注射だけで脇汗をとめる!

汗ジミや臭いの原因となる脇汗を、注射だけで簡単に解消できるメニューです。
シワ取り治療として有名な「ボトックス」を脇に注射するだけで、発汗量を抑えることができます。数十分ほどで終わる手軽さながら、約半年ほど効果が続くのが特長で、忙しい方や初めての方にもおすすめです。

「ワキガ」と「汗っかき」は違うのか?

独特な臭いを発する「ワキガ」と、「汗っかき」と言われる多汗症は異なる症状です。

多汗症は、体にある2種類の汗腺のうち、体温調整を司るエクリン腺から分泌される汗が原因です。体温調節に必要な範囲を超えて発汗量が多い症状を「多汗症」と言い、発汗量が多いだけで、汗自体に臭いはありません。しかし脇は汗がこもりやすいため、汗を栄養にして菌の繁殖しやすく、その菌が原因で臭いが発生します。

「ワキガ」と「汗っかき」は違うのか?

注射だけで発汗量をコントロール

『脇汗・多汗症ボトックス』は、ボトックスを注射することで、脇汗の発汗量を抑える治療です。
ボトックスには一過性の筋肉麻痺を起す作用があるため、脇に注射することで、エクリン腺の働きを抑制することができます。安全に汗の分泌量を減少することができ、自然と臭いも軽減されます。

注射だけで発汗量をコントロール

手軽で持続性が高いボトックス

『脇汗・多汗症ボトックス』の一番のメリットは、その手軽さです。注射だけの治療なので、施術直後でもいつも通りお過ごしいただけます。また一度受けると6ヶ月ほど効果が続き、さらに繰り返し受ければ、汗腺が徐々に萎縮して効果・持続性がアップします。
年に1、2回の治療で快適な状態をキープしたり、汗が気になるシーズンだけ治療を受けたりと、症状やライフスタイルに合わせて治療を行うことができます。

手軽で持続性が高いボトックス

安全性の高いアラガン社製「ボトックスビスタ」を使用

当院の治療では、安全性が確立されている、高品質なアラガン社製「ボトックスビスタ」のみを使用しています。「ボトックスビスタ」は国内唯一の厚生労働省承認のボツリヌストキシン製剤で、世界でも高いシェアを誇る「ボトックス」です。
日本人での有効性・安全性も確認されているため、どなたでも安心してお受けいただけます。

安全性の高いアラガン社製「ボトックスビスタ」を使用

『脇汗・多汗症ボトックス』施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング
施術前に、担当する医師がお悩みや症状ついてお伺いし、ボトックスの注入量など治療プランを決めていきます。考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
「ボトックス」を注入
表面麻酔をしたら(麻酔時間は約30分)、「ボトックス」を注入します。
終了
着替えをしたら、そのままお帰りいただけます。
【治療後の注意事項】

  • 飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、施術当日は控えてください。
  • 内出血などの原因となりますので、注射部位の強いマッサージは1~3日ほど控えてください。