包茎には種類がある

男性は誰でも生まれたときは、男性器の亀頭部分が包皮で覆われています。幼児から少年期になると徐々に亀頭が露出してきて、青春期には亀頭が自然と露出した状態になります。ところが中には成長しても亀頭が包皮に覆われたままのことがあり、この症状を「包茎」と言います。
「包茎」には、大きく分けて3つの種類があります。「包茎」は適切な治療で治すことができますが、症状によって治療法が異なるので、まずは自身の症状をチェックして治療法を確認しましょう。

仮性包茎

普段は亀頭が包皮で覆われていますが、勃起すると包皮がむけて亀頭が露出します。また、手でむいて簡単に亀頭を露出させることもできるタイプです。臭いや炎症を起こすリスクがあるため、清潔のためにも手術するのがおすすめです。

・尿道炎や包皮炎を起こしやすい
・不衛生になりやすく臭い発生の原因に

カントン包茎

カントン包茎は、「絞扼輪(こうやくりん)」と言われる包皮先端が狭く、亀頭を露出させるのが難しいタイプです。普通の状態であれば包皮をむくことができても勃起時に亀頭を露出できないなど、状態には個人差があります。
カントン包茎の場合、無理して包皮をむいたりして、亀頭を圧迫してしまうことがあります。亀頭を圧迫すると、血行不良を起こし、ひどい場合は亀頭が壊死してしまうこともあります。こうしたリスクを避けるためにも、早めに医師に相談するのが望まれます。

・包皮を傷付けやすいため炎症の原因に
・陰茎のむくみや亀頭の血行不良を起こしやすい

真性包茎

真性包茎は、カントン包茎よりも「絞扼輪」が狭く、もしくは亀頭と包皮が癒着していることから、常に亀頭が包皮で覆われているタイプです。
包皮で覆われていることから亀頭の成長が妨げられたり、臭いや炎症を引き起こすリスクがほかの包茎タイプより高くなります。また、症状によっては不妊の原因になることもあるので、早期治療が必要です。

・垢が溜まりやすく包皮炎を起こしやすい
・亀頭、陰茎の未発達の原因
・性行為時に強い痛みを感じる

V字カット小帯温存法

『V字カット小帯温存法』は、包茎治療を受けた痕跡を残さないための手法です。術後も傷跡が目立たず、より自然な仕上がりを実現します。
よりナチュラルな仕上がりを追求したい方は、ぜひこちらもチェックしてください。

男性の魅力を高めるパワーアッププラン

包茎の方の多くは、亀頭が「先細り型」になっていることがあります。「先細り型」は、亀頭の“エラ張り”がない状態のことで、成長時にほとんど亀頭が外に露出しなかったために起こる現象です。
当院では「先細り型」を簡単に解消する『亀頭増大』や、陰茎を太くたくましくする『陰茎増大』など、男性の魅力を一気に高めるセットプランを用意しています。治療の不安を取り除く「リラックス麻酔」もセットになっており、1回の施術で最大限の効果を得たい方におすすめです。