美容コラム

スキン
  • ニキビ、ニキビ跡

あなたはどのタイプ? 症状別にみるニキビ跡治療法

更新日
2022.06.30
監修医師
医療法人社団有恒会 オザキクリニック目黒祐天寺院 院長 朽木 律子

あなたはどのタイプ? 症状別にみるニキビ跡治療法

ニキビは改善できたのに、なかなか改善されないニキビ跡。一言でニキビ跡といっても症状が異なります。凹凸がないつるっとした美肌を目指すため、ニキビ跡の症状と、各症状に合わせた治療法についてご説明します。

Contentsコンテンツ

気になるニキビ跡、あなたのタイプはどれ?

気になるニキビ跡、あなたのタイプはどれ?
ニキビ跡の原因や種類もさまざま。あなたのニキビ跡はどんなタイプでしょうか。

赤みによるニキビ跡

赤みによるニキビ跡
ニキビの炎症が治まった後も赤みが残っている症状です。 原因としては、炎症により毛細血管が拡張してうっ血していたり、肌深部の真皮層に炎症が残っている場合が考えられます。放っておくとそのまま色素が沈着する可能性もあるので、早めに治療することが大切です。

色素沈着によるニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡
炎症を起こした部位に茶色っぽいシミが残っている症状です。 原因は、ニキビの炎症により増加したメラニン色素の沈着です。ターンオーバーにより少しずつ排出されますが、20歳以降は新陳代謝が低下するので、症状が長引くことがあります。

凹凸/クレーターによるニキビ跡

凹凸/クレーターによるニキビ跡
炎症を起こした部位が陥没したり、逆に盛り上がっている症状です。 原因は、炎症により肌深く真皮層にまで及んだダメージです。ニキビの炎症により皮膚組織が破壊されると、肌は何とかしようと異常なコラーゲンをつくり出し、これが瘢痕(=ニキビ跡)を形成します。皮膚組織が失われた状態で瘢痕が形成されると、クレーター状のニキビ跡となります。コラーゲンが大量に生成された場合、盛り上がったニキビ跡となります。 改善するには、専門クリニックでの治療が不可欠です。

ニキビ跡の症状タイプ別おすすめ治療法

赤み・色素沈着によるニキビ跡なら光治療(フォトフェイシャル)

フォトフェイシャル
フォトフェイシャルの光エネルギーは色素に反応し、毛細血管の拡張を抑制することで、赤みを改善する効果があります。

フォトフェイシャルで使用する機器「ステラM22」は、6種類のフィルターが搭載されており、幅広い肌トラブルに的確にアプローチが出来るようになりました。深さや色調によって設定を調整できるため、赤みを帯びたニキビ跡や色素沈着を起こしているニキビ跡に対する効果も高まっております。

フォトフェイシャル(ステラM22)の詳細を見る

また、さらなる美肌を求める方にはフォトフェイシャルを含めた5つの美容施術がセットになった「クラリティフォトフェイシャルプラス」もおすすめ。フォトフェイシャル(ステラM22)、ケミカルピーリング(トリートメントベビーピール)、エレクトロポレーション、白玉点滴、美容内服セット付きを一度に受けられます。

クラリティフォトフェイシャルプラスの詳細を見る

凹凸/クレーターによるニキビ跡ならレーザー治療やダーマペン

治療風景

ターンオーバーによる再生が難しい真皮層にまで及んだニキビ跡を改善するには、「フラクセル」や「アンコア(ブリッジセラピー)」などのレーザー治療がおすすめ。フラクセルアンコア(ブリッジセラピー)も、レーザー照射により肌へ意図的にダメージを与えることで、組織生成を活発にし、肌の再生を促します。より深いニキビ跡には、威力の強いアンコア(ブリッジセラピー)が有効です。

フラクセルの詳細を見る

アンコア(ブリッジセラピー)の詳細を見る

また、クレーターニキビ跡には「ダーマペン4」もおすすめ。ダーマペン4は16本のマイクロニードル(極小の針)がついたカードリッジを用いて、 肌に小さな孔を開け、コラーゲンの生成を促し自己回復機能を活性化させます。

ダーマペン4の詳細を見る

ダーマペン4よりもさらに効果を高めたい方には、ダーマペン4PRP再生療法の組み合わせ治療である「ヴァンパイアフェイシャル」をおすすめしています。ダーマペン4で肌に小さな孔が開いているため、肌は薬剤が染み込みやすくなっている状態に。そこへ事前に採血をして採取したPRPを肌に塗布。PRPの主成分となる血小板には「成長因子」が多く含まれ、美肌には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸などの成分の生成を促進。クレーターになってしまった部分の再生を促します。

ヴァンパイアフェイシャルの詳細を見る

まとめ

実際には、これらすべての症状タイプが混在している方も少なくありません。どのような症状であっても、クリニックの治療により改善は可能です。ニキビ跡にお悩みの方は、ニキビ・ニキビ跡治療のパイオニアである当院へお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングはこちらから

ご予約はこちらから

この記事を監修した医師

朽木 律子

医療法人社団有恒会
オザキクリニック目黒祐天寺院 院長 朽木 律子

オザキクリニック目黒祐天寺院院長。皮膚科医として、長年の実績と経験を培ってきました。的確なカウンセリングを心がけ、注入系治療の技術力を磨き、一人ひとりの個性に適したデリケートな治療を実践しています。シワやたるみなどの肌トラブルをはじめコンプレックスなどの繊細な悩みを、確かな技術と提案力で解消し、新たな魅力を引き出します。

関連タグ

Relation Treatment & Products関連施術&商品一覧

The Other Columnそのほか関連コラム

Pick Upピックアップ

  • インティマレーザー(膣レーザー治療)は他の機械とどう違う?特徴やメリットについて徹底比較!デリケートゾーン

    インティマレーザー(膣レーザー治療)は他の機械とどう違う?特徴やメリットについて徹底比較!

  • 骨切り手術後の顔のたるみを解消したい!おすすめの方法は?美容整形

    骨切り手術後の顔のたるみを解消したい!おすすめの方法は?

  • フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて美容整形

    フェイスタイトとは?メリットやデメリット、ダウンタイムについて

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持ったオザキクリニックの医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師一覧はこちらをご覧ください。

カウンセリングをご希望の方

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。

Categoryカテゴリー

スキン
美容整形
ボディメイク
コンプレックス
デリケートゾーン
メンズ
特集

Popular Posts人気の記事

Contents関連コンテンツ

  • モニター募集