひとりの状態を見極め、亀頭直下で縫合することで、ナチュラルできれいな仕上がりを可能としています。

仮性包茎 自然できれいな縫合方法

実績豊かな院長による治療だから安心

オザキクリニックの包茎手術は、多くの手術実績を持つ院長が担当します。
院長は包茎手術はもちろん、脂肪吸引や注入治療など多くの治療実績を持つ美容外科のスペシャリスト。さまざまなケースを担当した経験値と確かな知識に基づいたデザイン力で、満足度の高い仕上がりを実現します。

仮性包茎 実績豊かな院長

仮性包茎手術の概要

仮性包茎 手術の概要

1. 患部を丁寧に消毒します。
2. 勃起時の陰茎の長さを想定して、除去する包皮範囲をデザインします。
3. 余分な包皮を取り除きます。
4. 亀頭直下まで包皮を引き上げます。
5. 亀頭直下で縫合します。傷跡が目立たず、きれいに仕上がります。

仮性包茎手術の流れ

ドクター診察
包茎の症状を確認して、症状やライフスタイルに合わせた最適な治療法を提案します。

考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

血液検査
施術前に血液検査を受けていただきます。事前に検査を行うことで施術に対応できる体調かをチェックし、施術に向けて体調管理を行います。

血液検査の結果は約2週間程かかりますので、ドクターが検査結果を確認してから、施術日を調整します。

(症状やご希望によっては、診察当日に施術を行うことがあります)

【施術当日】麻酔
体調に問題なければ、着替えをしていただき治療をはじめていきます。当院では、リラックスして治療を受けていただけるよう『リラックス麻酔』を用意しています。
【施術当日】手術
麻酔がかかったのを確認したら、手術をスタートします。症状や治療内容によって異なりますが、手術は2~3時間で終わります。
【施術当日】包帯で圧迫
手術が終わったら、患部を包帯で圧迫します。圧迫は3日間続けていただきます。また、痛み止めや抗炎症の薬を処方しますので、必ず服用するようにしてください。
【施術3日後】圧迫固定を外す
圧迫固定しているガーゼを外すため、3日後に来院していただきます。

万が一、血液が溜まるなどの問題があれば、その日に適切な処置を行います。またほかにも気になることやトラブルが生じた場合は、適時診察いたしますのでご安心ください。

【施術2週間後】抜糸
縫合した糸を外すため、2週間後に再度来院していただきます。
患部を確認して問題がなければこれで治療は終了です。
【治療後の注意事項】

  • シャワーは、施術3日後から可能です(患部を濡らさなければ当日から可能)。
  • 入浴は、施術2週間後(抜糸後)から可能です。
  • 性行為は、施術後1ヶ月間は控えてください。