医療レーザーで、クレーター状ニキビ跡が治る

『フラクセル』は、皮膚の奥深くまで作用する医療レーザーで、「クレーター状のニキビ跡」や「赤み・色素沈着のあるニキビ跡」などの改善に効果的な治療法です。レーザーの肌再生効果によって、ニキビの炎症によってダメージを受けた肌を生まれたての肌へと“入れ替え”ます。
塗り薬やケミカルピーリングでは治らなかったクレーター状の凹凸ニキビ跡を効果的に治すことができ、ダメージのない健やかな肌へと導きます。

新しい肌へと「入れ替え」るフラクセル

『フラクセル』は、点状の極微細なレーザーを皮膚に照射し、意図的にダメージを与えることで、細胞が本来持つ再生能力を活性化させます。活発化した細胞は、レーザーによるダメージを修復しようとして、肌のターンオーバーが急速に促され、肌の“入れ替え”が行われます。『フラクセル』1回の施術で5~15%程度の皮膚の“入れ替え”が叶うため、ケミカルピーリングなどの治療より短期間でニキビ跡が治るのを実感できます。

新しい肌へと「入れ替え」るフラクセル

『フラクセル』の施術効果

【20代・男性】Before→After

フラクセル症例001_before
フラクセル症例001_after

【30代・男性】Before→After

001033_before
フラクセル症例003_after

【30代・男性】Before→After

フラクセル症例005_before
003530_after06m_F

【20代・男性】Before→After

フラクセル症例002_before
016766_after_Rr

【30代・男性】Before→After

フラクセル症例004_before
フラクセル症例004_after

【20代・女性】Before→After

000614_before_Ll
フラクセル症例006_after

ニキビ跡のお悩みを一掃する医療レーザー

毛穴の開きや肌のごわつきにも!混合ニキビ跡におすすめ

ニキビ跡で悩まれている方は、「ニキビ跡と肌のごわつき」「ニキビ跡と毛穴の開き」など、
複数のトラブルが混在しているタイプが多いです。そんな混合ニキビ跡におすすめなのが、レーザー治療『フラクセル』です。
『フラクセル』のレーザー照射には3つのタイプがあり、ニキビ跡の症状に合わせて照射タイプを組み合わせることで、肌表層から深層までのニキビ跡をまとめて治療することができます。一つの治療でクレーター状のニキビ跡をはじめ、肌のごわつき、小ジワ、くすみなど皮膚表面の肌トラブルもまとめて解消できるので、より短い期間で肌が変わるのを実感していただけます。

毛穴の開きや肌のごわつきにも!混合ニキビ跡におすすめ

フラクセル1927

肌表層の治療に特化した照射方法
「フラクセル1927」は、肌表面のトラブルを解決する照射方法で、くすみ、小ジワ、肌のごわつきといったトラブルを総合的に解消できます。また軽度のニキビ跡や毛穴の開きにも有効です。

●適応症状
軽度のニキビ跡、肌のごわつき、シミ・くすみ、小ジワ

フラクセル1927

フラクセルⅡ

クレーター状のニキビ跡に効果的
「フラクセルⅡ」は、真皮層という皮膚の深部まで作用する照射方法で、クレーターニキビ跡の改善に効果的です。
皮膚の「土台」とも言われる真皮層にレーザーを照射することで、皮膚の“入れ替え”を促すとともに、美肌には欠かせないコラーゲンを増産させます。ニキビによって崩れた皮膚構造が再生され、内側から肌が生まれ変わるのが実感できます。

●適応症状
凹凸ニキビ跡、毛穴の開き

フラクセルⅡ

フラクセル コンビネーション

「フラクセルⅡ」と「フラクセル1927」の効果を一度に
「フラクセル1927」と「フラクセルⅡ」、2つの波長をコンビネーション(複合)させた照射方法です。2種類の治療効果を同時に得ることができるので、クレーターニキビ跡だけでなく、肌のごわつきやくすみなど、複数の肌トラブルをまとめて解消することができます。
また治療効果が高いので、より早いニキビ跡の改善が期待できます。

●適応症状
凹凸ニキビ跡、毛穴の開き、シミ・くすみ、小ジワ

フラクセルコンビネーション

オザキクリニックのニキビ跡治療

ニキビ跡治療実績20,000件以上

当院は、いち早くレーザーによるニキビ跡治療をスタートし、ニキビ跡治療のパイオニアとして全国トップクラスの実績を誇っています。
これまで培ってきた知識・経験を踏まえて、一人ひとりのニキビ跡を見極め、ベストな治療を提案しています。効果を最大限に引き出す治療プランから、万が一トラブルが発生した際のフォロー体制など、『フラクセル』治療を行う上での万全な体制がオザキクリニックには整っています。

ニキビ跡治療実績20,000件以上

ホームケアも充実

当院では、『フラクセル』の効果を最大限に引き出すため、ホームケアもニキビ跡治療の一環と考えています。
そこで『フラクセル』受けられた方には、当院オリジナルのケアアイテムや処方薬をプレゼントしています。スキンケアはもちろん、インナーケアを取り入れることで、体内からも皮膚再生をサポートし、治療効果をより高めます。

ホームケアも充実

効果を高めるオリジナル複合治療

ニキビ跡の改善効果を高め、より短期間でニキビ跡が治るよう、当院では複合治療の提案を行っています。
ニキビ跡による癒着が強い肌を柔らかくする「アクネスカーセラピー」や、肌に潤いを与える「イオントフォレーシス」などを『フラクセル』に組み合わせることで、『フラクセル』単独では得られなかった治療効果を発揮することができます。
多くの実績を積み重ねた当院だからできる、オリジナルメソッドです。

初回限定特典

「フラクセルⅡ」を初めて受けられる方には、「DXイオントフォレーシス」と施術後の火照りを鎮静する「エピダーマルマスク」を無料でお付けしています。当院がおすすめする複合治療をお得に体験できます。

フラクセル施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング
施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。
お肌の状態を診て、照射範囲や強さ、複合治療についてなど治療プランを決めていきます。
考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。
洗顔
肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。
撮影
施術経過を確認できるよう、肌状態を記録するため写真撮影をします。
麻酔
クリーム状の麻酔を塗布し、30分ほどお待ちいただきます。
『フラクセル』照射
肌の状態を見ながら、適切なエネルギーでムラなく照射していきます。パワー調整ができるので、痛みに弱い方は気軽にご相談ください。
クーリング
施術後は顔が火照った状態なので、しっかりと冷やします。
終了
施術後は、帽子などをかぶり、日光にあたらないようにしてください。
【治療後の注意事項】

  • 施術後は、肌のバリア機能が低下しています。色素沈着・シミの原因にもなりますので、しっかりと日焼け対策をして、肌を紫外線からガードしてください。
  • 照射部位はやがて“かさぶた”になります。“かさぶた”は5日~1週間ほどで自然にはがれますので、けして擦ったり自身ではがそうとしないでください。