~第3位~何をやっても治る気配がない

「ニキビ専用の化粧品でケアしているのに治らない…。」、「はやく治したいからエステサロンや皮膚科に行ってみたけど治らない…。」などニキビケアを積極的にしているのに何をやっても治らないと悩んでいる方が多くいらっしゃいます。ここでは、ニキビの原因や間違えた行動パターンを知り、正しいニキビケアを身につけましょう。

何をやっても治らないニキビの原因とは?

何をやってもニキビが治らない方の傾向としてよくあるのが、洗顔のしすぎや、スキンケアでの保湿不足です。過剰なニキビケアによって肌が乾燥し、乾燥から肌を守ろうと過剰に皮脂の分泌を促してしまうことで、皮脂を栄養とする「アクネ菌」が増殖しやすい肌環境を自らつくっているケースがあります。また、睡眠不足や偏った食生活、ストレスといった乱れた生活習慣によりニキビの悪化を引き起こしているケースも多く見られます。

ニキビの原因

ニキビが治らない方の行動パターン

何をやってもニキビが治らない方は、以下のような行動パターンをとる傾向がみられます。

・ニキビを触ってしまう
・洗浄力の強い洗顔料の使用や泡立て不足の洗顔。
・保湿が足りていない
・糖分や油分が多い偏った食生活
・睡眠不足
・不規則な生活リズム

このような行動パターンによって過剰な皮脂分泌や「アクネ菌」の増殖を招いてしまうことで、ニキビのスパイラルから抜け出せなくなるのです。

食生活

ニキビを悪化させない対策は?

スキンケアは何度も洗顔したり、強い洗浄力の洗顔料の使用は避け、油分の落としすぎに注意してください。よく泡立ててやさしく洗顔し、そっとタオルで水分をとり、保湿をしっかりおこないましょう。また、睡眠は6~8時間ほどしっかりとり、早寝早起きなど規則正しい生活を心がけましょう。食事はごはん・パンや肉類に偏らず、野菜やタンパク質などをバランスよく取り入れた栄養バランスの良い食事が理想的です。

予防法

それでも症状が改善されないなら

意識していてもそれでも症状が改善されない場合は、信頼のできるクリニックでの積極的な治療をおすすめしています。なかなか治らないニキビは、ニキビ治療だけでなくスキンケアや生活習慣や食生活など幅広い観点から的確なアドバイスを受けることで確実にニキビを改善することができます。

美容内科・インナーケア

体内からニキビ改善を強力サポートするインナーケアメニューは主に「美容注射・点滴」と「漢方処方」。身体の内側から抵抗力や免疫力を高め、有効成分の補給により体内環境を整える働きがあります。肌への直接的な治療と合わせて取り入れることでニキビの悪化や再発を防ぎ、ニキビができづらい体質へと改善します。  

美容内科・インナーケア

治らないニキビを早期解決するなら

セルフケアでのニキビ改善に限界を感じていませんか?ニキビを早く治すなら専門家に相談するのが最大の近道!診察だけでも承っていますので、一人で悩まずにまずはドクターに直接お悩みを相談してみましょう♪♪

フォローする