脂肪吸引による長茎術

下腹部、特に恥骨部分に脂肪が多い場合、陰茎が脂肪に埋もれてしまい、陰茎が短く見えてしまうことがあります。
「陰茎周囲脂肪吸引」は、陰茎を隠している脂肪を取り除くことで、埋もれていた陰茎を引き出す施術です。陰茎全体がしっかりと露出されるので、短いと感じていた陰茎を長く見せることができます。また原因を取り除く施術となるので、その効果を長くキープできるのが特長です。

脂肪吸引による長茎術

脂肪吸引による長茎術のメリット

確実性の高い下腹部のダイエット

下腹部の脂肪を集中的に落とすのは難しく、体重は減っても、腹部の脂肪がぽっちゃりと残ってしまうことはよくあります。特に男性の場合、30歳を過ぎると筋肉がつきにくくなるので、よりハードなダイエットが必要になります。
「陰茎周囲脂肪吸引」は、落としにくい下腹部の脂肪を1回の施術ですっきりと取り除く施術です。肥満の原因である脂肪細胞を物理的に取り除くので確実性が高く、ハードな運動や食事制限などをすることなく、理想的な腹部のサイズダウンが叶います。

確実性の高い下腹部のダイエット

豊富なカニューレで傷跡を最小限に

脂肪の吸引は、「カニューレ」と呼ばれる細い吸引管を使って行います。当院では、形状や細さの異なるカニューレを豊富に取り揃えて、体型や吸引する脂肪量などに合わせて使い分けています。一人ひとりの症状に合わせてカニューレを使い分けることで、しっかりと脂肪を取り除けるだけでなく、皮膚や血管を傷付けるリスクが軽減され、より安全な吸引を行えるようになります。
またカニューレを挿入する際は皮膚を2センチほど切開しますが、切開するのは2ヶ所だけで、切開口は小さいので縫合・抜糸をする必要はありません。切開口は数週間でほとんど分からなくなるので、ご安心ください。

豊富なカニューレで傷跡を最小限に

実績豊富な院長が施術を担当

きれいな仕上がりを叶える綿密なカニューレの使い分けは、ドクターの技術力と経験値が必要となりますが、当院では実績豊富な院長が施術を担当することで、これを可能としています。
また経験を踏まえた的確で効率的な施術により、30分ほどで施術は終了します。もちろん効果や仕上がりに差異がでるようなことはなく、短時間で施術が終わるので体への負担を軽減することになります。

実績豊富な院長が施術を担当

腹部の脂肪も取り除けば、さらに“すっきり感”がアップ

「長茎術」では下腹部の脂肪を取り除きますが、さらに腹部の『脂肪吸引』も一緒に受けることで、腹部・腰周りの“すっきり感”がアップします。
腹部の『脂肪吸引』は、いわゆる「ぽっこりお腹」を解消する施術で、前方にでてしまった腹の脂肪だけでなく、腰周りの脂肪もしっかりと取り除くことで、引き締まったボディラインを実現します。
当院では、施術を安全に行うための全身麻酔や術後のアフターケアまでセットになった限定プログラムを用意し、理想的な「男の腹やせ」を叶えます。

長茎術の流れ

ドクター診察
症状を確認して、ご希望やライフスタイルに合わせた最適な治療法を提案します。

考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

血液検査
施術前に血液検査を受けていただきます。事前に検査を行うことで施術に対応できる体調かをチェックし、施術に向けて体調管理を行います。

血液検査の結果は約2週間程かかりますので、ドクターが検査結果を確認してから、施術日を調整します。

(症状やご希望によっては、診察当日に施術を行うことがあります)

【施術当日】麻酔
体調に問題なければ、着替えをしていただき治療をはじめていきます。当院では、リラックスして治療を受けていただけるよう『リラックス麻酔』を用意しています。
【施術当日】脂肪吸引
麻酔がかかったのを確認したら、脂肪吸引を行います。院長による能率よい施術で、30分ほどで終ります。
【施術当日】圧迫固定して施術終了
施術直後は、内出血や腫れを抑えるため、しばらく施術部位を圧迫・固定してお休みいただきます。麻酔がきれて落ち着いてから、施術終了です。
【術後~1ヶ月】アフターケア
術後から1ヶ月間は、術後の腫れや内出血を少なくするため、専用の圧迫下着で患部を固定することをおすすめしています。むくみなどの軽減になり、術後の仕上がりもきれいになります。専用下着は当院で用意しておりますので、希望の方はご相談ください。
【治療後の注意事項】

  • シャワーは、施術4日後から可能です(患部を濡らさなければ当日から可能)。
  • 入浴は、施術1週間後から可能です。
  • 性行為は、施術後1ヶ月間は控えてください。