漢方をつかったニキビ・吹き出物の治療とは?

漢方はどんなもの?

漢方

漢方の世界では、人の体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という3つの要素からなると考えられています。

「気(き)」…目に見えない生命エネルギーのこと。「元気」「気力」の気といわれ、自律神経に近いはたらきといわれています。

「血(けつ)」…全身をめぐり、さまざまな組織に栄養を与えます。主に血液を指します。

「水(すい)」…血液以外の体液全般に相当し、水分代謝や免疫システムなどにかかりがあるものとされています。

これらの「気・血・水」の3つのバランスが崩れてしまうと、体調不良や肌荒れなど、病気の症状があらわれます。

「気・血・水」の状態をみて、どこに問題があるかを探り、適した漢方を服用することで症状改善を目指します。

どれくらいで効果がでるの?

ニキビができてしまったら

漢方は作用が穏やかで、少しずつ効果が表れます。天然の生薬からつくられているため、薬よりも即効性は弱いと言われております。個人差はありますが、効果実感までの目安は3~6か月です。体質を改善する目的の治療法のため、長期間飲み続けることが必要です。ニキビ治療に関しては漢方だけで治すことは難しく、補助的な治療法として取り入れると良いでしょう。

注意点は?

副作用

漢方は天然の生薬からつくられているので、副作用がほとんどないといわれておりますが、症状と漢方が合っていなければ副作用を引き起こす可能性があります。ニキビに効果があるといわれている漢方にもいくつか種類があるため、自己判断での服用はおすすめできません。

まとめ

漢方は、自分自身が持っている自然治癒力を高め、体内バランスを整えてくれます。肌の免疫力が高まり、ホルモンバランスが整うことで、ニキビができづらい体質に改善していきます。正しい漢方を飲み続けることで、体質改善し、ニキビだけではなく、ほかの不調も合わせて良くなることもあり、身体全体を健やかに導くことができると言われております。長期的な服用が必要なものなので、安心・安全な治療のためにも漢方処方ができる医療機関や漢方薬局に相談してみてはいかがでしょうか?

美容内科・インナーケア

体内からニキビ改善を強力サポートするインナーケアメニューは主に「美容注射・点滴」と「漢方処方」。身体の内側から抵抗力や免疫力を高め、有効成分の補給により体内環境を整える働きがあります。肌への直接的な治療と合わせて取り入れることでニキビの悪化や再発を防ぎ、ニキビができづらい体質へと改善します。  

美容内科・インナーケア

フォローする