ニキビができた後に、赤みが肌に残ってしまったり、肌表面がデコボコとクレーターになってしまうニキビ跡。ニキビ跡はさまざまな症状が混在していたり、皮膚の深部まで及ぶ肌トラブルのため、自宅ケアや一般皮膚科の治療では、なかなか改善するのが難しい症状です。

なぜ「ニキビ」ができるのか?

ニキビは、毛穴がつまることによって起こりますが、毛穴がつまる原因はさまざまです。ホルモンバランスが崩れることで起こる過剰な皮脂分泌が原因のこともあれば、肌の乾燥などによって毛穴がつまることもあります。
このように何かしらの原因で毛穴がつまると、毛穴の中の皮脂を栄養にしてアクネ菌が増殖します。増殖したアクネ菌は炎症を引き起こし、結果、ニキビとなります。

なぜ「ニキビ」ができるのか?

ニキビは2種類ある

一見同じように見えるニキビですが、実は、発生原因や部位などによって種類が異なります。

ニキビは2種類ある

思春期ニキビ

名前の通り、20歳以下の方に多いニキビです。額や鼻周りなどTゾーンと呼ばれる部位や、上頬によくできます。
性別に関係なく、皮膚の過剰分泌を促す男性ホルモンが増えることでニキビが発生します。また洗顔が不十分でないなど、汚れによって肌環境が乱れることも原因となります。

思春期ニキビはホルモンバランスの乱れは成長過程で起こるため、思春期を終え、ホルモンバランスが安定すればニキビの発生も落ち着きます。汚れなど肌環境の乱れが原因の場合は、アクネ菌を増殖しないよう、肌を清潔に保つことが大切です。

それでも改善が難しいときは、マイルドなピーリングを使う『ニキビ撃退コース』がおすすめです。ニキビ治療専用に開発されたピーリングで肌質改善を行なうことで、ニキビストレスから解放します。

大人ニキビ

20歳以上の方で、フェイスラインや顎、口周り、下頬にできるのが「大人ニキビ」です。ほぼ同じところにできるのが特徴で、良くなったり悪くなったりすることから、「繰り返しニキビ」と呼ばれることもあります。

繰り返しできる大人ニキビは、ニキビの炎症によって皮脂腺が肥大化している可能性があります。肥大化した皮脂腺は皮脂を多く蓄えるため、洗顔やピーリングなど皮膚表面のケアでは、ニキビを根本的に治療するのが難しくなります。繰り返しできるニキビでお悩みの場合は、肥大化した皮脂腺を取り除くことが、改善への近道です。

ニキビループを断つ治療として効果的なのが、『小林式ニキビ撃退法』です。
『小林式ニキビ撃退法』は、特殊な針を使って皮脂腺を凝縮させる施術です。皮脂腺そのものを取り除くため、皮脂分泌量を大幅に抑えることができます。凝縮した皮脂腺が復活することはほぼないため、ニキビの再発防止も期待できます。