脂肪注入による陰茎増大

自身の脂肪細胞を活用して理想の大きさに

『陰茎増大』は、自身の脂肪細胞を活用して、陰茎のボリュームアップを実現する施術です。太ももや腹部から抽出した脂肪細胞を、極細の針を使って陰茎にバランスよく注入します。自然な太さが得られ、たくましさがアップします。
脂肪細胞はヒアルロン酸などの薬剤と異なり、完全に吸収されず新しい細胞として生着するので、高い持続性が期待できます。また自身の脂肪細胞を利用するためアレルギーを起こすなどの心配がなく、高い安全性も魅力です。

脂肪注入で陰茎増大

脂肪注入による陰茎増大のメリット

高い持続性が魅力

脂肪注入による『陰茎増大』の最大の魅力は、高い持続性です。
注入された脂肪細胞は、新しい細胞として陰茎に“生着”し、体内に吸収されることはありません。そのため、恒久的な持続性を発揮します。ただし生着する脂肪細胞の量には個人差があり、1回の施術で生着する脂肪細胞は約30%です。
1回の施術でも充分な大きさをキープできることもありますが、初めての施術の際は、3回ほど定期的に施術を受けるのがおすすめです。

陰茎増大 高い持続性が魅力

感触、手触りともに自然な仕上がり

脂肪注入のもうひとつの特長は、自然な仕上がりです。自身の脂肪細胞を用いるので、見た目はもちろん、感触・手触り、柔軟性もナチュラルに仕上がります。薬剤を注入する 陰茎増大 とは異なり、“本物”のボリュームアップが叶います。
また自身の細胞なのでデリケートな部位に注入しても、アレルギーなどが起こる可能性がほとんどなく安心です。

陰茎増大 感触、手触りともに自然な仕上がり

短時間でボリュームアップが実現

「脂肪注入」と聞くと、大がかりな手術をイメージする方が多いですが、実際は30分ほどで終わる施術です。
腹部などから脂肪を抽出しますが、使用する脂肪量は少ないので、体に大きな負担がかかることはありません。また経験豊かな院長による施術は、的確で効率的。施術時間が短いので体への負担が最小限に抑えられ、施術直後もいつもと変わらずお過ごしいただけます。

短時間でボリュームアップが実現

最小限の傷跡で、仕上がりきれい

吸引した脂肪は、特殊な極細針を使って陰茎に注入します。フェイシャルにも使われる細い針なので、陰茎を傷付ける心配はなく、施術後の痛みも少なくすみます。また注入する脂肪は、数ミリの細いカニューレという管を用いて、腹部や太ももから採取します。カニューレを挿入するために皮膚を少し切開しますが、包帯で圧迫するだけで、抜糸などの必要はありません。傷跡は小さいので、数週間でほとんど分からなくなります。

陰茎増大 最小限の傷跡で、仕上がりきれい

魅力向上!パワーアップセットプラン

オザキクリニックでは、『陰茎増大』のほうかに『亀頭増大』や『包茎治療』なども行っております。いずれも施術も実績豊富な院長が、診察からアフターフォローまで一貫して担当し、安心・安全の治療を提供しています。
『陰茎増大』や『亀頭増大』など、男性の魅力を一気に向上させるお得なセットプランも用意しておりますので、気軽にご相談ください。

陰茎増大 パワーアップセットプラン

陰茎増大(脂肪注入)の流れ

ドクター診察
症状を確認して、ご希望やライフスタイルに合わせた最適な治療法を提案します。

考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

血液検査
施術前に血液検査を受けていただきます。事前に検査を行うことで施術に対応できる体調かをチェックし、施術に向けて体調管理を行います。

血液検査の結果は約2週間程かかりますので、ドクターが検査結果を確認してから、施術日を調整します。

(症状やご希望によっては、診察当日に施術を行うことがあります)

【施術当日】麻酔
体調に問題なければ、着替えをしていただき治療をはじめていきます。当院では、リラックスして治療を受けていただけるよう『リラックス麻酔』を用意しています。
【施術当日】脂肪吸引・注入
腹部などから吸引した脂肪を、陰茎に注入していきます。院長による能率よい施術で、30分ほどで終ります。
【施術当日】包帯で保護・終了
陰茎は出血しやすいところなので、施術当日は包帯で保護します。翌日には止まりますが、下着に血が付くことなどがあるので注意してください。
【治療後の注意事項】

  • シャワーは、施術3日後から可能です(患部を濡らさなければ当日から可能)。
  • 入浴は、施術1週間後から可能です。
  • 性行為は、施術後1ヶ月間は控えてください。