~第2位~ニキビをつぶしたら跡が残ってしまった

ニキビが気になり、ついつい触ってしまったり、早く治したいと焦り故意に潰してしまった経験はありませんか?ニキビをつぶしてしまうとなぜニキビ跡が残ってしまうのでしょうか?それでは、ニキビ跡の原因や対策をみていきましょう。

ニキビがニキビ跡になる原因は?

ニキビが悪化すると、ニキビの炎症が皮膚の真皮層から皮下脂肪層にまで及びます。そこに紫外線があたったり、指でつぶしたりといった強い刺激が加わると、肌の奥がダメージをうけます。ダメージによる炎症によって、炎症後の色素沈着や赤みが残ったり、組織が強く損傷することで組織が癒着し、クレーター上の凹凸ニキビ跡になります。

ニキビ潰す

ニキビ跡のタイプ

ダメージの大きさや深さによってニキビ跡は深刻化し、主に3種類に分けられます。ニキビの炎症が治まった後も赤みが残ってしまう「赤みニキビ跡」、次に茶色くシミのように残ってしまう「色素沈着ニキビ跡」、炎症を起こした部位が陥没したり盛り上がったりする「凹凸・クレーター状ニキビ跡」の3つに分類されます。赤みや色素沈着のニキビ跡は時間の経過とともに薄くなることががありますが、凹凸・クレータータイプのニキビ跡は深層までダメージが及んだニキビ跡の可能性があるため、積極的な治療をしなければ治らない可能性があります。

ニキビ跡

もしニキビ跡になってしまったら?

ニキビ跡を擦ったり、刺激を与えないようにしましょう。ニキビ跡は炎症が関係しており、触ったり、刺激の強いスキンケアによって炎症が増強され悪化する可能性があります。また、乾燥していると角質が固くなり、ターンオーバーがうまく機能しなくなるため、炎症によって溜まったメラニン色素がうまく排出されずニキビ跡になります。保湿をしっかり行い、肌のターンオーバーを正常に保つことを心がけましょう。凹凸・クレータータイプのニキビ跡は肌深部を再構築させることが必要なため、自己ケアでの解決は難しいため、美容皮膚科など専門のクリニックに相談しましょう。

予防法

フラクセル

肌深部まで作用してダメージを受けた凹凸ニキビ跡を生まれたての新しい肌へ入れ替える肌再生レーザーです。ニキビの炎症が進行し、クレーター状のニキビ跡が形成されてしまった場合に大変効果的です。美肌効果も高い治療ですが、ニキビとニキビ跡が混在している場合は、レーザーは刺激が強くニキビの炎症を悪化させてしまうことがありますので、ニキビ治療が終わってからフラクセルを受けることをおすすめしています。

フラクセル

アンチエイジング セレクト

厳選した美肌メニューの中から、肌状態やお悩みに合わせて自由にカスタマイズして、あなただけのオーダーメイド治療ができるスペシャルコースです。ニキビ・シミ・毛穴・ニキビ跡などお悩みや肌トラブルに合わせて施術をセレクト。施術はいずれも痛みがほとんどなく、リラックスして施術をうけながらも、本格的な美肌効果を得ることができます。

アンチエイジングセレクト

ラクトピーリングコース

美白効果が高い天然乳酸を主成分としたケミカルピーリングを使用した美白専用ピーリングコース。ピーリングのホワイトニング効果により透明感あふれる美白肌に改善されるだけでなく、肌のターンオーバーが活性化されることで、ニキビのできにくい肌質へ改善します。ニキビだけでなく色素沈着や赤みなどのニキビ跡が目立つ場合に効果的です。

ラクトピーリングコース

治らないニキビを早期解決するなら

セルフケアでのニキビ改善に限界を感じていませんか?ニキビを早く治すなら専門家に相談するのが最大の近道!診察だけでも承っていますので、一人で悩まずにまずはドクターに直接お悩みを相談してみましょう♪♪

フォローする