包茎治療を受けた痕跡を残さない「小帯温存」

包茎治療は、余分な包皮を切除し、再縫合することで亀頭の露出を図る治療法です。
当院では縫合の際、縫合による傷跡が目立たないよう亀頭直下で縫合を行います。ただし、この縫合方法の場合、包皮と一緒に包皮小帯(一般的に「裏筋」を呼ばれる組織)も切除されます。包皮小帯を切除しても、機能や感度に影響はありませんが、見た目的に不自然さを感じる方がいます。

包皮小帯

より自然な仕上がりを追求したい方に

包茎治療後の不自然さを限りなくなくし、包茎治療を受けたと分からないようにしたいと考える方は多いと思います。そんな方は、包茎治療と合わせて、「小帯」を残す『V字カット小帯温存法』をプラスするのがおすすめです。
『V字カット小帯温存法』は、包皮小帯が残るように包皮を丁寧に切除して縫合する方法です。縫合は亀頭直下で行うので、傷跡が目立たず、「ツートンカラー」などのトラブルが起こることもなく安心です。

小帯を残して自然な仕上がりに